クイーンステークス 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズ|ディアドラが登場!

こんにちは、リッキーです。

この記事では、クイーンステークスの出走予定馬情報をまとめています。
想定騎手と推定オッズを掲載した後に、有力馬考察と現時点で注目している馬についても記載しています。

昨年の秋華賞馬のディアドラが登場。
ソウルスターリングも登録していて、G1馬が2頭も出走します。
夏のレースにしてはメンバーが揃うレースの1つで、昨年のG1馬が出走していました。

やはり気になるのはソウルスターリングの復活があるかどうか。
その辺りも考察を入れていますので、最後までご覧頂けると幸いです。

クイーンSの登録馬11頭

馬名斤量想定推オッズ
アグレアーブル55モレイラ148.5
アンドリエッテ55国分恭12.5
エテルナミノル55四位18.7
ソウルスターリング56北村宏5.6
ツヅミモン51○○16.4
ディアドラ55ルメール3.5
ティーエスクライ55竹之下68.5
トーセンビクトリー55岩田34.1
ハッピーユニバンス55藤岡康225.8
フロンテアクイーン55蛯名4.7
リバティハイツ51北村友6.8

クイーンSの有力馬考察

ディアドラ
≪牝4/鹿 橋田満厩舎≫

【前走】ドバイターフ 3着
【父】ハービンジャー
【母父】スペシャルウィーク

昨年の秋華賞を制し、G1馬の仲間入りを果たすと、今春はドバイに挑戦し15頭立ての3着でした。
ルメール騎手とのコンビは今回も健在で、今回もルメール騎手との予定となっています。

エリ女と京都記念と立て続けに凡走を見せてしまいますが、ドバイの地で復活の狼煙を上げました。
海外帰りは買いづらい部分もありますが、秋華賞を制していることからもこの舞台ならば活躍できてもおかしくないはず。

ただ、展開の手助けも必要なだけに、少頭数というのはあまり歓迎できる材料ではないのは覚えておきたいポイントです。

フロンテアクイーン
≪牝5/鹿 国枝栄厩舎≫

【前走】中山牝馬S 2着
【父】メイショウサムソン
【母父】サンデーサイレンス

今年は中山牝馬Sで2着を収める走りを見せましたが、そこからまた休養に入りました。

4戦連続の2着と、重賞まであともう少しのところでいつも敗れている印象です。
2着ゲッターということではないのでしょうが、相手なりに走る反面、相手なりに手を抜いてしまうのかもしれません。

堅実に走ってくれる反面、こういう馬は買い時が難しいのも事実。

また、北海道は5歳で初挑戦と、陣営の考え的には洋芝は試して来なかったことから、あまり適正が高いということはないのではないかと見ることもできます。

案外走ったということは終わってみれば十分に考えられますが、こちらも不安要素がないということではないでしょう。

ここまで順調に来ていない点も含めて再考の余地はありそうです。

ソウルスターリング
≪牝4/青鹿 藤沢和雄厩舎≫

【前走】VM 7着
【父】Frankel
【母父】Monsun

G1を2勝と実績では最上位の1頭も、ここのところはその影が薄くなっています。
ただ、VMの走りを見ると、着差は僅かで復活に期待が掛かる走りを見せてくれました。

前走後は放牧に出されることなく、美浦に滞在。
そのことから、乗り込み量と言った心配は不要です。

昨年秋以降はG1に果敢に挑戦しての成績ですので、阪神牝馬S10着を除けば仕方がないとも言える成績。
距離は伸びても良さそうで、前走から1ハロン程度であれば問題ないはず。

もっとも、桜花賞で3着、オークスを優勝と言う成績からは、距離が伸びた方が良さそうでもあります。

ここを勝って復活となるのかに注目が集まります。
勝てるとするならばこの舞台ではないでしょうか。

クイーンの出走予定馬まとめと現時点の注目馬

重賞馬6頭が揃った1戦だけに、ハイレベルな1戦となりそう。
その他にも、マーメイドSを制したばかりのアンドリエッテや古豪トーセンビクトリーなどが顔を合わせます。

現時点で注目しているのは、3歳馬の2頭。
Fレビューを制しているリバティハイツと、シンザン記念で2着の実績があるツヅミモンの2頭を現時点で個人的に注目している馬として挙げておきます。

