共同通信杯 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで

こんにちは、リッキーです。

この記事では、2月11日に東京で実施の第52回共同通信杯の想定騎手入りの出走予定馬情報をまとめています。
推定オッズも同時掲載していて、有力馬考察後に現時点での注目馬を紹介しています。最後までご覧いただけると幸いです。

2戦2勝で京都2歳Sを制したグレイルが登場。
ホープフルSで3着のステイフーリッシュなどが顔を揃えました。
それでは、登録馬をチェックしていきます。

共同通信杯の登録馬

想定斤量想定推オッズ
アメリカンワールド56浜中51.2
エイムアンドエンド56Fミナリク85.4
オウケンムーン56北村宏18.4
カフジバンガード56内田博10.2
グレイル57武豊1.8
コスモイグナーツ56柴田大86.1
ゴーフォザサミット56田辺9.2
サトノソルタス56ムーア5.9
ジャックローズ56戸崎47.3
ステイフーリッシュ56中谷6.2
トッカータ56○○498.3
フィニフティ54○○65.7
ブラゾンダムール56横山典70.8
ブレステイキング56ムーア13.9
モリトユウブ56○○350.8
ヤマノグラップル56柴田善264.8
リュウノユキナ56吉原142.5

有力馬考察

グレイル
≪牡3/黒鹿 野中賢二厩舎≫

【前走】京都2歳S 1着
【父】ハーツクライ
【母父】Rock of Gibraltar

デビューからここまで2戦2勝で重賞制覇と、今回のメンバーの中では実力最上位と言えます。

ただ、あくまでクラシックの前哨戦。
賞金的にはもう心配は要らない範囲ですので、余裕残しの可能性は大きいです。

有力馬が弥生賞に集まったことで、今年の共同通信杯は手薄感も。
その為、圧倒的人気を集めそうです。
京都2歳Sで2着のタイムフライヤーがその後ホープフルSを制したこと、また、同3着のケイティクレバーが朝日杯FSでは11着に敗れるも、その後の若駒Sを制したことなどを考慮するとレースレベルは高かった。

ただ、手前を変えずに勝てているのは、違う意味で見れば問題を抱えているとも言えるだけに、成長した姿を見てみたい。

もう1つ不安点を挙げるなら、今回は東京コース初。
直線で坂があるコースは今回が初ということで、末が鈍くならないかが心配です。

ここを圧勝すれば、クラシックでも向かうところ敵なしになる可能性も。

ステイフーリッシュ
≪牡3/鹿 矢作芳人厩舎≫

【前走】ホープフルS 3着
【父】ステイゴールド
【母父】キングカメハメハ

前走はG1ホープフルSで3着でした。
2着のジャンダルムにはクビ差まで迫る活躍を見せてのものでした。
タイムフライヤーにはまとめて交わされてしまいましたが、それでも着差は1馬身と少しの差でした。

今回も中谷騎手が手綱を握る予定です。
まだ中谷騎手は重賞未勝利ですが、チャンスは十分にあるレースです。

逆のことを言えば、重賞では通用しない騎手とも言えるので、その点で取捨が難しく感じます。

ホープフルSでは展開が向いたとは言え、有力馬を押さえての3着でしたので、持っている能力が高いことは理解できます。
あとは、どこまで仕上がっているのかでしょう。
そろそろ賞金を加算できなければクラシックが厳しくなる頃。
優勝は難しいと思っているかもしれませんが、2着以内を確保することを優先してくるのであれば、勝負度合いは高いと見ることもできます。

ゴーフォザサミット
≪牡3/黒鹿 藤沢和雄厩舎≫

【前走】百日草特別 1着
【父】ハーツクライ
【母父】Storm Cat

藤沢厩舎期待の1頭。
シクラメン賞を圧勝したオブセッションではなく、藤沢調教師的にはこちらを押しているような印象すら受けるインタビューを見たことがあります。

ただ、前走の2着馬ナスノシンフォニーはホープフルSで5着。同3着だったディロスが若竹賞で3着と善戦止まり。
僅差の2着馬3着馬が善戦止まりまでというのは、レースレベルにはケチが付きそう。

