京都2歳ステークス 2018 出走予定馬|ワールドプレミアら11頭が登録

リッキーです。

京都2歳ステークスの出走予定馬情報をまとめました。
想定騎手や推定オッズの掲載も行っています。
現時点での注目馬も紹介していますので、最後までご覧頂けると幸いです。

出世馬がいないレースでそれを裏付けるように寂しいレース。
2歳馬はまだある程度追い切りから走る馬を見抜けるので、しっかりと週半ばの最終リハの様子をチェックして予想に繋げていきます。
それでは登録馬のチェックから行っていきます。

京都2歳Sの登録馬11頭

馬名斤量想定
クラージュゲリエ55モレイラ
ショウリュウイクゾ55浜中
スズカカナロア55○○
セイカヤマノ55○○
ブレイキングドーン55福永
ペルソナデザイン55池添
ミッキーブラック55Cデム
ミヤケ55○○
ヤマカツシシマル55○○
ラヴズオンリーユー54○○
ワールドプレミア55武豊

京都2歳Sの推定オッズ

馬名オッズ
1ワールドプレミア2.3
2クラージュゲリエ3.1
3ミッキーブラック4.4
4ブレイキングドーン15.9
5ラヴズオンリーユー19.3
6ショウリュウイクゾ21.5
7スズカカナロア44.9
8ヤマカツシシマル85.9
9ペルソナデザイン225.5
10ミヤケ267.5
11セイカヤマノ488.6

有力馬考察

ワールドプレミア
≪牡2/黒鹿 友道康夫厩舎≫

【前走】新馬 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Acatenango

ワールドエースの全弟。
14年のマイラーズCを制していますが、皐月賞で2着の実績などもあります。

さて、前走の新馬戦では後方待機からしっかりと末脚を伸ばしての勝利となりました。
最後は2着のメイショウテンゲンに迫られてはしたものの、既に流していたようにも見られる中での先着ですので、そこまで気にしなくても良いか。

鍵を握りそうなのは距離が伸びる点。
前走のレースっぷりを見る限りでは、どこか距離延長は怪しそうな雰囲気も。
兄は皐月賞で2着の実績もありますが、こちらはどうか…。全く不安はないという感じには見えませんでした。

クラージュゲリエ
≪牡2/鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】札幌2歳S 3着
【父】キングカメハメハ
【母父】タニノギムレット

16年の京成杯を制したプロフェットを半兄に持つ。
近親にはダート路線で活躍したアイスドール・オウケンビリーヴ・バトードールがいる血統です。

前走の札幌2歳Sを制したニシノデイジーは、先日の東スポ杯2歳Sを制して重賞2連勝とした馬でした。
2着のナイママが同レースで13着に敗れているので強気には推せませんが、札幌2歳Sで0.1秒差の3着の結果からは走れてもおかしくはないでしょう。

1枠1番の最内からのスタートでしたが、スタートは上手に飛び出すも、スッと下げていく内容。
4コーナーでは大外を回っての競馬で、ロスが大きかった。

今回はスムーズに持ち出せるように、同じような競馬をするなら外枠を手にしたいはず。
スムーズさは感じなかった前走。もう少し綺麗にコーナーを回ってくる技術など、成長が欲しいと感じます。

ミッキーブラック
≪牡2/鹿 音無秀孝厩舎≫

【前走】芙蓉S 1着
【父】ブラックタイド
【母父】Lizard Island

福島で行われた新馬戦を3/4馬身交わして勝利を収めると、続く芙蓉Sでは同じく後続に3/4馬身差で先着を果たしました。
複数レースに出走し、無敗なのはメンバー唯一で、能力の高さは前走で証明した形。

中山の重賞だった為か、キレる脚というよりも長く良い脚を使えるタイプという印象。
少頭数の前走はスッと後方に下げての競馬でしたが、3コーナー手前で一気に2番手に上がっていくレース運びを見せました。
後は前を走るマイネルエキサイトを交わしての勝利。
着差以上に余裕がある走りをしていました。

今回は初の関西でのレース。
輸送がない中でのレースですので、これまで以上に前向きに評価したい。

現時点での注目馬

2歳重賞は少頭数になり易いレースが続くため仕方がないですが、注目馬としては以上の3頭。
付け加えるならば、ラヴズオンリーユー。リアルスティールの全妹という間柄となりますので、心強い血統組み合わせとなります。

ただ、個人的に現時点で注目しているのは【C】ブレイキングドーン。
前走は仕方がないものの、新馬戦の勝ちっぷりはなかなかのものでした。
新馬戦の2着のアドマイヤジャスタは、続く未勝利戦で勝ち上がると、3戦目となる紫菊賞を制し2連勝でオープン入りとなりました。
ハイレベルな新馬戦だったと振り返ることができるので、その新馬戦を勝った【C】馬に期待したい。

ただし、前走のハプニングで消耗度が大きいと心配。
中二週での出走が吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、追い切りから様子をしっかりと確認したいと思います。