フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

京都金杯 2017 最終追い切り|5段階評価とオススメ馬

2017/1/4/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

リッキーです^^

本日もご覧いただきありがとうございます。

この記事では、京都金杯の最終追い切りについて書いています。

映像配信があった馬は9頭でした。

エアスピネルなど有力馬の調教をチェックしていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

エアスピネル【B-C】

12月31日(土)栗東 CW(良)
【6F88.9-72.3-56.9-42.5-1F13.0】

単走馬なり。映像では31日のものが配信されていますが、3日(火)に坂路に入っていて、【56.2-40.9-26.5-12.9】の時計を出していました。

12月28日に猛時計を出していて、ここまで順調に調整がついていると言えるでしょう。

ただ、どうしてもクラシックシーズンに比べてデキは今一つの印象で、仕上げはまだ先のように感じます。それだけに隙はあるのかなと思いますね。

ガリバルディ【調整】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【キャンター調整】

単走。映像では調整程度の動きでしたが、12月25日と1月2日に時計を出していますので、特に問題ない仕上がりになっているんじゃないかなと思います。

前走のマイルCSの時に比べると中間の動きはやや微妙に映ります。ここまで調整程度の内容で挑むことになるので、その点では【C】評価辺りで見ておきたい1頭です。

サクラアドニス【B】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【54.3-38.4-24.7-12.9】

単走馬なり。時計はやや地味ではありますが、仕上がりに関してはそこまで気にしなくても良さそうですね。

ただ、首の位置がやや高くなっているので、前に進む力がやや弱いかなと感じました。その点はマイナスです。

ダイシンサンダー【B】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【57.6-42.1-27.6-13.8】

単走馬なり。映像では調整程度の内容となっていました。2日に同じく坂路で最終追い切りを終えていて、【51.7-37.8-24.4-12.3】をマーク。加速ラップとはいきませんでしたが、全体51.7秒は出てしまう1頭なので、そこまで気にしなくていい時計だと思います。

使うレースの距離が伸びたり縮んだりとしていますが、陣営もどこの距離を使うのかで悩んでいるようにも感じますが、追い切りを見る感じだと前走は好走していてもおかしくないようなスプリント寄りの時計を出す1頭だけに、少々気になるものですね。

ダンツプリウス【A-B】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【56.6-39.9-25.0-12.2】

2頭併せ強め3馬身程先着。特に時計が良かったわけではありませんので、僚馬がだらしない追い切りを消化したということでいいと思います。

動きを見ると、そこまで時計が出ていなそうに見えて、最後は12.2秒出ているので状態に関しては前向きに見ても良さそうですね。リラックスしている証拠でもあります。

1月2日にも同様の時計をマークしていることから、状態の良さも伝わってきます。

前走の映像があったわけではありませんが、時計を単純に比較すると今回の方が時計の出方などでは順調に来ていると思います。

フィエロ【B】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【62.5-44.2-27.4-13.1】

単走馬なり。坂路の全体時計が60秒を超えた時は馬なりとも言えないんですけど、調整程度の内容でした。

映像はありませんが、3日に【54.2-39.0-25.1-12.3】をマーク。阪神Cから中1週程度ではありますが、最終の時計の刻み方は好感の持てるものでした。

ブラックスピネル【調整】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【キャンター調整】

この日は調整程度の内容でした。1月2日【52.1-37.8-24.2-12.1】の時計を坂路でマーク。順調に調整されているようにも思います。

ただし、順調に来ているとは行っても、加速ラップがどうしても刻めていないのが気になるポイントで、その点では今回の2日の追い切りは12.1-12.1で時計を落とさなかったのは前向きに見れるかもしれません。

追い切り自体で言えば、3走前のポートアイSの時の状態が恐らくいい時だと思いますので、その時に比べれると中間の時計等を見ても、もう1つ上がってきていないのかなと見ることができます。

ブラックムーン【B】

12月31日(土)栗東 坂路(良)
【54.2-39.8-25.5-12.7】

2頭併せ末強め併入。僚馬が一杯に追われている中で最後に気合を入れられ併入に持ち込みました。その点はプラス評価。

加速ラップを刻めていますので、状態に関しては前走を維持していると思います。良い意味でプラス評価と見るべきでしょう。

ペイシャフェリス【B】

1月3日(火)美浦 坂路(良)
【55.4-39.6-25.2-12.6】

単走馬なり。可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。前走に比べても良くなっているという印象は受けません。前走程度には走れると思いますが、それまでではないでしょうか。

調教オススメ馬

今回は上昇を見せた馬はいませんでしたが、フィエロの追い切りは好感の持てるものでした。

ダンツプリウスが上昇している評価をしていました。見落としており、訂正いたします。

間隔が短いのも、状態が良い証拠で、追い切りも3日に速い時計を出していますので仕上がりに関しても問題無さそうです。

エアスピネルは評価を下げましたが、それでもこのメンバーならという楽しみはありますね。

この辺りが今回の映像配信で面白いと感じたところです。

予想はこの後、傾向などを踏まえてお伝えしたいと思います。

さぁ宝塚記念です。

今週末は宝塚記念です。
2018年上半期最後のG1になります。

しっかり勝って後半戦に繋げましょう。

そこで紹介したいのがAPLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、6/16の函館6R。

6/16 函館6R
3歳未勝利
三連単30点✕1000円
的中 447,100円

6番人気のデルマカミカゼが1着になったレースをしっかりと的中。
2着3番人気、3着1番人気という結果でしたが、この程度の波乱であれば、
APLIは当たり前のように当ててきます。

そして、6/17の阪神7R。

6/17 阪神7R
3歳以上500万下
三連単6点✕500円
的中 421,200円

3番人気⇒7番人気⇒5番人気で決着したレースでしたが、
こちらに関してはたったの6点買いで的中です。

予想の精度は間違いなく業界トップクラス。

APLI(アプリ)の実力は評価しなければならないでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)に登録する方はコチラ

※メールアドレスだけで登録可能です

-追い切り情報
-