フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

共同通信杯 2018 最終追い切り評価|グレイルは11.7秒のタイムで3馬身差先着

2018/2/8/

こんにちは、爆穴ブログのリッキーです。

2月11日に東京で実施の第52回共同通信杯の最終追い切りの評価を行っています。
中間調教を含めて、時計や映像から感じたことを書いていきます。

共同通信杯の出走予定馬についてはコチラにまとめています。
オススメの穴馬にアメリカンワールドを挙げていますが、今回の追い切りが良ければそのままオススメ馬に挙げたいと思います。

共同通信杯 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで
こんにちは、リッキーです。この記事では、2月11日に東京で実施の第52回共同通信杯の想定騎手入りの出走予定馬情報をまとめています。推定オッズも同時掲載していて、有力馬考察後に現時点での注目馬を紹介しています。最後までご覧いただけると幸いです。2戦2勝で京...

それでは、追い切り考察を行っています。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アメリカンワールド【B】

2月7日(水)栗東 CW(良)
【6F84.0-66.6-51.4-37.1-1F12.0】

2頭併せ内強め1馬身程先着。
前走時の追い切り時計が全体83.1秒でのものでしたので、基本的には前走と変わりはないかなと見ていい範囲です。

追い切り映像は、全部で39秒程しか流れていません。
最後の2ハロン分が映っているわけですが、確認できた中でも3回は手前を変えています。
僚馬の内、カメラから死角になっているところで一旦伸びが止まったので、恐らくその辺でも手前を替えていると見ていいでしょう。

通常であれば1回しか馬は手前を替えません。
その点では、さすがに無駄な動きが多いなと思いますし、デビュー時からの成長というものは感じません。

頻繁に手前を替える要因にはいくつか原因があるのですが、精神的な幼さというのも原因に含まれます。
上にも書きましたが、手前を替える瞬間にどうしても伸びが鈍る、失速するというのはよくあることなので、その点では重賞を勝つまでにはないのかなと見ています。

ただ、迫力はある1頭だと思いますので、雰囲気も良いですし、良いところまではいってくれるのでは。

エイムアンドエンド【B】

2月7日(水)美浦 南W(良)
【5F68.4-52.3-38.1-1F13.0】

2頭併せ内強め併入。
最後の脚色は、外を回る僚馬の方が良かったです。

馬場が荒れた時間帯でしたので、時計が出ていないのは仕方がない部分もあります。
しかし、2馬身後ろを追走して、直線で一旦は前に出るものの、最後はまた並ばれるという内容でした。
少々動きが地味に見えてしまいます。

ただ、前走時は全体時計はあまり変わらずで、最後の時計は今回の方が良かったです。
時計を優先するなら今回の方が良かったです。
雰囲気を優先するなら、前走の方が良かったです。

差し引き0くらいで見ていいと思います。

上昇気配とまでは言い切れない内容でした。

オウケンムーン【B】

2月7日(水)美浦 南W(良)
【5F68.8-52.8-38.0-1F13.3】

3頭併せ内強め1頭1馬身遅れ、1頭半馬身先着。
直線では手応えよく上がってきているのですが、中を走る馬は終始馬なりでしたが、捕まえることができずに最後は失速する形になりました。

ゴール後も1ハロン程度は長く追われていますが、今度は外を回ってきた馬に並ばれる内容となりましたので、雰囲気的にはそこまで良いとは感じません。
時計は決して悪くはないのですが、馬なりの馬に1馬身差というのは地味な動きでした。

ただ、悪くはない追い切りだったとは思います。
決して悪いということはない、程度には見ていいでしょう。

カフジバンガード【C】

2月7日(水)栗東 坂路(良)
【55.4-40.2-26.2-13.1】

単走馬なり。
ただ、映像では3頭併せの1頭併入、1頭1馬身先着という内容でした。

時計から分かる通り、調整程度の内容です。
最後も13.1秒ということからも、淡々と駆け上がってきた程度の範囲です。

時計的にも内容的にも見劣りする内容でしたので、今回の内容を見る限りでは今一つでした。
前走からの中間の調教でも、12秒を刻むラップを出したのも1回だけですので、ここまで時計を出さないとなると、どこか調子が悪いのではないかという思いすら感じます。

ただ、東スポ2歳Sの時が、時計を出さずに調整して4着でした。
7頭立ての4着で、0.8秒遅れてのものでしたので評価できる点が少ないです。
そこから前走はしっかりと追っての内容でしたので、現状では前走に比べて落ちたと判断していいでしょう。

グレイル【B】

2月7日(水)栗東 CW(良)
【5F65.4-50.5-36.7-1F11.7】

2頭併せ強め3馬身程先着。
2馬身程後ろを追走して直線へ向かうと、少し追われただけでスッと伸びていきました。

ただし、雰囲気が良かったかというと少々疑問も残るものでした。
大物感漂わせているというよりも少々幼いかなと感じる走りで、もう少し体全体を使って走れたら更に良くなるのではないかと見ることもできます。

休み明けは気にしなくても問題ない程度に見て、上昇という上昇までは感じませんでしたので、デキはキープくらいでしょう。

ゴーフォザサミット【A-B】

2月7日(水)美浦 南W(良)
【5F68.3-51.8-38.3-1F12.5】

2頭併せ内強め併入。
ゴール後も特に変化なく並走状態で1ハロン程度は長く走っていますので、上記以上には走っていると言えます。

外を回る馬は馬なりでのものでしたので、少々地味と言えば地味な内容でした。
騎乗した田辺騎手のコメントが面白いというか、的確というか、「あれっ?って感じ。今の感じであれだけ頑張れているんだと。ペタペタした感じ。走れそうな体はしてるんですけどね。」というコメントを残しています。

