【京都新聞杯2016予想】馬連とワイドの2点で勝負!

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では京都新聞杯の予想についてです。今回も、馬連とワイドの2点勝負を行っていきたいと思います。

京都新聞杯の最終追い切りをまとめた記事は、【京都新聞杯2016最終追い切り】5段階評価とお薦め馬に記載していますのでご覧ください。

予想考察

枠番別の傾向を見ると、1枠が未勝利となっていますが、それよりも7枠と8枠の外枠の2つの枠が未勝利で、8枠は1度も2着に入っていません。

このことからも、外枠は不利な枠ということが言えます。

また、脚質を見ると差し脚質が有利になっていて、この6年間逃げ馬が絡んでいません。

先行脚質もしくは差し脚質が多く馬券になっている点は覚えておきたいポイントになります。

その他にも色々な傾向がありますが、この2つを意識して予想を行っていきたいと思います。

1頭目にはスマートオーディン

1頭目にはスマートオーディンを選びたいと思います。

今回のこのメンバーの中で、重賞2勝は実績上位。賞金額も日本ダービーを目標にしているのであれば問題ない範囲かと思います。

松国ローテと言われるように皐月賞をパスしてから日本ダービーを目指すローテーションが組まれていますが、この馬もその1頭。

最終追い切りでは5馬身差をつける圧巻の走りを披露。

毎日杯からやや間隔が空いた印象もありますが、この馬の状態は保たれたままで今回出走できると思います。

2頭目にはロイカバード

2頭目にはロイカバードを選びたいと思います。

最終追い切りで一番良いとお薦めしていたのはブラックスピネルでしたが、今回8枠と外枠に入ってしまいました。

その為、積極的に狙うだけの材料が薄れてしまったので、3番手にお薦めしたロイカバードを選びました。

最後に

今回は人気どころの選択となりました。

特にスマートオーディンは勝負度合いは弱いと思っていたんですが、追い切りの内容を見る限りだとここでも好走出来そう。

他の馬の仕上がりも疑問が残るので、ここは堅いんじゃないかと見ています。

2020年だからこそ指数にチャレンジ!

”今年も好調期待”
◇コラボ指数◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
20年1月重賞
指数無料公開
ーーーーー
京都金杯
シンザン記念
日経新春杯
アメリカJCC
ーーーーー

無料公開指数上位的中レース
↓ ↓ ↓ ↓
阪神JF、有馬記念、ホープフル
ARG共和国杯、マイルCS、ジャパンC
毎日王冠、菊花賞、天皇賞
神戸新聞杯、スプリンターズ

好調は続くはずです。
指数上位6頭まで絞り込んでくれます。
各会場1~6Rも無料公開

\ 1分で登録完了! /

無料で会員登録をする

多くの方が登録しています