≪クイーンステークス2019≫想定騎手・推定オッズ入り出走予定馬と予想参考

札幌開幕を告げるクイーンステークスの出走予定馬情報をチェックしています。
想定騎手や推定オッズの掲載に、現時点での注目馬の紹介なども行っていて、予想参考情報なども載せています。競馬を始めたばかりの人には参考になるかな?くらいなので、生暖かい目でご覧くださいww

今回のクイーンステークスの登録馬を見ていくと、小粒揃いではあるものの、実力は拮抗していてレース自体は楽しみです。

逆に言えば、予想は難しそうです。

ここから秋の大舞台へ直接繋がるという印象は受けませんが、秋華賞2着の実績があるミッキーチャームやマーメイドSで3着のスカーレットカラーや、福島牝馬Sで3着のダノングレースなど、多彩な4歳馬が揃いました。

見どころは4歳馬となりそうな今回のレース。

まずは登録馬をしっかりとチェックしていきましょう。

クイーンSの登録馬

馬名斤量想定
ウインシャトレーヌ55○○
ウインファビラス55松岡
ウラヌスチャーム55藤岡佑
エイシンティンクル55武豊
カレンシリエージョ55○○
サトノガーネット55ルメール
シャンティローザ55藤岡康
スカーレットカラー55岩田康
ダノングレース55蛯名
フロンテアクイーン56三浦
ミッキーチャーム56川田
メイショウショウブ51池添
リリックドラマ55菱田
リンディーホップ55○○

除外対象

馬名斤量想定
カリビアンゴールド55○○
サンティール55萩野極
フィニフティ55吉田隼

推定オッズ

馬名推オッズ
ミッキーチャーム3.1
フロンテアクイーン4.0
サトノガーネット6.3
ウラヌスチャーム7.3
スカーレットカラー11.0
メイショウショウブ13.7
エイシンティンクル15.7
ダノングレース20.3
ウインファビラス27.2
ウインシャトレーヌ47.0
カレンシリエージョ78.5
リリックドラマ127.7
シャンティローザ217.5
リンディーホップ218.1

有力馬考察

ミッキーチャーム
≪牝4/鹿 中内田充正厩舎≫

【前走】VM 8着
【父】ディープインパクト
【母父】Dansili

前走のヴィクトリアマイルでは8着となりました。

しかし、レコードでの決着でしたので、2番手追走からよく8着に粘ったとも言えるかと思います。前が止まらない高速馬場というのも手伝っての結果だと思いますが、ハイレベルな1戦を8着で終えられたのは前向きに見ていいはずです。

今回は休み明けのレースです。

前走から11週程度であれば、秋華賞時がそのくらいの間を開けての出走でしたので問題ないと見ることもできます。

昨年函館と札幌で3連勝を挙げて夏の上がり馬とって秋華賞に挑みました。クイーンSを勝って秋のエリ女へ挑む目論見通りになるか。

フロンテアクイーン
≪牝6/鹿 国枝栄厩舎≫

【前走】VM 15着
【父】メイショウサムソン
【母父】サンデーサイレンス

前走のVMでは、後方のままと見せ場は全くありませんでした。9人気と見込まれていない点もありましたが、ここまでG1とは無縁の成績が続きます。

重賞自体も、2走前の中山牝馬Sで悲願の初勝利と、これまでの≪3.9.3.11≫という成績からは、堅実な走りまでで、勝ちきれない競馬が続いていると見ていいでしょう。

それだけ決め手がないと評することができます。

前が潰れて、後ろも追走に脚を使うという絞られたレースでしたか勝てていないとも言えるので、そういうレースになりそうであれば積極的に狙っても面白いか。かなり狭いところが勝ち戦の条件となるイメージがあります。

サトノガーネット
≪牝4/黒鹿 矢作芳人厩舎≫

【前走】五稜郭S 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Victory Note

昨年の秋華賞に出走し、結果は10着と凡走止まりでした。

連対率は50%と高い数字を残していますが、重賞レベルで通用するのかはまだ見えてきていません。

それだけ穴馬としての存在感はありますが、存在感が大きいだけで重賞クラスでは凡走を繰り返す馬もいますので、こればかりは走ってみないことには分からないとしか言えません。

前走はディープインパクト産駒らしい末脚を伸ばしてというもの。展開が味方したのもありますが、3着のマイハートビートが早めに抜け出して目標になってくれたのが功を奏したという形でした。

洋芝でも末が鈍らず走れる証明はできましたが、展開が大事にな1頭です。展開を考慮して選ぶべき1頭でしょう。

中枠から外枠に掛けてが欲しい枠でしょうか。スムーズに外を回した方が良さそうですので。

予想参考情報

競馬を始めたばかりの人に向けて、取っ付きやすいように予想参考情報を出しています。

JRAのホームページを見ると、この2年連続でG1ウィナーが優勝しているとあるように、実績馬が経験にものを言わせて好走するのがこのレースです。

2017年はアエロリット、2018年はディアドラと、ここ2年のクイーンSはいずれもGⅠウイナーが優勝している。実績馬の参戦も多く、秋の牝馬重賞戦線を占ううえで見逃せない一戦だ。

(中略)

過去10年の3着以内馬延べ30頭中23頭は、“JRAのGⅠ”において9着以内に入った経験のある馬だった。該当馬は3着内率が30.3%に達しているうえ、2013年以降は〔6・5・5・28〕(3着内率36.4%)とさらに優秀な成績を収めている。

データ分析:北海道新聞杯クイーンステークス

ご覧の通り、JRAのホームページからは、実績馬に重きを置くように書かれています。

実際、実績馬の好走が多いので仕方がないですが、それでも荒れる年もあるだけに、しっかりとチェックはしておきたいところです。

基本的に、今回はJRAのホームページのクイーンSの傾向ページを見れば簡素にまとめられているので、傾向を探りたい方はそちらをご覧ください。恐らく、今回の場合は、僕が色々と書くよりも簡素にまとめられていると思います。

現時点でのMy注目馬

最後に現時点で注目している馬について記載してこの記事を締めたいと思います。

現時点で注目しているのは、【A】人気ブログランキングです。

比較的人気馬の1頭で、伏兵馬扱いとなっています。

ここまで2勝馬と苦しい成績が続いていますが、この2走は上昇気配を示してくれました。晴れてオープン馬になりましたので、さらなる前進が欲しいところでしょう。
使われて3戦目で、ここまで順調に来ているのもプラス材料だと見ています。

大山ヒルズ経由でここに入りましたので、状態面では問題ないのではないかと思います。

水曜日の追い切りで元気な姿を見せてくれれば、前向きに買いたい1頭です。