共同通信杯 2017 予想|堅い決着となりそうですが馬連とワイドの2点勝負で

こんにちは!
爆穴ブログ管理人のリッキーです。
本日もご覧いただきありがとうございます。

この記事では、共同通信杯の予想について、最終見解と共に書いています。
クラシックに繋がる注目レースで、今年もここからクラシックを勝つ馬が現れるのか楽しみですね。

週半ばに公開した追い切り記事を中心に、予想を行っていきたいと思います。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/kyoudoutuusinhai-2017-oikiri/”] [/blogcard]

共同通信杯の最終見解

共同通信杯が実施されるのは東京1800Mが舞台。
東京2000M程の外枠不利の流れはありませんが、コーナーが3つ存在しているので外枠は割引材料なのが一般的な見解です。

東京1800M全体では以下のようなデータとなっています。

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
13631373058.8%16.4%25.4%
23727363268.7%15.0%23.5%
34321283539.7%14.4%20.7%
44351253539.1%19.9%25.2%
51837294103.6%11.1%17.0%
62844454125.3%13.6%22.1%
73933454856.5%12.0%19.4%
84243414976.7%13.6%20.2%

より数値が高いのは、内枠になっています。
スタート直後に最初のコーナーを迎えるので、外枠が不利になり易いのが特徴的なコースです。

次に共同通信杯の過去の枠のデータをチェックしてみます。

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
111099.1%18.2%18.2%
213088.3%33.3%33.3%
3311823.1%30.8%38.5%
4103116.7%6.7%26.7%
52211112.5%25.0%31.3%
6111145.9%11.8%17.6%
7113145.3%10.5%26.3%
8011180.0%5.0%10.0%

程度の差はありますが、やはり内枠が有利な傾向となっています。
特に大外8枠に関しては、複勝率がようやく2桁という状況で、枠の差を無視して考えるのは危険だと言えます。

その他、脚質をチェックすると逃げ馬のみ苦戦しているようなデータも出ています。

脚質1着2着3着以下勝率連対率複勝率
逃げ01190.0%9.1%18.2%
先行6452017.1%28.6%42.9%
差し242315.1%15.4%20.5%
追込212325.4%8.1%13.5%

頭一つ先行脚質が抜きんでていますが、逃げ馬が未勝利なのに対し追い込み脚質が2番目に高い数値を出しています。
東京の広い直線を生かせるので、後ろからの脚質の馬も積極的に選んで良さそうですね。

それでは予想です。

共同通信杯の最終予想

今回も2頭を選んで、馬連とワイドの2点勝負を行います。

1頭目は追い切りでオススメしていたあの馬

1頭目に選択するのはスワーヴリチャードにしました。
今回は好仕上がりと言えるので、皐月賞を目指してさらに賞金を加算しておきたいところでしょう。
その為か、追い切りの動きからは上昇気配を強く感じさせる内容で、仕上がりだけだけで言えば、他の有力馬にも引けを取りません。

怖いのは四位騎手の凡ミス。
個人的にはそこまで信頼している騎手ではないのは確かで、最内というのも不安な点がありますが、外々を回られるよりかは最内だったのがいいのかもしれません。
これで外々に持ち出してとかならば、ちょっと勿体ないですよね。

2頭目も人気サイドとなりますが……ヤムナシ

2頭目に選択するのはエアウィンザーにしました。

もっとも、本来であれば追い切りの内容で選ぶのであればアサギリジョーとエトルディーニュを選択するべきだと思うんですが、今回はアサギリジョーが8枠、エトルディーニュが7枠に入りました。
ややピッチ気味のエトルディーニュは、外を走らされるのは評価を落としたいです。
アサギリジョーは、少頭数とは言え8枠は買える材料に乏しいのが正直なところです。

となると、追い切り考察で4頭をオススメした中で、エアウィンザーが残りますので、迷うことなく今回は2頭目にエアウィンザーとしました。

まとめ

今年の共同通信杯は、追い切りで言えば伏兵馬の活躍もありそうですが、今回は枠の傾向を意識すると堅そうな決着ですね。
穴馬派にとっては、残念な枠となりました。

今回はスワーヴリチャードとエアウィンザーの2頭の馬連とワイドで勝負します。
馬連とワイドの買い方は、馬連1に対して、ワイド10の買い方がいいですよ。

朝日杯FS〜注目穴馬発見〜

僕の個人的考察×信頼してる重賞買い目=的中の法則!

注目穴馬!?2強体制はお待ちを!?
注目穴馬:マイネルサーパス

父はミスプロの5×5インブリード、ダンチヒの5×5インブリードを持っています。
ミスプロ→ ダートの活躍産駒が圧倒的に多い種牡馬
ダンチヒ→スピード競馬の産駒が多いが現在直仔がいない。
ダート産駒が多いイメージですが、現在は芝でもバランス良く成績を残しています。

【注目データ】
2018年アイルハヴアナザー産駒 芝1500〜1800m成績
芝1500〜1,800(9-23-17/201) 複勝率19.6% 他距離比NO.1!
非常に複勝圏が多い距離になっているんです!!
また1週前追い切りが非常に良かったです。

●マイネルサーパス 美浦 単走南W良 
(69.7-54.7-39.6-13.1) 馬なり ふじお評価A+かなり良いです!
そして前走のレース内容も良かったですし、複勝圏の実績距離血統なら狙うのも全然あり!

諸々のデータ調査結果 グランアレグリア,アドマイヤマーズ、そして・・マイネルサーパス

僕はいつもこのように穴馬も考察していきます。
そのあとレース前に答え合わせをするのが・・””競馬学会さんの重賞買い目””なんです。

サイトはこんな感じです。買い目は4頭5頭前後ですが・・このサイトがマイネルサーパス入れてたら・・・・馬券は買い!と考え、穴馬狙いにシフトチェンジします。

競馬学会の朝日杯FSは無料で見れるので、一応サイトはコチラ
点数少なめなので切るところが分かります。
メール登録し、確認メールきたらクリックしてログイン。

的中実績も豊富。ほんの一部をご紹介。

この凄さ、競馬学会に登録しなければ味わうことは出来ません。よく吟味して、登録されてください。
登録費や月額費などは一切不要です。

\ 1分で登録完了! /

無料会員になる方はコチラから

登録にはメールアドレスを入力するだけです

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク