フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

京都記念 2018 最終追い切り評価|成長を感じさせるクリンチャーの追い切り良好

2018/2/7/

こんばんは!爆穴ブログのリッキーです。

2月11日に実施される第111回京都記念の最終追い切りの考察を行っています。
レイデオロやモズカッチャンなど、注目の4歳馬が多数出走するレースで注目度の高い1戦。
大阪杯へ向けて各馬が前哨戦に登場してきました。

どの馬の調子が良いのか、逆に悪いのかをしっかりとチェックしていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アクションスター【B】

2月7日(水)栗東 坂路(良)
【53.8-38.8-25.2-12.6】

2頭併せ強め半馬身差程先着。
映像を観た限りでは、もう少し時計が出ててほしかったです。
動き自体は良かったと思ったのですが、時計の根拠が乏しい印象は受ける内容でした。

ただ、ラスト2ハロンの時計が停滞ラップはこの馬にしてみれば珍しいことです。
いつもラストの部分は減速ラップを刻んでしまうのですが、その点ではなかなか面白いところではないかと見ることもできます。

しかし、53.8秒の全体時計は、この馬にしてみれば遅い時計です。
差し引きそこまで状態が上がっていると考えなくていいのではないでしょうか。

アルアイン【B】

2月7日(水)栗東 CW(良)
【5F67.2-50.5-37.2-1F11.7】

2頭併せ内強め3馬身程先着。
走り自体は悪くないと見ているんですが、休みを挟んで良い状態になっているものと思います。
ただ、相手は5歳500万条件馬ですので、この着差くらいは出して欲しいところです。

少し体が重たそうな雰囲気を感じるので、当日の馬体重には要注意。
体重が増えていても走れないことはないと見ていますが、本調子まで持っていけるのか、トップギアに入った時にスムーズに加速できるのかには注意が必要でしょう。

概ね仕上がり自体は良いところだと思いますが、馬体の状態的には少々厳しい印象も。

クリンチャー【A】

2月7日(水)栗東 坂路(良)
【52.7-38.2-24.5-12.2】

単走強め。
2頭併せであれば、3馬身程先着しています。映像では2頭併せなんですが、単走扱いになっています。

休み明けではありますが、上昇度の高い内容だったと感じます。
全体52.7秒は、坂路で自己ベストをマーク。
ラスト2ハロン【12.3-12.2】と、12秒ラップを立て続けに刻んだのはこの馬にしては初めての事です。

休み明けですが、状態は非常に良いのではないかと見ています。
楽しみな1頭です。

クロコスミア【B-C】

2月7日(水)栗東 坂路(良)
【53.7-38.9-25.5-12.8】

単走末強め。
踏み込み自体は力強いのですが、状態的には少々疑問を感じる走りにも見えます。
これは雰囲気と言ってしまえば簡単なんですが、一生懸命に走っている割には時計の根拠が乏しいというか、走りと時計が離れているような状態と言えば良いでしょうか。

前走は加速ラップを刻んでいますが、今回は0.1秒時計を落としています。
その部分が雰囲気が悪いと感じるのかもしれません。

ケントオー【B】

2月7日(水)栗東 坂路(良)
【52.7-38.8-25.5-12.6】

単走末強め。
加速ラップを刻んでいるのですが、どこか動きが地味です。
時計が出ているのでプラス評価でも良いのですが、前走程度ではないでしょうか。

追えば時計は出るタイプですので、52.7秒の加速ラップはそこまでこの馬が凄いとは感じません。

ディアドラ【B-C】

2月7日(水)栗東 坂路(良)
【53.1-38.9-25.5-12.5】

単走強め。
全体時計が少々地味ですが、前走に比べると今回の方が時計が良かったです。

エリ女では【A-B】評価としていましたが、結果は12着でした。
秋華賞時に比べても状態が良いと思ったのですが、ある意味、追い切りで追い切り過ぎたという部分がもしかしたらあったのかもしれません。

休みを挟んでの1戦ですが、概ね状態的には走れる雰囲気はあると思います。
評価は1つ下げますが、秋華賞や紫苑S程度には走れるのではないでしょうか。

プリメラアスール【B】

2月7日(水)栗東 CW(良)
【6F82.5-67.1-52.8-39.3-1F12.1】

単走末強め。
最後の1ハロンだけ追われた形になりましたが、ゴール後も暫くは強めに追われているので、上記以上に走っているということになります。

特に悪い部分はないでしょう。
ただし、このメンバーでどこまでやれるのかというのは不安を感じます。
上昇気配だったとしても厳しいのでは。

ミッキーロケット【B】

2月7日(水)栗東 坂路(良)
【51.0-37.1-24.8-12.9】

2頭併せ強めクビ差程先着。
最後に右に斜行するような素振りを見せてしまいました。
最後は1秒近く遅れてしまいましたが、遅れる時は1秒近く遅れる馬ですのでこんなものだと思います。

中日新聞杯では2着に好走を見せ、前走の日経新春杯では4着と復調気配を感じます。

ただ、前走に比べて上昇気配ということもなく、前走程度ではないかと見ています。
上昇気配ということはないでしょう。

モズカッチャン【B】

2月7日(水)栗東 坂路(良)
【54.9-40.5-26.4-12.8】

単走末強め。
特に悪い部分は無かったと思います。
左右にふらふらとしてしまうのは、この馬の特性みたいなもので、はっきり言うと見た目は地味なのですが、それでもエリ女を制する活躍を見せています。

休み明けから走れる状態ではないかと見ています。
悪い部分がなかったというべきか、この馬らしさのある走りでしたが、これまでの最終リハと比べても特に変わりのない範囲です。
順調に来ているものと見ていいでしょう。

レイデオロ【A-B】

2月7日(水)美浦 南W(良)
【5F69.6-53.0-39.2-1F12.4】

3頭併せ外末強め2馬身程先着。
馬場が綺麗な時間帯での追い切りでしたので、時計が出るのは特に気にしなくていいでしょう。
末強め表記ですが、促された範囲ですので、馬なりと書いても遜色ないと思います。
手が動いていたので、強めと書いたまでです。

特に悪い部分は見当たりません。
前走のジャパンCは【B-C】評価として2着でした。
この馬らしくない走りをしていたんですが、今回はレイデオロらしさが出てきていると感じるものでした。
今回の方が好仕上がりです。

京都記念の追い切りまとめとオススメ馬

以上、10頭の最終リハの様子をチェックしていきました。

今回の追い切りを確認したところ、上昇気配だと感じさせる馬は、【A】評価のクリンチャーと【A-B】評価のレイデオロでした。
担当直入に言って、この2頭をそのまま買った方が良いのかなと感じています。

勿論、【B】評価のアルアインやモズカッチャンの2頭も動きが良かったですので、走りそうな雰囲気は十分に感じます。
感じるのですが、クリンチャーとレイデオロの2頭は、今回の様子を見て次は買えばいいかなと思っています。

人気どころではありますが、特にクリンチャーは成長力を感じさせる追い切りを消化。
父ディープスカイですので、成長力には少々疑問も残りますが、今回の最終リハでは雰囲気も上々でした。

レイデオロも、前走のジャパンCでは駄目だった中で2着でした。
明らかに今回の方が仕上がりが良さそうですので、今回はこの2頭をオススメして終わります。


  • レイデオロ
  • クリンチャー

2日間開催されたレースのうち44レース的中!
老舗の情報量はけた違いです。

先週の重賞は「オークス」「平安S」をダブル的中!

★5月20日(日)東京11R オークス(G1)
3連単 6,720円獲得!!

★5月19日(土)京都11R 平安S(G3)
3連単 842,500円獲得!!

PREMIUMはクラシック路線を占う、3歳牡馬戦での驚異の的中を提供しています。

弥生賞(G2)/スプリングステークス(G2)/毎日杯(G3)/
皐月賞(G1)/青葉賞(G2)/京都新聞杯(G2) 的中!

と言うことは・・・
東京優駿(日本ダービー)に絶対の自信を持っているということ!
PREMIUMの流れは乗って間違いなし!

また、「ダービー週は儲かる!」という3つの理由があるんです。
その理由を知りたければ無料で登録して「メルマガ」を読んでください。

タダで見れる情報を見ない理由はないですよね!?
ダービー週はPREMIUMで的中狙いますか!?

東京優駿も的中を狙うなら、まずメルマガ登録を!

オークスも
的中を狙うならメルマガ登録

-追い切り情報
-

お小遣いを貯めるならこの方法!

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。