共同通信杯2020追い切り評価|ダーリントンホール南W67.1秒!

2月16日の共同通信杯の追い切り考察を行っています。クラシックへの登竜門と言われる同レース。毎年のようにハイレベルなレースになりますので、クラシックでも通用する馬が上位に食い込んできます。

有力馬考察などは、共同通信杯の出走予定馬情報で記載しています。

マイラプソディやダーリントンホールなどが有力視されています。

前評判通りに決まるレースでもあるのですが、しっかりと追い切りをチェックして、走れる馬をしっかりと見ていきたいと思います。

共同通信杯2020各馬の追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アジュバント【B】

2月12日(水)美浦 南W(良)
【5F71.1-56.1-41.7-1F13.7】

2頭併せ内強め併入。

中1週での出走のため、強め表記も軽めの内容となりました。

悪くはないとは思いますが、近走の成績がさっぱりすぎて評価が難しいです。上昇度はないものと思います。

エン【評価不可】

2月12日(水)小向 ダート(良)
【5F65.6-50.6-37.4-1F12.3】

単走一杯。

走りのフォームを見ていると、地方馬ということは感じません。綺麗な走りをしています。

前走までの映像がないので比較ができませんが、若干、頭の位置が高いのが気になりました。それでもスピード感あふれる走りをしていました。

この馬なりには状態の良さは伝わるので、あとは本番でどこまで通用するかどうかでしょう。

※小向とは、神奈川県川崎市幸区にある地方競馬の川崎競馬の厩舎地区のことで、トレセンが併設されています。度々水没することで有名な練習場ですが、多摩川の河川敷に作られているためです。

