【マーメイドステークス2016予想】2頭の馬連とワイドで勝負!

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、マーメイドステークスの最終予想について書いています。

牝馬のみの重賞で注目度は低いですけど、秋の牝馬路線を占う上でも大事な1戦となっています。

追い切りから好調馬2頭の馬連とワイドで勝負していきたいと思います。

スポンサーリンク

最終予想

それでは簡単にマーメイドステークスの傾向を分析していきたいと思います。

阪神2000mで行われるこのレースは、スタート直後にゴール前の坂道を上っていくレイアウト。その為、スタート直後からいきなりハイペースになることは稀で、位置取りを確保しつつ最初のコーナーまでにポジションを取りにいくのがセオリーとなっている。

その点で言えば、内回りということも考えるとスローの流れは気にしておきたい。

マーメイドSの過去の傾向を見ると、真ん中から外枠がやや有利に働くレースになっている。

1枠の勝率が15.4%で一番高い勝率なので一見すると内枠が有利に働くように見えるが、連対率では6枠と8枠が20%と好成績。同じく6枠と8枠の複勝率は25%だから、やはり外にかけて有利に働いていると言えそうで、複勝率だけならば4枠も27.8%と好成績を収めている。

1枠の単勝回収値は290円とプラスにはなっているものの、複勝回収値までがプラスになっているのは6枠(単勝632円複勝180円)8枠(単勝176円複勝133円)となっている。

内枠が不利になっているという見方が正しいのかもしれない。

また、脚質別に見ると、面白いことに逃げ馬が40%と一見すると前が残りやすいレースになるのかと思いきや、先行馬があまりに不振。

逆に、差し馬が9連対で連対率16.4%と逃げ馬に次いで高く、追い込み馬も4連対で連対率10%と、前残りばかりではないというのが面白い。

以上の事なども踏まえて、予想を行っていきたい。

1頭目はシュンドルボン

追い切りでは動けていた1頭。状態は中山牝馬Sの時と、ヴィクトリアMの時ではさほど変化は感じませんでした。その分、今回も状態としてはいいとみています。

前走に比べると相手関係も楽になったし、1番人気とは言え、人気し過ぎているということもない。

信頼されていない上位人気であれば、オッズ的には面白い。馬連のオッズも割れていて、1番人気の組み合わせでも2-13で16.6倍が1番人気となっている。

1番人気に惑わされずに、馬連やその他の券種のオッズを見れば、本当に人気が割れている事が分かる。

1番人気を単純に嫌うのではなく、オッズの妙味で見ていきたい。

2頭目にはアカネイロ

この乗り替わりが吉と出るか凶と出るかは分からないが、馬の仕上がりで言えば文句ない。

ここまで使われてきているが、状態としては今回が1番いいのではないか。

今回は斤量差も活かしてのレース展開。51kgであれば、オープンクラスでもやれるのではないか。

脚質的にも内枠を取れたのは大きい。スムーズに中団で折り合う事ができれば、今回は十分に面白いとみた。

最後に

今回は、シュンドルボンとアカネイロの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

推定馬連オッズは45倍前後、ワイドは14倍前後を予定。十分にチャンスはある。

回収率638%が飛び出した先週!

2週連続的中期待の日曜無料買い目

タダでもらえる情報でこれはアツい!
先週の的中実績をご紹介します!

7/26札幌08R
3連複3-4-6的中
800円×38.3倍
→3万640円!回収率638%

▼公開された買い目▼

そして気になる今週日曜版も公開中!

札幌7R/3歳以上1勝Cを無料公開中◎
日曜版厳選無料情報
点数少ないのでお試し気分で買いやすい!
ぜひ好調3連複予想を無料でご覧あれ!

\簡単に登録できます/

無料の会員登録はコチラ

/メールアドレスを用意するだけ\

こちらから無料でゲットできますよ!重賞以外のレースが選ばれること多いのでメイン前の軍資金稼ぎにうってつけ!