京都記念 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで

こんにちは!
爆穴ブログ管理人のリッキーです^^
本日もご覧いただきありがとうございます。

この記事では、京都記念の出走を予定している11頭をチェックしています。
想定騎手と推定オッズも掲載しています。
その後に、有力馬考察と現時点で注目している馬を挙げていますので、最後までご覧いただければ幸いです。

今回の京都記念は、マカヒキとサトノクラウンの対決が楽しみですね。

サトノクラウンは香港Vを優勝しての帰国。
今年は京都記念の連覇を目指す立場で、迎え撃つ立場となりましたね。

マカヒキは、前走凱旋門賞でしたが、14着と大敗しての帰国初戦。
昨年の日本ダービー馬だけに、ここは単なる通過点としたいですね。
春は国内専念という話も出ていたので、活躍に期待したいですね。

その他にも有力所がいますので、まずは登録メンバーを見ていきたいと思います。

≪関連≫
[blogcard url=”https://bakuana.xyz/kyoutokinen-2017-oikiri/”] [/blogcard]

スポンサーリンク

出走予定馬(登録11頭)

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • アクションスター 56.0 松若 128.2
  • アングライフェン 56.0 — 168.9
  • ウインインスパイア 56.0 — 398.6
  • ガリバルディ 56.0 福永 25.6
  • サトノクラウン 58.0 Mデムーロ 4.8
  • ショウナンバッハ 56.0 — 156.9
  • スマートレイアー 54.0 岩田 16.2
  • トウシンモンステラ 56.0 — 1065.9
  • マカヒキ 57.0 Rムーア 2.0
  • ミッキーロケット 56.0 和田 6.9
  • ヤマカツライデン 56.0 池添 15.6

京都記念の有力馬考察

マカヒキ
≪牡4/鹿 友道康夫≫

【前走】凱旋門賞 14着
【父】ディープインパクト
【母父】フレンチデピュティ

昨年の日本ダービー優勝馬。
秋は渡仏してニエル賞を勝利すると、3歳秋最大の挑戦となった凱旋門賞でした。

その凱旋門賞では精彩を欠いて14着と惨敗。
馬場の違いなども影響があったかもしれませんが、ニエル賞では少頭数ながら勝ち切っているため、敗因を挙げると言い訳みたいになりますね。

しっかりと休養を取ってリフレッシュして1月7日に帰厩後は順調な調整が続きます。
1週前追い切りでは、時計を見る限りではド迫力な追い切りを消化しているので、最終追い切りでの雰囲気を見た上で決めたいと思います。

サトノクラウン
≪牡5/黒鹿 堀宣行厩舎≫

【前走】香港ヴァーズ 1着
【父】Marju
【母父】Rossini

前走の香港ヴァーズでは、凱旋門賞2着などの実績を誇るハイランドリールを交わしての優勝を収めました。
この結果には、関係者も驚いたのではないかと思います。

昨年の京都記念の勝ち馬で、既にこのコースは実績面で期待が持てます。

ただし、この馬の気性も影響してか成績を見れば分かる通り、駄目な時はとことん駄目になるのが特徴とも言えます。
ムラがある、と言い換えることもできますね。

ただ、走る時も走らない時も、いずれにしても一瞬で他馬を千切るような脚は持っていませんので、京都競馬場のような長く良い脚を使えるコースでは相性がいいという見方もできます。

前走で本格化したという見方が出来れば、同馬主所有のサトノダイヤモンドにも引けを取らない1頭に成長している可能性は感じます。
凱旋レースで昨年優勝したレースを選択するのも調整が上手く行ってる証拠。
今年も可能性は十分にあると感じます。

ミッキーロケット
≪牡4/鹿 音無秀孝厩舎≫

【前走】日経新春杯 1着
【父】キングカメハメハ
【母父】Pivotal

春のクラシックでは皐月賞に出走し13着と大敗すると、そのまま休養に入り、
夏のレースを使われて菊花賞へ出走を果たします。

結果は5着と奮いませんでしたが、それでも神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドに詰め寄る活躍を見せました。

単純にサトノダイヤモンドの仕上がりが甘かったという見方もできます。

違った考えをすれば、ミッキーロケットの適正距離は、2400M前後がベストという見方もできます。
そう考えると、前走の日経新春杯の2200Mの距離もベストであったと言えます。

今回も同じく2200Mですので、守備範囲。
有力馬のマカヒキ・サトノクラウンは海外帰りでどうしても調整が甘くなる部分がありますので、重賞連勝にも期待が持てますね。

現時点の京都記念の注目馬

現時点で注目している京都記念の登録馬ですが、ここはやはりマカヒキを挙げておきます。

海外帰りにも関わらず、1週前は好時計を出していて、疲れなどは感じられません。
国内復帰戦となりますが、問題ない仕上がりで出走できるのではないかと思います。

当然、7割8割での仕上がりだとは思いますが、そうだとしても頼もしい時計だと思います。

心配な点は、レースから遠ざかっていること。
レース勘というのは馬にもあるものなので、戸惑ってしまったりしてしまうと掛かったりするので、その点では心配ですが、完成度で言えば問題ないと見ています。

【関連】
[blogcard url=”https://bakuana.xyz/kyoutokinenn-2017-yosou/”] [/blogcard]

競馬で勝ち続ける方法はあるのか?調べてみました

突然ですが、みなさんはどこを参考に予想していますか?

僕は毎回、JRAのホームページや前走映像やデータをチェックして馬券を買っていましたが、月間収支がプラスになりませんでした。

ド下手くそと言われればそこまでなのかもしれませんが、毎週のようにマイナスになるのでお小遣いがドンドン減っていきます。

趣味だからと思っていても、このままじゃホントに家計がヤバいと思って、競馬で勝ち続ける方法を調べまくりました。

その結果、ある一つの答えにたどり着いたのですが、それは、
「予想で本当に大事な事は出走表ではわからない。」
ということです。

自分で予想するとどうしても人気順に近い予想や妥協した馬券になってしまう。
だけど、人と同じ事を考えていては儲からないわけです。

僕が使えるお金は1日3,000円投資、月間予算が3万円程度。
少ない投資で勝ち続ける!これが僕の目標でした。

そこで先にお教えしますが
この競馬サイトを参考にしてから、1年間プラスです!

最初の1ヶ月でわかりました。これは使える!と。

やっと今までと流れが変わってきました。

競馬は勝つ為に必要な情報はたくさんあります。

・今調子がいい選手は誰なのか?
・今日の勝負駆けは誰なのか?
・メイチ仕上げの今日のレースを狙いに来ている馬は?
・今日の有利なコースは?
・勝ちやすいレースはどれ?

皆さんはどれだけ把握できてますか?

仕事の合間、スマホ片手で楽しむ僕には到底把握しきれません。

そこで初めてこの競馬サイトに身を預けてみたんです。

それからというもの最高に気分がよかったです!
以前はず~っとマイナスだったのに、今では毎月プラスで終えてるんですから!

実は、5月に初めて万券バーストにチャレンジしてみたら、
給料の3倍くらいの配当を手に入れちゃいまして・・・これは嫁にはナイショね。

そして忘れもしない、一昨年の函館記念。
一撃915,320円を獲得してしまいました。僕にとってのメモリアルです。
そして・・・競馬やってることが嫁にバレました(笑)

今では休みの日は一応家族サービスを優先しつつ
でも家族で温泉旅行の合間にスマホで競馬を楽しんだりもしてますよ!

僕と同じような境遇の人ww、もしくはちょいっと資金を増やしたい人、

試しにこの競馬サイトの無料予想を使ってみるといいですよ

無料だからといって手抜きはなし。手抜きだとしたらマジで凄い。

的確な予想を出してくれるので、
まずはそこから試してみるのがおススメです。

土曜日と日曜日、それぞれ無料予想情報が出てくるので、しっかりとチェックしてください。
自分ならこんなチャンス、絶対に逃しませんけどね。

無料のお申し込みはコチラ

メールアドレスのみで登録です。
メルマガ以外に有料発売の案内メール等も送信されてきますので、面倒な方はYahooメールなどのフリーメールアドレスをご利用下さると便利です。

スポンサーリンク

SNSでのシェアにご協力お願いします!

フォローしてください!