共同通信杯 2017 予想|堅い決着となりそうですが馬連とワイドの2点勝負で

シェアする

こんにちは!
爆穴ブログ管理人のリッキーです。
本日もご覧いただきありがとうございます。

この記事では、共同通信杯の予想について、最終見解と共に書いています。
クラシックに繋がる注目レースで、今年もここからクラシックを勝つ馬が現れるのか楽しみですね。

週半ばに公開した追い切り記事を中心に、予想を行っていきたいと思います。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/kyoudoutuusinhai-2017-oikiri/”] [/blogcard]

スポンサードリンク

共同通信杯の最終見解

共同通信杯が実施されるのは東京1800Mが舞台。
東京2000M程の外枠不利の流れはありませんが、コーナーが3つ存在しているので外枠は割引材料なのが一般的な見解です。

東京1800M全体では以下のようなデータとなっています。

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
13631373058.8%16.4%25.4%
23727363268.7%15.0%23.5%
34321283539.7%14.4%20.7%
44351253539.1%19.9%25.2%
51837294103.6%11.1%17.0%
62844454125.3%13.6%22.1%
73933454856.5%12.0%19.4%
84243414976.7%13.6%20.2%

より数値が高いのは、内枠になっています。
スタート直後に最初のコーナーを迎えるので、外枠が不利になり易いのが特徴的なコースです。

次に共同通信杯の過去の枠のデータをチェックしてみます。

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
111099.1%18.2%18.2%
213088.3%33.3%33.3%
3311823.1%30.8%38.5%
4103116.7%6.7%26.7%
52211112.5%25.0%31.3%
6111145.9%11.8%17.6%
7113145.3%10.5%26.3%
8011180.0%5.0%10.0%

程度の差はありますが、やはり内枠が有利な傾向となっています。
特に大外8枠に関しては、複勝率がようやく2桁という状況で、枠の差を無視して考えるのは危険だと言えます。

その他、脚質をチェックすると逃げ馬のみ苦戦しているようなデータも出ています。

脚質1着2着3着以下勝率連対率複勝率
逃げ01190.0%9.1%18.2%
先行6452017.1%28.6%42.9%
差し242315.1%15.4%20.5%
追込212325.4%8.1%13.5%

頭一つ先行脚質が抜きんでていますが、逃げ馬が未勝利なのに対し追い込み脚質が2番目に高い数値を出しています。
東京の広い直線を生かせるので、後ろからの脚質の馬も積極的に選んで良さそうですね。

それでは予想です。

共同通信杯の最終予想

今回も2頭を選んで、馬連とワイドの2点勝負を行います。

1頭目は追い切りでオススメしていたあの馬

1頭目に選択するのはスワーヴリチャードにしました。
今回は好仕上がりと言えるので、皐月賞を目指してさらに賞金を加算しておきたいところでしょう。
その為か、追い切りの動きからは上昇気配を強く感じさせる内容で、仕上がりだけだけで言えば、他の有力馬にも引けを取りません。

怖いのは四位騎手の凡ミス。
個人的にはそこまで信頼している騎手ではないのは確かで、最内というのも不安な点がありますが、外々を回られるよりかは最内だったのがいいのかもしれません。
これで外々に持ち出してとかならば、ちょっと勿体ないですよね。

2頭目も人気サイドとなりますが……ヤムナシ

2頭目に選択するのはエアウィンザーにしました。

もっとも、本来であれば追い切りの内容で選ぶのであればアサギリジョーとエトルディーニュを選択するべきだと思うんですが、今回はアサギリジョーが8枠、エトルディーニュが7枠に入りました。
ややピッチ気味のエトルディーニュは、外を走らされるのは評価を落としたいです。
アサギリジョーは、少頭数とは言え8枠は買える材料に乏しいのが正直なところです。

となると、追い切り考察で4頭をオススメした中で、エアウィンザーが残りますので、迷うことなく今回は2頭目にエアウィンザーとしました。

まとめ

今年の共同通信杯は、追い切りで言えば伏兵馬の活躍もありそうですが、今回は枠の傾向を意識すると堅そうな決着ですね。
穴馬派にとっては、残念な枠となりました。

今回はスワーヴリチャードとエアウィンザーの2頭の馬連とワイドで勝負します。
馬連とワイドの買い方は、馬連1に対して、ワイド10の買い方がいいですよ。

夏競馬を絶好調の予想サイトで狙う。

7月になりました。
最も競馬で稼げる夏競馬のシーズンです。

夏競馬は「差」が出やすいので競馬予想サイトの実力差がはっきりします。

そんな中で今日は先月から絶好調を維持している競馬予想サイトを紹介たいと思います。

APLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、7/1の函館2R。

7/1 函館2R
3歳未勝利
三連単12点✕1000円
的中 1,956,400円

8-9-12(9番人気-8番人気-3番人気)での決着でした。
この荒れたレースをたったの12点で的中しています。

間違いなく普通では買えない馬券です。
この展開を読み切ったのは流石です。

そして、CBC賞も・・・

7/1 中京11R
CBC賞(G3)
三連単30点✕1000円
的中 1,660,900円

4番人気-9番人気-8番人気での決着でした。
こちらは広めに30点買いで的中です。

自信があれば絞って勝負、怪しいときは広く買って勝負。
このバランス感覚は多くの競馬予想サイトの中でもAPLIがトップでしょう。
予想の精度は間違いなく業界トップクラスですし、
APLIで勝負していけば安定してプラス収支を維持していけるでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)に登録する方はコチラ

※メールアドレスだけで登録可能です

スポンサードリンク

シェアする

フォローする