【京都大賞典2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ|キタサンブラックが出走!

この記事では、京都大賞典の想定騎手入り出走予定馬と推定オッズについて記載しています。

有力馬の考察と現時点で注目している馬について記載していますので、最後までご覧いただければ幸いです。

菊花賞や天皇賞春を制したキタサンブラックに、昨年の覇者で天皇賞秋や宝塚記念を制したラブリーデイの他にも、有馬記念2着のサウンズオブアースなど、出走頭数が少ないにもかかわらず、メンバーは混戦模様。

しっかりと登録馬をチェックしていきたいと思います。

京都大賞典の出走予定馬【10頭】

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • アクションスター 56.0 北村友 342.9
  • アドマイヤデウス 56.0 岩田 18.4
  • キタサンブラック 58.0 武豊 1.9
  • サウンズオブアース 56.0 Mデムーロ 4.0
  • タマモベストプレイ 56.0 藤岡康 67.2
  • ヒットザターゲット 56.0 小牧 28.6
  • ファタモルガーナ 56.0 浜中 179.1
  • ヤマカツライデン 56.0 池添 18.4
  • ラストインパクト 56.0 川田 8.9
  • ラブリーデイ 58.0 Cルメール 4.7

有力馬考察

キタサンブラック
≪牡4/鹿 清水久詞厩舎≫

【前走】宝塚記念 3着
【父】ブラックタイド
【母父】サクラバクシンオー

今年から鞍上を武豊騎手に乗り替わり、ここまで3戦1勝複勝圏3回という結果。ここまでの成績でも、大きく負けたのは日本ダービーの14着のみという安定力が魅力です。

G1の大舞台でも、皐月賞3着を皮切りに、菊花賞では優勝。有馬記念では3着。そして今年の天皇賞春でG1レース2勝目をあげ、そして前走の宝塚記念で3着と、大きなレースでの活躍が目立つ1頭です。

ただ、いずれもG1優勝の舞台は距離3000M以上のレースに偏っており、今回の2400Mへの対応が鍵となりそう。

また、逃げてペースを作っていく走りで、展開が重要になってきます。自分のペースで走れることができればここでも安定して走れそうです。

京都は天皇賞春や菊花賞で優勝した舞台でもあるので、馬場への問題はないでしょう。

ラブリーデイ
≪牡6/黒鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】宝塚記念 4着
【父】キングカメハメハ
【母父】ダンスインザダーク

前走の宝塚記念では4人気から4着とと言う結果。昨年の覇者にしては人気が低くかったのが印象的でした。

昨年末の有馬記念で5着に敗れると、今年はアンビシャスが制した大阪杯で4着。その後香港で行われたQE2世Cでは4着、そして前走の宝塚記念4着という結果続きで、もう1つ成績が伸びてこない。

前走は海外帰りということもあり、見えない疲れがあったのかもしれないが、この冬は6歳の暮れ。衰えを感じる年齢にもなってきた。

ただ、QE2世Cではヌーヴォレコルトには先着しており、そのヌーヴォレコルトはその後の札幌記念で4着という結果だった。物差しで考えれば、札幌記念でネオリアリズムやモーリスらと勝ち負け争いに持ち込めた可能性は大きいだけに、ここでも有力視して良い1頭でしょう。

サウンズオブアース
≪牡5/黒鹿 藤岡健一厩舎≫

【前走】天皇賞春 15着
【父】ネオユニヴァース
【母父】Dixieland Band

前走の天皇賞春は本来の力を出し切れなかった。敗因はいくつか挙げられるが、天皇賞春の独特のペースが合わないと言えるだろう。

京都と中山で好走している点はキタサンブラックと似ています。

昨年末の有馬記念でサウンズオブアースが2着、キタサンブラックが3着だった。

それに対し、天皇賞春では立場が逆転。キタサンブラックが優勝したが、それでも尚、まだまだ力関係は見えてこない。

このレースが秋を占う大事な1戦だけに、キタサンブラックに大敗だけは避けたい1戦。

また、前走のダメージが大きく宝塚記念を回避した経緯があるので、どのくらい立ち直ってきているのかは見極めなければなりません。

そろそろ主な勝ち鞍「はなみずき賞(500万下)」と、そろそろ重賞勝ちが欲しいところです。

1週前のオススメ注目馬

現時点で注目しているのはラブリーデイ

春は低調な成績で終わってしまったが、ここに来て巻き返しの状態は整ったような追い切りを消化。

直近の追い切りでは、

10月2日(日)栗東 坂路【55.4-40.3-26.2-12.8】

と元気な姿を披露しています。

まだまだ全体時計は物足りなさを感じるものの、2週前の21日の追い切りではCWで3頭併せを敢行し先着という内容を消化していることからも、徐々に状態が上がってきています。

キタサンブラックに人気が集まるのであれば、前哨戦からある程度仕上げてきそうなラブリーデイから入るのも有りかもしれません。

TAZUNAさんは無料提供情報が充実!

■イチオシ””TAZUNA””
今週から舞台を中山に移し、春のG1や3月末のドバイミーティングに向けて有力馬が始動するG1並みのメンバーが揃う中山記念が行われます!
好メンバーが揃った中山記念の注目のデータを発見したのでご紹介しますね~!

【中山記念データ】
08,09年連覇→カンパニー
12年2着,13年3着→シルポート
14年3着,15年2着,17年3着→ロゴタイプ

非根幹距離の中山芝1800mは特殊なレースでリピーターよく来るレース。
去年1着ウインブライト、3着マルターズアポジーは人気なくても要注意!

今オススメしている競馬予想サイト『TAZUNA』は、今週は中山記念の無料予想&買い目提供が決定!!
まだ登録していない方は、春のG1シーズン前に相性の良いサイトを作っておくことをオススメしています。

ー直近の重賞的中実績ー

クイーンC→⇒(4点1,200円→58,200円)
京都記念⇒(6点1,000円→170,600円)
東京新聞杯⇒(6点1,000円→181,900円)
きさらぎ賞⇒(24点200円→ 283,920円)

中山記念に直結しそうな中距離古馬重賞の京都記念・東京新聞杯も的中してるので今週も期待できそうです!
十万円以上の払戻を3度も出していて破壊力抜群の予想サイトです。

17日(日)に行われたG1フェブラリーS、G3小倉大賞典の両レースで3連単を小点数で的中。
どちらも3着に福永騎手、小牧騎手の好騎乗が光って人気薄が激走!高配当になりました。

こちらは土曜夜に公開された無料情報。少し分かりづらいスクショですが、よくご覧下さい。
6人気-1人気のワイドを1点で的中。メインレースの軍資金作りに最適な無料情報をいつも提供してくれます!

簡単メルマガ登録のみ。まずは無料でお試しください。確認メールきたらクリックしてログイン!
配信が確定している中山記念の買い目をチェックしましょう。

前日の夜に公開されます。オススメサイトなので、あなたも一緒に利用してみてくださいね。

\無料登録をするだけでOK/

今週末の無料情報を獲得する方はコチラ