フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

【京都大賞典2016予想】馬連とワイドの2点勝負|高速馬場だけに...

2016/10/9/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、京都大賞典の最終結論と予想について書いています。追い切りで動いた2頭の馬連とワイドで今回も予想しています。

京都のレースを予想する前に、振り返っておかなければならないのは芝の状態です。

土曜3R2歳未勝利戦の勝ちタイムは1:45.9で2歳レコード決着でした。2着に4馬身差をつけているのでプラチナヴォイスの力があると言えるのかもしれませんが、レコードを出せる芝状態であることは意識しておかなければなりません。

造園課はガラパゴスと言われても、やはり時計が出る方に舵を切っているんだろうなと改めて思いますね。

芝状態を気にしないで予想すると、的中から遠のくと思います。

追い切りで動いた馬を中心に

【京都大賞典2016最終追い切り診断】5段階評価とオススメ馬

追い切りでおススメしていたのはキタサンブラック・サウンズオブアース・アドマイヤデウスの3頭でした。

そこで、今回の予想は上記の3頭からキタサンブラックを1頭目に選びたいと思います。

今回も先行してのレース運び。ヤマカツライデンもいますが、積極的に競っていくことは考えにくいですね。

池添騎手にそんな度胸はないでしょう。

そうなると、キタサンブラックのペースでレースが流れると思います。

今の馬場であれば、キタサンブラックの先行がうまくハマると見る方が賢明です。

そして2頭目に選ぶのはアドマイヤデウス。

先行型のこの馬は、今回は上積みを見込める内容でした。天皇賞春に比べても、一夏をしっかりと休養に充てたことで、リフレッシュして参戦できるのはプラス材料。

今年はG2で2回連続の3着などもありますが、その時と変わらないかやや今回の方がいいと思っています。

今回は、キタサンブラックとアドマイヤデウスの馬連とワイドで勝負です。

61週連続的中の実績!
≪利益直結馬≫と≪利益穴馬≫の2つに着目すれば、あなたもロマン溢れる馬券が買える。
競馬大陸では現在会員募集中。メールアドレスを登録するだけの簡単登録で、今週末からあなたの馬券の見方が変わる。
単なる紙切れにしてしまう前に、まずは競馬大陸の情報をご覧下さい。

無料のメルマガ登録はコチラ

-競馬予想
-