クイーンカップ 2017 予想|1頭は伏兵馬を狙って馬連とワイドで

こんにちは!
爆穴ブログ管理人のリッキーです。
本日もご覧いただきありがとうございます。

この記事では、2月11日に実施されるクイーンCの最終結論と予想について書いています。

最終追い切りをまとめても尚難しいレースという印象が拭い去れませんが、その他の気になる部分や枠が出てからの見解などから、今回も馬連とワイドで挑みたいと思います。

クイーンCの最終見解

今回はフルゲートの16頭立てです。
しかし、東京1600Mは最初の直線が長いため、内外の有利不利はさほどありません。

それでも、内は包まれて身動きができず、外は外々を回されるため基本的には不利になり易いコースとして有名です。
比較的中枠の馬が好走してくるので注意したいポイントです。

次に、クイーンCの過去の枠のデータから傾向を探し出します。

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
1021160.0%10.5%15.8%
2013160.0%5.0%20.0%
34111321.1%26.3%31.6%
4000200.0%0.0%0.0%
53221315.0%25.0%35.0%
6111175.0%10.0%15.0%
7123145.0%15.0%30.0%
8110185.0%10.0%10.0%

やはり中枠が有利な傾向が出ていて、内枠と外枠は大した数値を残せていません。
4枠のみ1頭も馬券内に入っていませんが、過去を見ても2番目に平均人気が悪く、この10年でオメガハートランドの3人気が最高人気となっていますので、仕方がない部分もあるかもしれません。

5枠からは10人気のプリンセスメモリーが2着に入ったりしていますが、逆に言えば、中枠に人気馬が入ればある程度堅いという見方もできます。
伏兵馬や穴馬が走るのは、比較的外枠からという見方ができるデータがありますので、一発を狙う方は外枠に注目してみてはいかがでしょうか。

ただ、このクイーンCは、比較的堅いレースが多く、あまり穴馬らしい穴馬が走ったということはありません。

勝ち馬はいずれも4人気以内からで、2着に10人気の馬が1頭走り、3着には8人気までの馬しか好走していません。

人気1着2着3着以下勝率連対率複勝率
1421340.0%60.0%70.0%
2313330.0%40.0%70.0%
3130610.0%40.0%40.0%
4202620.0%20.0%40.0%
501180.0%10.0%20.0%
600280.0%0.0%20.0%
701090.0%10.0%10.0%
801270.0%10.0%30.0%
9000100.0%0.0%0.0%
1001090.0%10.0%10.0%
11000100.0%0.0%0.0%
12000100.0%0.0%0.0%
13000100.0%0.0%0.0%
14000100.0%0.0%0.0%
15000100.0%0.0%0.0%
1600080.0%0.0%0.0%

比較的堅いレースとして毎年行われていますので、あとは買い方で差をみせていかなくてはいけない重賞だと認識しています。
その点では、ある意味難しいレースですね。

さらに、今回は最終追い切りをチェックした限りでは混戦模様です。
ある程度オッズも混戦となると思いますので、まずはこのレースを取ることに全力をあげたいですね。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/kui-nkappu-2017-oikiri/”] [/blogcard]

最終予想

1頭目は追い切りで1番目にオススメしたあの馬

1頭目に選択したのはアエロリットです。

今回は、中間の動きから上昇気配を感じる好内容のものを消化しています。

鞍上の手ともあっているはずで、ここは好勝負に期待が持てます。
デビュー戦を快勝した東京に舞台が戻るのは歓迎材料。

今回は楽に先行出来ると思いますので、あとはこの馬の特徴である粘り腰が活かせれば。

2頭目はこのレースで穴馬を狙うのは怖いものの

2頭目に選択したのはスズカゼです。

追い切りでは上昇気配漂わせる好内容のものを消化。
恐らく人気がない1頭ですので、2着3着のヒモ荒れに期待したい1戦。
その中で、私の目論見通りだと筆頭候補になるはずです。

前走は自分らしい先行しての1戦でしたが、これまではやや後方に下がってのレースでした。
レースの幅が広がったのは前向きに見たいですね。

クイーンCまとめ

今回のクイーンCは、アエロリットとスズカゼの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

正直言って、自信度はCくらいです。
もっとも、何基準の自信度かは分かりませんし、普段、自信度なんて言葉は使いませんが、追い切りの時点で難しいなと感じた今回のクイーンC
枠を見てもパッとした馬がいないし、さらに追い切り好調馬と名前を挙げた馬が基本的に内外に分かれてしまったので、この際なので評価順で買うことにしました。

以上、クイーンCの最終見解と予想でした。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク