京都新聞杯 2019 出走予定|想定騎手と推定オッズ|Bドーンら登場

リッキー
どうも、リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

京都新聞杯の出走予定馬情報をまとめています。
想定騎手や推定オッズの他に、現時点での注目馬についてもご紹介しておきますので、ご興味ありましたら最後までご覧いただければ幸いです。

京都新聞杯は、日本ダービーの優先出走権は与えられませんが、賞金加算をして日本ダービーへ出走する最後のチャンス。
13年の勝ち馬キズナは、ここから日本ダービーを制覇するまでになりました。

それでは出走予定馬をチェックしていきたいと思います。

京都新聞杯の出走予定馬

馬名斤量想定
ヴァンケドミンゴ56藤岡康
オールイズウェル56藤岡佑
クリスタルバローズ56○○
サトノソロモン56アヴドゥラ
タガノディアマンテ56松山
トモジャチャーリー56国分優
トーセンスカイ56武豊
ナイママ56柴田大
ハバナウインド56岩田康
ヒーリングマインド56池添
フランクリン56北村友
ブレイキングドーン56福永
モズベッロ56藤井
ヤマカツシシマル56
レッドジェニアル56酒井学
ロジャーバローズ56浜中

推定オッズ

馬名推オッズ
ブレイキングドーン3.1
タガノディアマンテ4.8
トーセンスカイ5.4
ロジャーバローズ7.4
サトノソロモン8.9
フランクリン15.7
ヒーリングマインド22.1
オールイズウェル23.4
ヴァンケドミンゴ38.0
ナイママ53.9
レッドジェニアル148.3
ハバナウインド183.5
クリスタルバローズ199.3
モズベッロ254.1
ヤマカツシシマル275.8
トモジャチャーリー550.7

有力馬考察

ブレイキングドーン
≪牡3/黒鹿 中竹和也厩舎≫

【前走】皐月賞 11着
【父】ヴィクトワールピサ
【母父】ホワイトマズル

弥生賞3着の実績を持つ馬ですが、皐月賞では11着と大敗した形となりました。

ただし、京都2歳Sでは2着に好走しており京都の舞台は合いそう。

前走は11着で、見どころなく終了。
好走歴のコースに変わってどのような競馬を見せるのか楽しみです。

タガノディアマンテ
≪牡3/栗 鮫島一歩厩舎≫

【前走】皐月賞 6着
【父】オルフェーヴル
【母父】キングカメハメハ

きさらぎ賞2着の実績があり、こちらも京都実績を残しています。
スプリングSでは4着、皐月賞では6着と、新馬戦を除くレースで、人気以上に走っているのがこの馬の特徴です。

今回は上位人気となりそうですので、あっさりと勝ちきることも頭に入れておいていいでしょう。

皐月賞は猛烈な末脚を繰り出しており、京都や東京などの広いコースが合いそうです。
コース替わりの点でもここはチャンスがあるでしょう。

トーセンスカイ
≪牡3/黒鹿 藤原英昭厩舎≫

【前走】未勝利 1着
【父】トーセンラー
【母父】Belong to Me

前走未勝利を勝ち上がったばかりですが、ダービーの切符と掛けてここは必勝態勢。

血統面を期待されての人気上位になりそうで、トーセンラーは無類の京都巧者でした。
兄にも重賞勝ちの実績があるステイインシアトルで、まだ未知数な分、人気になりそうです。

ただし、完全に仕上げてこないと日本ダービーへの出走は叶いません。
最終追い切りを見ての判断ですが、メイチで仕上げてくる可能性があるとすればこの馬でしょう。
逆にいつも通りまでの内容ですと、買いづらい1頭というところになってしまいます。

まとめと現時点での注目馬

小粒揃いながらも、ダービーへの切符を掛けてメンバーは揃いました。
どの馬も1着賞金がなければ出走が厳しい面々。
タガノディアマンテは、2着の賞金でも可能性はある…かもしれませんが、安全に出走を狙うならやはり好仕上がりで挑みたいところでしょう。

そんな中で現時点で注目しているのが、【A】オールイズウェルです。

前走は不利がある中での3着は立派。
ここ2走はまともな競馬ができずに不完全燃焼で終わっています。

最終リハの映像はないと思いますが、恐らく月曜日の追い切りが最終リハになるはず。
好時計の6F全体を81.6秒-1F12.0秒と抜群の動きで駆け抜けています。

1着賞金が無ければダービーへの出走は叶いませんので、必勝態勢で挑んでいると判断していいでしょう。
本番でも楽しみです。