京都牝馬ステークス 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで

こんばんは!
爆穴ブログのリッキーです。
本日もご覧いただきありがとうございます。

この記事では、京都牝馬ステークスの想定騎手入りの出走予定馬について記載しています。
推定オッズや有力馬考察なども行っています。
最後に今現在注目の馬を記載していますので、最後までご覧いただけたら幸いです。

京都牝馬ステークスの出走登録馬(20頭)

馬名斤量想定推オッズ
アットザシーサイド54Mデムーロ4.2
アルビアーノ55Cルメール3.1
ウインファビラス54松岡14.3
ウリウリ57和田18.9
エテルナミノル54池添186.7
スナッチマインド54浜中32.5
ダンツキャンサー54田中学212.2
トウカイセンス54太宰859.2
トータルヒート54274.8
ナックビーナス55横山典9.6
フィドゥーシア54武幸58.7
ペイシャフェリス54川須562.8
ベルルミエール54川島81.3
ムーンエクスプレス54松山58.7
ラインハート54松若356.9
レッツゴードンキ55岩田6.5
ワンスインナムーン54石橋脩95.3

抽選対象

馬名斤量想定推オッズ
エスティタート53武豊18.9
テルメディカラカラ53167.4

除外対象

馬名斤量想定推オッズ
レッドアヴァンセ5316.7

有力馬考察

アルビアーノ
≪牝5/鹿 木村哲也厩舎≫

【前走】スワンS 6着
【父】Harlan’s Holiday
【母父】Unbridled

高松宮記念で3着に入ってこれからが期待された中で、長期の休養に入ることに。
さらに順調ならスワンSのあとは、また順調さを欠きマイルCSへ進むプランも白紙になりました。

今回は牝馬同士の対決で、得意の1400Mでのレースとなります。
プラスに考えたいのは、順調さを欠いたことで、昨年1年間で出走が3走のみと消耗度が低いのが特徴です。

5歳となりましたが、これまでの実績を考えれば上位争いは可能でしょう。

目標がヴィクトリアMと先のため、仕上がりに甘さはありそうですが、前走以上の走りに期待がかかります。

アットザシーサイド
≪牝4/鹿 浅見秀一厩舎≫

【前走】ターコイズS 6着
【父】キングカメハメハ
【母父】アグネスタキオン

昨年の桜花賞で3着に入るなど、距離適性はFレビュー2着などを考えても1400M~1600Mが妥当と考えることができるでしょう。
今回の距離は適正高いと言えそうです。

前走は53kgの斤量だったものの、結果は6着でした。
原因として挙げられるのが、位置取りの悪さと4コーナーで外に持ち出さなければならなかったことです。
直線向いて最後方になってしまったのは、ロスが多かった表れだと見ることができます。

今回はデビュー戦と秋明菊賞を連勝した舞台の京都1400Mです。
コース適性も高いので、しっかりと準備ができていれば好勝負に持ち込めるはずです。

レッツゴードンキ
≪牝5/栗 梅田智之厩舎≫

【前走】ターコイズS 2着
【父】キングカメハメハ
【母父】マーベラスサンデー

15年の桜花賞馬も、それ以降の勝ち星はなし。
特に、2016年前半は不振に陥り精彩を欠く形になりました。

ただ、函館SSで3着に入ると、続くキーンランドCでも3着と徐々に復活してくると、スプリンターズSでは9着に沈むもJBCレディスクラシックに進み2着と復活。
前走のターコイズSでは、4コーナー最後方から2着まで脚を伸ばしての競馬。
スムーズな競馬ができていれば優勝もあったかもしれません。

鞍上の岩田騎手も、ここ最近は復調の兆しが見えてきて、ここでレッツゴードンキが優勝するようなことになれば馬と騎手、さらに今年は飛躍の年になりそうです。

ただ、これまでの成績を見ると、洋芝がメインの札幌・函館競馬場や、稍重の東京、そして前走の中山と、いわゆる馬場が重たいとされるところでの好走が目立ちます。
スピードとキレ勝負になり易い京都の馬場が合うかは未知数です。

現時点の注目馬

現時点での注目馬を発表しておきます。

現段階で、伏兵馬となりそうだと思っているのがウインファビラスです。
前走、OP特別のニューイヤーSにて3着に入りましたが、勝ち馬のマイネルアウラートは続く東京新聞杯で4着と惜しいレースを行いました。

牝馬3冠では二桁着順ばかりでしたが、原因は体質の弱さ。
それを物語るように、馬体重の減少したままで戻ってきませんでした。

秋の秋華賞以降は460kg以上でキープできています。
その分、追い切りの内容も変化しており、上昇気配漂うものになっています。

距離が不安要素ではあるものの、状態の良さで乗り切ってくれるか楽しみです。

【ふじおの調教評価スタジアム~フェブラリーS編~】競馬学会と組み合わせ!

■フェブラリーSの傾向
ダート界の世代交代や色々なドラマがあるレースです。傾向的には、上がり3位以内の馬が連対率がものすごく高い。先行からの抜け出しもそうだが実力馬の後方差し切りも近年では目立つことも。

◎ゴールドドリーム ふじお評価 90点
やはりダートの能力で言えばこの馬が筆頭かもしれない。あのルヴァンスレーヴに敗れたとはいえ2番手の実力であることは間違いないし、調教も最終追切で照準を合わせてきた感じ。2週前調教では条件クラスの馬に1.4秒先着していて常に良い時計を出してきている印象。
コース実績ももちろんある。インティに世代交代などさせない!

〇サンライズノヴァ ふじお評価84点
無論東京の適性は◎前走は大敗だがそれよりも今回の方が状態はよく見えた。
調教は最終も一杯に追われて、あの重賞級のブラックスピネルに先着していることも評価できる点であると言える。
映像を見る限り力強い脚であるし、仕上がりはかなり良い。先行激化もありそうで後方待機で一瞬の瞬発力は個人的にG1級であると思う。

ふじお究極穴馬!!
★ユラノト ふじお評価82点
前走は東京で好走して充実している感じ。オッズ的にも妙味はあるオッズになりそうで狙うとしたら中穴筆頭だろう。
かなり迫力のある調教に見えたし前走よりもふじおにはよく見えた。ユラノトが走るときの調教に戻ってきているし前走の内容も加味すると連対も十分!

ふじお鉄板買い目!!
【馬連1頭流し】
◎→〇★ 2点各5000円 計10000円推奨!
ふじおはこの買い目で勝負します!!

ここは負けられない、、鬼嫁にお小遣いをあげて機嫌を取らないと。。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━

私はいつも自分の推奨馬と、「競馬学会」というサイトの買い目を照らし合わせて買っています。
競馬学会の特徴は、少ない点数で非常に回収率が高い点!

ふじおはいつもここの軸馬と自分の軸馬が合っていたら厚くいきます。競馬学会は点数が少ないのに的中が多いですからね。
■今年の主な重賞成績【根岸S】

少ない点数で回収するのが基本的なスタイル。
ここの根岸Sも3連単6点で、170,370円獲得!初心者にも熟練者にも間違いなくお勧めです。

今週は「フェブラリーS」を無料配信。ここの無料配信は3連複5頭BOXを基本としていますが、5頭もお勧め馬を紹介してくれるのはありがたいですよね!

\ 1分で登録完了! /

無料会員になる方はコチラから

登録にはメールアドレスを入力するだけです