フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

【毎日王冠2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ|ロゴタイプが出走

2016/10/3/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、毎日王冠の想定騎手入りの出走予定馬と推定オッズについて記載しています。

有力馬の考察と今現在注目している穴馬についても記載していますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

多くのG1馬が集結した1戦になりそうですね。G1好走組も含めると、さながらG1という感じも受けます。

それでは見ていきたいと思います。

出走予定馬

  • アンビシャス 57.0 Cルメール 3.1
  • イモータル 54.0 -- 122.2
  • ウインフルブルーム 56.0 柴田大 16.8
  • クラレント 56.0 小牧 63.1
  • ステファノス 56.0 川田 10.2
  • ダノンシャーク 57.0 柴田善 96.6
  • ディサイファ 57.0 武豊 16.9
  • ヒストリカル 56.0 横山典 132.9
  • マイネルミラノ 56.0 丹内 57.5
  • リアルスティール 58.0 Mデムーロ 3.3
  • ルージュバック 54.0 戸崎 2.9
  • ロゴタイプ 58.0 田辺 11.1
  • ロサギガンティア 57.0 北村宏 96.3
  • ロンギングダンサー 56.0 吉田豊 319.5

有力馬考察

ルージュバック
≪牝4/鹿 大竹正博厩舎≫

【前走】エプソムC 1着
【父】マンハッタンカフェ
【母父】Awesome Again

G1がで上位人気になるものの、未だG1未勝利の1頭。前走のエプソムCで重賞2勝目は物足りなさも感じる成績です。

それでも前走は、開催後半の荒れた東京の芝1800mを舞台に、2着フルーキーに対して2馬身以上をつける着差をみせての完勝。まだ能力が衰えていないことは証明してみせました。

ただし、春のG1連続開催の翌週のレースで、メンバー的にはG3メンバーが集まったレース。

勝って当たり前と言われるレースでもあるので、そこを落とすことなく重賞を勝てたのはプラス材料。

それでも収得賞金47,500,000円から、もう少ししっかりと加算しておきたいところ。

ここでも負けられない。

アンビシャス
≪牡4/黒鹿 音無秀孝厩舎≫

【前走】宝塚記念 16着
【父】ディープインパクト
【母父】エルコンドルパサー

昨年のラジオNIKKEIを勝利後は惜しいレースも続きの1頭。今年初めの中山記念で2着に入ると、続く大阪杯で見事に古馬重賞を優勝しました。

その勢いのままに挑んだ宝塚記念では3人気からまさかの16着という結果。

ノーザンファーム天栄にてリフレッシュされたのち、9月8日に帰厩。

外厩効果での立て直しに期待がかかる1戦です。

リアルスティール
≪牡4/鹿 矢作芳人厩舎≫

【前走】安田記念 11着
【父】ディープインパクト
【母父】Storm Cat

ディープインパクト産駒の期待の星と言われながらも、クラシックではドゥラメンテの高い壁に阻まれた。

そのドゥラメンテは6月の宝塚記念で怪我にて引退。この世代はキタサンブラックと引っ張っていくことになった。

ドバイターフではムーア騎手の好騎乗もありG1初制覇。ドゥラメンテが同じ日に行われたドバイのレースで敗れたのも相まって話題になりました。

帰国後の安田記念では距離の短さもあってか11着と凡走。海外帰りのダメージがあったと考えれば、敗戦もやむなし。

今回は福永騎手からMデムーロ騎手への乗り替わり。近走のG1での福永騎手の騎乗っぷりを見ても仕方がないし、リアルスティールで結果を残せていない点を含めても仕方がない交代。

その反面、Mデムーロ騎手の手腕が問われる。

ロゴタイプ
≪牡6/黒鹿 田中剛厩舎≫

【前走】安田記念 1着
【父】ローエングリン
【母父】サンデーサイレンス

前走の安田記念で久々の勝利。最後の勝利が3歳の皐月賞だったことを踏まえると、長らくぶりの勝利となりました。

これまでの適正距離を掴もうと2200Mのレースへ出走したり、ダートを走ってみたりとしたものの、ようやく1600Mで結果を残せたのは大きい収穫。

また、皐月賞を始め、好走した中山記念・中山金杯・ダービーCTと、いずれも中山で行われたレースばかりで、距離不問の中山巧者と思われたいたが、東京1600Mのタフなコースで成績を残せたのも大きい。

父ローエングリンも8歳となった07年に中山記念を勝利していることから、晩年でも安定した走りを見せることができると思います。もっとも、そのローエングリンはその後のレースで大敗続きだったことからも一度衰えると復活は難しいと言えるかもしれませんが、8歳馬だったことを考えると仕方がありません。

ロゴタイプはまだ6歳だけに、あともう少し頑張れそうですね。

オススメの穴馬

1週前の時点で、私が期待している穴馬はウインフルブルームです。

ここまで順調に乗りこまれており、夏場に小倉へ出走した疲れは感じさせません。

その小倉では1人気に選ばれるも、勝ち切れない内容ではあったものの、追い切りの内容を見ていると今回十分な上積みを感じます。

今回のメンバーを見ると勝ち切るまでは難しいのかもしれませんが、有力馬達は前哨戦仕上げであるのは間違いありません。

順調に来ているこちらを選ぶのも面白いと今は思っていますよ。

危険な人気馬!?

この情報を出すかどうか迷ったんですが、中間のここまでの内容を見ていて危険かなと思う人気馬を書いておきますね。

その馬とはアンビシャス

まず、2週前追い切り。

9月22日(木)栗東 坂路
【55.6-41.1-26.3-12.7】

確かに時計が掛かる馬場だったことを考慮しても、さすがにちょっと時計が遅い。3週前追い切りでは全体52.6秒で駆け抜けているところを見ると、今回は大分遅い時計と言えるかもしれません。

そして1週前追い切り。

9月29日(木)栗東 坂路
【52.5-39.1-26.7-14.1】

この日はヒストリカルとの併せ馬。最後は2馬身突き放すものの、最後の時計は14.1秒と失速した時計。

最後は失速するラップを刻みやすい1頭ですが、この失速はさすがに様子がおかしいと言わざるを得ません。

アンビシャスを買う際は、1週前の状態までは調子が悪かったという点は覚えておかなければならないでしょう。

現時点ではオススメできないです。

61週連続的中の実績!
≪利益直結馬≫と≪利益穴馬≫の2つに着目すれば、あなたもロマン溢れる馬券が買える。
競馬大陸では現在会員募集中。メールアドレスを登録するだけの簡単登録で、今週末からあなたの馬券の見方が変わる。
単なる紙切れにしてしまう前に、まずは競馬大陸の情報をご覧下さい。

※※→無料メルマガ登録はコチラ←※※

-出走予定馬
-