【京都記念2016出走予定馬】騎乗予定騎手と有力馬考察

おはようございます、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

今週は京都記念が行われます。登録馬は15頭、除外対象はいません。

2200mで行われるレースですので、春のG1を目指す馬達が出走してきた格好ですね。

昨年の勝ち馬はラブリーデイ。中山金杯に続いて京都記念も制し、昨年の大活躍へと繋がっていきました。

今年もここから活躍馬が出てくるのか楽しみです。

出走予定馬

左から馬名・斤量・騎乗予定騎手

  • アドマイヤデウス 57.0 岩田
  • コスモロビン 56.0 –
  • サトノクラウン 56.0 Mデムーロ
  • ショウナンバッハ 56.0 田辺
  • スズカデヴィアス 56.0 藤岡康
  • タッチングスピーチ 53.0 –
  • トウシンモンステラ 56.0 福永
  • トラストワン 56.0 Fヴェロン
  • トーセンレーヴ 56.0 Sフォーリー
  • ヒストリカル 56.0 田中勝
  • マイネルディーン 56.0 –
  • ミュゼゴースト 55.0 和田
  • ヤマカツエース 56.0 池添
  • レーヴミストラル 56.0 川田
  • ワンアンドオンリー 57.0 内田博

有力馬考察

レーヴミストラル

前走は日経新春杯で優勝。直線で末脚を披露しての圧勝劇でした。

その前走は33.1秒の上り最速でした。最後方から直線鮮やかに伸びて、早めに抜け出したメイショウウズシオを捉えての勝利。

今回も同じ京都が舞台で行われるレースとあって、前走の再現は高い。

距離は1F短くなるが、今回も好勝負に持ち込めそう。

ヤマカツエース

前走は中山金杯で優勝。福島記念に続いて重賞2連勝と勢いに乗っています。

マイル色が強い1頭でしたが、昨年の夏以降は距離を伸ばして成績がついて来ているので、2000m前後が適正が高いと言える。

今回は2000mから1F距離が長いものの、この距離をクリアしてしまうと宝塚記念まで一気に視界が開けてくるだけに、ここは好走は必須条件。

その他

その他、ここまで重賞2勝のサトノクラウンやエリザベス女王杯で3着に入ったタッチングスピーチなどが出走を予定しています。

注目馬

現時点で注目しているのはヤマカツエース

ここまで重賞2勝と勢いに乗っている1頭。

距離がどこまでOKなのかは走ってみたいないと分からないものの、ここでもあっさりということになるとこれからの古馬戦線が面白くなる。

頑張って欲しい1頭でもあります。

2020年だからこそ指数にチャレンジ!

”今年も好調期待”
◇コラボ指数◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
20年1月重賞
指数無料公開
ーーーーー
京都金杯
シンザン記念
日経新春杯
アメリカJCC
ーーーーー

無料公開指数上位的中レース
↓ ↓ ↓ ↓
阪神JF、有馬記念、ホープフル
ARG共和国杯、マイルCS、ジャパンC
毎日王冠、菊花賞、天皇賞
神戸新聞杯、スプリンターズ

好調は続くはずです。
指数上位6頭まで絞り込んでくれます。
各会場1~6Rも無料公開

\ 1分で登録完了! /

無料で会員登録をする

多くの方が登録しています