引用:【共同通信杯】ゴーフォザサミット軽快な動き 田辺は“疑問符”も…|netkeiba

(記事の時計と当ブログで掲載している時計が違いますが、追い切り計測で使っている時計が違う為です。コース追いは各社が自社のトラックマンを使って手動計測を行うため、少々時計に開きが出てしまいます。)

映像からは、迫力というものは感じませんでした。
重賞では善戦止まりまでと言った印象を受けますので、もう少し成長が欲しいなと感じます。

ただし、時計的な判断では前走以上の走りには期待が持てそう。
雰囲気は決して良くなかったのですが、時計から上昇気配としておきます。

コスモイグナーツ【B】

2月7日(水)美浦 南W(良)
【5F68.6-53.5-39.1-1F13.3】

単走強め。
一発だけ鞭が入っていますが、合図的な入れ方をしているので、強めまでとしておきます。

コース8分程を通っていますので、時計は参考程度でいいでしょう。
直線ではもう少し内を走っていると思います。

状態としては前走をキープしている程度です。
上昇気配とまでは言い切れない内容でした。

ジャックローズ【B-C】

2月7日(水)栗東 CW(良)
【6F84.0-67.5-52.1-39.0-1F12.3】

2頭併せ内末一杯。
時計的にはそこまで悪いというものはなかったのですが、内容的にはチグハグな印象を受けるものでした。

時計の比較では、前走の方のラストは11.7秒でしたので、馬場差を考慮しても前走の方がキレたような印象は持ちます。
未勝利戦を1戦でパスしたので力はあると見ているんですが、今回は内容的にどうなのかなと思う部分があります。

加速したかと思えば渋りだし、更に追われて加速するも、最後の部分では僚馬の方が脚色が良かったです。
急加速、減速、急加速、減速というのを繰り返していたような、そんな最終リハでした。

デキは前走の方が良かったのではないかと見ています。
もしかすると、間隔が近いこともあり、疲労が抜けきれていないということも頭に入れておきたいです。

ステイフーリッシュ【A-B】

2月7日(水)栗東 坂路(良)
【52.4-38.4-25.1-12.4】

単走強め。
ホープフルSで3着となりましたが、やはりそれだけの雰囲気は感じます。

前走時の最終リハの最後の部分は、【12.6-12.6】と停滞ラップを刻みましたが、今回は【12.7-12.4】で加速しています。
1週前の追い切りでは、全体52.8秒で走っていますので、調子は良さそうです。
全体時計も勿論ですが、最終リハで整ったと見る方がいいでしょう。

映像を観てきた中で、1番雰囲気は良かったです。
もう少し迫力が出てきたらなお良いでしょう。

トッカータ【C】

2月7日(水)美浦 南W(良)
【6F85.3-69.3-53.6-39.8-1F13.3】

単走強め。
コース5分程を通過している割には時計の根拠が乏しいと感じます。

映像を観た限りでは、バランスが崩れているのが気になりました。
頭は高く、走りに力強さも感じず、状態的には下降線を辿っているのではないかと見ています。

ブラゾンダムール【B-C】

2月7日(水)栗東 CW(良)
【6F86.7-69.3-54.2-39.9-1F12.3】

2頭併せ内末強め半馬身程先着。
脚色は外々を回った僚馬の方が良かったです。

1つ気になったのが、前走から全体時計が5秒近く遅いところ。
今回は全体86.7秒で回っていますが、時計が出てない点は非常に気になります。
それでいてラスト時計も弾けたというわけではないものとなりました。

休み明けの影響なのか、それとも単にデキが悪いのかはまだ見えてきませんが、現状では、デキ落ちと判断していいでしょう。

共同通信杯の追い切り考察まとめとオススメ馬

以上で11頭の追い切りをチェックしていきました。
最終的な更新は、2月8日23時頃に再更新を掛けますが、水曜追い切り馬の中で上昇気配を示していたのは、【A-B】評価のゴーフォザサミットステイフーリッシュの2頭の動きは、前走に比べて上昇していると感じるものでした。

【B】評価の中で、グレイルの動きは良かったですね。3馬身差先着の内容でしたので、決して悪くはないです。
あとはアメリカンワールド。贔屓目で見てしまっているのかもしれませんが、決して悪いものではなく、雰囲気ではメンバーでも上々。
ただ、手前を替えるというのは目についたので、その点ではどうかなと思う反面、手前を替えてしっかりと加速出来ている点は良かったです。

今回は、上記の4頭をオススメして終わりたいと思います。


  • グレイル
  • ステイフーリッシュ
  • アメリカンワールド
  • ゴーフォザサミット

日本ダービーではなく、
自信のあるレースを
無料提供する理由とは?

今週のターフビジョンは、『5月27日(日)東京8R 青嵐賞』の3連複勝負馬券の情報を無料提供。

なぜ日本ダービーではなく、特別レースからの無料提供なのか。
それは、ターフビジョンは黙っていても新たな会員が集まるG1を無料対象レースに選定せず、自信のあるレースを無料配信して満足して欲しいからです。

単なる注目や話題性は必要ないのです。
愚直で真面目な情報をもって会員様にただただ満足して欲しい。想いはそれだけです。

『5月27日(日)東京8R 青嵐賞』の情報が欲しい方は、5月27日(日)13:00までにご登録下さい。
同時刻をもって締切&配信となります。

余裕を持ってのご登録をお待ちしております。

今、あなたの馬券に必要なのは、目に見えない情熱ややる気ではなく、94.8%の高い信頼に応える情報分析なのです。

【登録無料】ターフビジョン公式はコチラから

-追い切り情報
-

お小遣いを貯めるならこの方法!

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。