前走はセンスある勝ち方で、距離の不安もありません。
父ハーツクライということからも、成長はこれからでしょう。

今回は久々ですが、前走も久々をクリアしての1戦です。
休み明けの部分は、あまり気にしなくていいでしょう。

共同通信杯の出走予定馬まとめとオススメ注目馬

3頭の有力馬をチェックしました。
その他、ここを使うのであれば勿論有力なサトノソルタスや、重賞で善戦しているカフジバンガードも今回のメンバーなら前進は可能でしょう。

注目ポイントが多々ある今回の1戦ですが、勿論、他の馬にもチャンスがあると見ています。

それはやはり、『有力馬の前哨戦仕上げと、どうしても賞金を加算したい陣営の本気仕上げ』の差です。
クラシックを目標にしているのはどの陣営も同じですが、クラシックに向けて視界が良好なメンバーと、賞金的に加算をしておきたい陣営では、どうしても仕上げ方には違いが出てきます。

勿論、早熟だと睨んでいる馬の陣営が、この時期の重賞で結果を残しておきたいというのもある時期です。
成長力がある他の馬に、クラシックでは逆転されることも多々あります。

ただ、今回の1戦で注目しておきたい穴馬の存在がいます。
それはアメリカンワールドです。

前走は未勝利戦でしたが、ラップが優秀で勝ち方も圧巻の走りをしていました。
【13.0 – 11.9 – 12.6 – 12.9 – 13.2 – 12.6 – 12.1 – 11.1 – 11.4】

このラップで制していますので、タフな1頭だということが分かります。

デビュー戦では重馬場が影響したのか、手前をすぐに変えてしまうなど幼いところを見せた。
新馬戦の内容から見ると、良馬場でこその馬とも見ることができます。

今回は、初の左回り、グレイルと同じく坂が初めて、輸送と不安視できる部分は大きいですが、前走の競馬が今回もできればチャンスは十分にあるはず。
賞金的に上積みは必須で、素質は高そうだけに、陣営が欲を出せばここで仕上げてクラシックを狙ってくるはず。
中間の追い切りや最終リハの様子をしっかりと確認してから、オススメ馬に選べるならば選びたい1頭です。


共同通信杯の追い切り評価を更新いたしました。
グレイルの動き、そしてステイフーリッシュの動きが良かったです。

注目の穴馬に挙げたアメリカンワールドの動きは、手前を替える回数が多かったのが気になりましたが、僚馬にしっかりと先着。
状態は比較的良いのではないかと評価しています。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/kyoudoutuusinnhai-2018-oikiri/”][/blogcard]

もしよろしければご覧ください!

【無料おすすめサイト】

今週の無料提供レース
11月18日(日) 京都11R「第35回 マイルチャンピオンシップ」

単に的中を出すだけではなく、
しっかりと満足して頂ける配当を提供しています!

J.H.A.専属馬券師から高配当限定の買い目が1回無料でもらえます。

_______________________
京都11R
エリザベス女王杯
三連単フォーメーション
1着:12
2着:7,8,9,13
3着:7,8,9,13
買い目合計:12点
推奨:800円計:9,600円
↓↓
450,960円
クロコスミア入れた12点でしたね!さすが!
_______________________

早速、今から検証してみて下さい。

確認メールが届いたらクリックしてログイン!
週末にマイルCSの買い目を見てみて下さい。

今週の無料提供レース
11月18日(日) 京都11R「第35回 マイルチャンピオンシップ」

オールスターズに頼るマイルCSの予想はコチラから。

\ わずか1分で登録完了! /

無料会員になる方はコチラから

メールアドレスのみで登録です。
メルマガ以外に有料の案内メールも送信されてきますので、面倒な方はYahooメールなどのフリーメールアドレスをご利用下さると便利ですよ

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク