【マーメイドステークス2016最終追い切り】5段階評価とお薦め馬

こんにちは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、マーメイドステークスの最終追い切りタイムや考察などから、お薦めの馬を記載しています。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アカネイロ【A-B】

6月8日(水)栗東 坂路(重)【51.6-37.8-24.5-12.2】

単走馬なり。時計も全体51.6秒ですので悪くないと思いますし、最後も12.2秒で状態の良さを感じます。時計が出易い馬場だったことを考慮しても、スムーズな走りで好感の持てる内容でした。

ウインリバティ【B】

6月8日(水)栗東 CW(重)【6F85.3-68.1-53.1-38.9-1F12.5】

単走馬なり。単走でリラックスして走れていました。やや促された印象もありますが、馬なりの範疇。それでも最後は12.5秒と伸びていますので状態はいいと言えるでしょう。

ゴールドテーラー【B】

6月9日(木)栗東 CW(稍重)【6F84.1-66.6-51.1-38.0-1F12.3】

3頭併せ外馬なり1頭1馬身半遅れ、1頭1馬身先着。遅れはしたものの、先着を許したのは強めに追われた馬でしたので、馬なりで12.3秒が出たことの方を評価していいのでは。

ココロノアイ【B】

6月8日(水)美浦 南W(良)【4F55.5-40.3-1F12.7】

単走馬なり。気性の悪さを感じさせる内容で、回ってくる時は掛かっている状態、直線向いたら物見をするという状態でした。最後はしっかりと走れていましたので、調子が悪いということはないんですが、かといって上昇気配も感じません。

シャイニーガール【C】

6月8日(水)栗東 坂路(重)【53.2-39.4-26.4-13.5】

単走強め。乗り方が悪いのか馬の動きが悪いのか少し評価に迷うところですが、やや動きが悪いのかなと言える内容だったと思います。調教駆けしない1頭も、時計が出易い馬場を考慮すると53秒台はさすがに評価出来ない。

シュンドルボン【B】

6月8日(水)美浦 南W(良)【4F50.9-38.2-1F12.6】

2頭併せ馬なり1馬身先着。僚馬は一杯に追われる内容でしたが、こちらは馬なりのまま反応抜群で突き抜けていきました。ゴール前前後で強めに追われていますが、馬なりとしています。調子は良さそうです。調子落ちは感じさせません。

ショウナンバーキン【B】

6月8日(水)栗東 坂路(重)【52.8-37.9-24.3-11.9】

単走強め。しっかりとした脚取りで最後は11秒台の好時計。ただ、近走の成績からみても、いきなりの上昇は感じない今回の中間からの内容だけにどこまで。

タガノエトワール【B】

6月8日(水)栗東 CW(重)【6F83.0-67.3-52.6-38.9-1F11.7】

単走馬なり。やや促された感じもしますが馬なりの範囲。それでも最後は11秒台後半でまとめていますので、状態としては悪いということはないと思います。ただ、追い切りでは動く1頭ですので、上昇したという印象はあまり受けません。

ナムラアン【B-C】

6月8日(水)栗東 坂路(重)【54.2-38.8-24.8-12.6】

単走強め。時計的には今一つ。いつも最終追い切りでは加速ラップで終わる事が多いのですが、0.4秒程時計を落としてのフィニッシュでした。強めに追われたもののやや苦しくなったのかなと感じる内容で、時計が出易い馬場を考慮しても状態は1つ下がったとみるべきでは。

ハピネスダンサー【B】

6月8日(水)栗東 坂路(重)【53.0-38.2-24.8-12.4】

単走馬なり。やや動かされたようにも見えましたが、十分馬なりの範囲。これといって強調材料はないものの、状態は平行線といえるのではないでしょうか。

ヒルノマテーラ【B】

6月8日(水)栗東 坂路(重)【53.3-38.1-24.7-12.4】

単走馬なり。首の動きがやや硬い印象も受けますが、脚の運びなどはスムーズで、首以外のところで言えばリズムや柔らかさなど好印象を抱きました。近走の成績が走りにも表れているようで、充実している印象はあります。

メイショウマンボ【C】

6月8日(水)栗東 CW(稍重)【6F82.0-64.6-50.4-37.4-1F12.3】

単走馬なり。時計は決して悪いということはありませんが、いつもながらの迫力に欠ける印象。この点は雰囲気という言葉に集約されてしまいますが、いつもならばもうちょっと馬体を沈めて走るのに対し、ややふわふわとしているかのような動きでした。安田記念時の最終リハの動きもやや疑問が残るものではありましたが、今回はより悪くなったようにも感じます。

リラヴァティ【B】

6月8日(水)栗東 坂路(重)【53.0-38.9-25.4-12.8】

2頭併せ末一杯併入。脚色的にはやや僚馬の方が良かったかなと思いましたが、状態はそこまであまり変わりないとみています。前走はいいレースをしていましたので、斤量を考えれば好走出来てもおかしくないとは思います。

レッドオリヴィア【B】

6月8日(水)栗東 坂路(重)【53.3-38.6-24.9-12.3】

単走強め。追って反応したのか分からないくらいリラックスして走れていました。最後は12.3秒で駆け抜けていますので、雰囲気は良かったと思います。

お薦め馬

今回の追い切りで上昇気配を感じさせるのはアカネイロの1頭のみとなりました。

ただ、B評価ながらシュンドルボン・タガノエトワールの2頭の雰囲気も良かったと思います。上昇度合いは低いかなと思いますが、前走の走りには期待ができます。

上記の3頭はお薦めできますし、アカネイロは人気がないと思いますので穴馬候補としてみても良さそうです。

フェブラリーSはレープロに頼む!

今週はいよいよ中央競馬G1開幕戦フェブラリーS。

昨年混沌としたダート界に現れた新星ルヴァンスレーヴ!
しかし、残念ながら脚部不安で今回のフェブラリーSは回避することに。。

本命不在の難解なレースになりそうです。

レープロさんはフェブラリーSのステップレース東海S、東京大賞典も的中させているので信頼度大!

昨年のダートの祭典JBCデーも三競走すべてのレースで3連単24点買いで的中させています!
スプリント、レディスクラシックはそれぞれ4人気、6人気の人気薄の優勝だったので3連単ゲットはお見事です!

ダートのことはレープロに任せた!というくらい信頼している予想サイト。
無料情報だけでも十分に参考になるので、馬券を当てて美味い酒を呑みませう(*'ω'*)

無料登録はココから簡単1分で完了します

メールアドレスを用意して登録するだけです