どちらも斤量51kgで挑める舞台。
今回はG1馬も揃った中でのレースですので、この斤量差でもと思うところはありますが、今年の牝馬路線は決して楽な競馬だけをしてきたわけではありませんので、期待が持てる2頭です。
いずれも桜花賞では1桁着順を死守。
リバティハイツは、アーモンドアイから0.7秒差の成績であれば、まだ見直せるか。
2着のラッキーライラックとは0.4秒差の2馬身差という成績ですので、十分にこの斤量で叩いに挑めるでしょう。

また、ソウルスターリングの馬体は、ここを獲りに来たというわけではないはずですが、それでも復調気配を感じます。
オススメするほどの人気ではない、要は穴馬要素にはなり得ない1頭ではありますが、ここで完調を見せて秋の大舞台でまた活躍していくことも十分にありそうです。

ただ、注文を付けるなら、追い切りの映像を見る限りでは、1週前の時点でやややる気が薄いのも気になります。
耳が立ってしまっているので、集中力がどうなっているのかというのは、今週の追い切りでチェックしていきたい項目です。

逆に、現時点で不安視しているのは、【不B】人気ブログランキングです。

1週前の追い切りでは、まだ7割のデキでもないんじゃないかと感じる動きを披露しています。
【不B】馬は、1週前の追い切りの映像が更新されていますが、やや息の入り方が悪いそうな気配。
順調に来ているというよりも、ここを使って秋の大舞台に挑んでいきたいという表れの可能性も。

勿論、地力だけであっさりとということも含めて考えなくてはいけませんが、G3にしてはメンバーが揃った1戦ですので、7割程度の仕上がりでは厳しいのでは。

ユラノト買えなかった雑魚wwwwwwww

今年のフェブラリーSが終わりました。
買ったのは断然の人気に応えた形の武豊騎手騎乗のインティでした。

2着にもゴールドドリームと堅い決着。馬連と馬単までの人は、この2頭さえ買っていれば的中となったわけです...。

しかし、問題は3連系の馬券を買った人で、3着のユラノトを買えたか買えなかったという部分。

  • 福永騎手を信頼できなかった。
  • 根岸Sの内容を評価しなかった
  • 8人気は買えない
  • 名前が弱そうww

切った人は色々な事情で買い目から消してしまったという人が多かったと思います。

僕はというと、意気揚々とフェブラリーSを終えることができましたが、某掲示板で面白ネタを探していると、『ユラノト買えなかった雑魚wwwwwwww』というスレが立っていました。

意外にも、買えない人が多かったんだなと思いました。

逆に、僕はなぜ買えたのかというと、≪利用者10万人の競馬指数「うまコラボ」
というサイトを参考にしていたからです。

\ フェブラリーS的中! /

うまとみらいとをチェックする

うまコラボは指数で結果を残し続けています

うまとみらいとは、説明がメンドイのですがww、自分が主に使っているのは『うまコラボ指数』というものです。
指数という名の通り指数を提供してくれています。

先週はフェブラリーSの指数が、そして今週は中山記念の指数が無料公開されるのですが、実は各競馬場の午前中のレースも無料で提供されています。

指数上位6頭には要注意、積極的に買いたいところなんですが、ちなみに、フェブラリーSの指数はこんな感じでした。

インティ 指数順位1位
ゴールドドリーム 指数順位5位
ユラノト 指数順位3位

ゴールドドリームが指数5位というのは驚きましたが、一方でユラノトを高く評価している指数が算出されていました。

これがあったらフェブラリーSを的中させることができたかもしれません。

ユラノトを買えずにフェブラリーSをハズシたあなた、今週の中山記念はうまコラボ指数を使って、的中を導き出しましょう!

\ 指数と言えばコラボ指数 /

無料会員登録を行って無料指数をチェックする

メールマガジンに登録するだけで指数を見ることができます