ココロノトウダイ【評価不可】

2月12日(水)美浦 南W(良)
【5F68.0-53.3-39.6-1F12.1】

※前走時追い切りは靄のため視界不良にて時計なし。比較ができません。

2頭併せ内馬なりクビ差遅れ。

馬場が綺麗な時間帯でしたので、時計を刻めているのは気を付けるべきでしょう。

最後は少しずつ僚馬に遅れる形になりましたので、その点では微妙かもしれません。

ただし、末12.1秒はそれでも上々な時計でした。

中間もしっかりと時計を刻んでいます。本数も多く、しっかりと仕上げられていると判断していいでしょう。

楽しみな1頭です。

コンバットマーチ【B】

2月12日(水)栗東 坂路(良)
【53.1-38.6-24.8-12.4】

単走強め。

最後はややヘバッてしまったかのような走りをしていましたが、それでもフラットな時計で耐えることができました。

もう少しスマートなが動きが欲しかったですが、ボチボチ走れてはいました。

悪くはないというところまででは。

シコウ【B】

2月12日(水)美浦 南W(良)
【5F70.5-55.1-40.8-1F13.0】

2頭併せ外強めクビ差先着。

状態面では悪い部分は感じませんでした。走りなども軽やかでしたので、悪いところは感じません。

ただ、近走の成績がさっぱり。

もっと上昇度が欲しいところでしたが、前走程度には走れる見込みです。

シングンバズーカ【B】

2月12日(水)美浦 南W(良)
【5F65.0-51.2-37.9-1F12.5】

2頭併せ強めアタマ差遅れ。

直線入るところまでは3頭併せのような形になっていました。

僚馬は終始馬なりで、尚且つシングンバスーカの外を回っての走りでした。

動きは悪くはないと思いますが、僚馬の動きが良かった分だけ地味に見えてしまいます。

状態的には前走以下ということは考えなくていいのではないかともいますが、未勝利で足踏みしていただけに上昇度が欲しい追い切りでもありました。

ダーリントンホール【B】

2月12日(水)美浦 南W(良)
【5F67.1-52.5-38.2-1F12.0】

2頭併せ内馬なり併入。

僚馬の方が強めでしたので、馬なりプラスα程度の内容で併入に持ち込めたのは良かったのではないでしょうか。

時計に関しては、コース3分4分どころを通過しているので、コースの内々を回った分時計が出ていますが、そこまで気にしなくていいはずです。

1週前に関しては状態が良さそうなところが伝わってくるものでした。

最終リハも動きは良かったので、状態は引き続き良いと判断していいでしょう。

ビターエンダー【B】

2月12日(水)美浦 南W(良)
【5F66.9-53.1-39.7-1F12.4】

2頭併せ内強め半馬身遅れ。

特に悪いということはなさそうでしたが、最後は遅れてしまいました。

僚馬の方が体の使い方など良かったので、その点でのものだと思います。首の上下運動など足りない印象を受けます。

もう少ししっかりと動けないと評価が難しいです。

マイラプソディ【B】

2月12日(水)栗東 坂路(良)
【50.6-37.4-25.1-12.9】

単走強め。

概ねしっかりと走れています。

しかし、動きに固さが出ているような部分があるのと、若干ですが、進行方向に対して右への流れていると思います。この2つがやや気になりました。

それでも淡々と走っていながら時計は優秀。

ラストはややバテてしまったような走りをしていましたが、それでも全体50.6秒なら十分でしょう。

前走時はCWを選択していましたが、今回は坂路を選択しました。いつも通りの調整で良かったと思いますが、なにか理由があるのかもしれません。

中間のある程度負荷を掛けていますが、1週前にもしっかりとやっています。

もしかしたらもしかして、やりすぎた印象も…?

ただ、追い切りからは前走以上に仕上がっているとは判断しなくていいのではないでしょうか。

回避・除外

≪重複登録≫サトノインプレッサ【A-B】

2月12日(水)栗東 CW(良)
【7F97.3-82.1-67.2-52.8-39.0-1F12.2】

3頭併せ外末一杯1頭半馬身先着、1頭2馬身先着。

併せ馬を待つ余裕を見せると、中を走る馬に並ばれてしまいました。そこから鞭が一発入ると急加速を見せて、最後は半馬身差の先着という終わり方でした。

時計は上々のところでのものでしたが、それ以上に中身が優秀。充実さが伝わる好内容でした。

前走よりも今回の方が素直に良いのではないでしょうか。

※こぶし賞に回りました

まとめ

共同通信杯の各馬の考察が終わりました。

個人的にはサトノインプレッサがこちらに回ってきたら面白かったのかもしれないと思っていましたが、締め切りられるとこぶし賞への出走となりました。少し残念です。

さて、今回の出走馬には上昇度が高い馬は不在。その点では、有力視されている馬が順当に勝ちそうな気がします。

ただし、今回注目しているのは≪A≫[最強]競馬ブログランキングへです。

前走時が前走時で…という感じで評価が難しいのですが、デキは良さそうでした。

有力馬を逆転できるかというと分かりかねる部分もありますが、走りの雰囲気は重賞馬になってもと思う部分はあります。

今回は、もう2頭の3頭をオススメしておきます。

共同通信杯の追い切り考察でした。

今週はフェブラリーSの厳選無料情報を大公開!

◎調教師徹底解析
今週も出てきましたよ!

━━━━━━
氏名/所属 生年月日
主な管理馬
今週の重賞登録馬
*******
━━━━━━

本気で勝ちにきてる
レース適性においては不安だが
騎手がどこまで*****の力を発揮させられるかが肝。
(一部抜粋)

週末にかけて馬主目線の重賞レポも
またコルテジア7人気など鋭い眼力を見せてくれるはずです。

そして調教師、馬主目線から推奨馬を絞り込み、
最終的には買い目を公開
。この流れが好きです。

\まだ試してる人少ないみたいですよ/

無料の会員登録はコチラ

/メールアドレスを用意するだけ\

フェブラリーステークス調教~馬主目線~買い目情報↑
無料で見れるはずなので是非チェックしてみてください。