【神戸新聞杯2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ|ダイヤモンド秋初戦!

菊花賞へと続く神戸新聞杯。これまでも多くの名馬がこのレースを制し、菊花賞へ駒を進めています。

今年は、日本ダービーで2着のサトノダイヤモンドがこのレースで秋の初戦を迎えます。セントライト記念ではディープインパクト産駒が大活躍。このレースでも、やはりディープインパクト産駒に注目しなければなりませんね。

それでは登録馬17頭を見ていきたいと思います。

出走予定馬

第64回 神戸新聞杯(G2) 第1回特別登録17頭

サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 馬齢 2400m 芝・右 外

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ(月曜15時頃掲載)

  • アグネスフォルテ 56.0 松山 155.5
  • アドマイヤエイカン 56.0 — 71.5
  • イモータル 56.0 浜中 29.0
  • エアスピネル 56.0 武豊 3.3
  • カフジプリンス 56.0 岩田 40.9
  • サトノダイヤモンド 56.0 Cルメール 1.6
  • ジョルジュサンク 56.0 — 36.7
  • トゥルーハート 56.0 秋山 374.8
  • ナムラシングン 56.0 池添 8.9
  • ヒルノマゼラン 56.0 古川 307.4
  • マイネルラフレシア 56.0 松若 117.3
  • ミッキーロケット 56.0 和田 14.5
  • メゾンリー 56.0 — 334.1
  • レッドエルディスト 56.0 四位 10.1
  • ロードヴァンドール 56.0 太宰 189.7
  • ロードランウェイ 56.0 川須 529.9
  • ワンスインアライフ 56.0 北村友 183.0

有力馬は2頭

サトノダイヤモンド

【前走】日本ダービー2着【父】ディープインパクト【母父】Orpen

皐月賞では1番人気に支持されたものの、星の如く現れたディーマジェスティーとBIG3の一角マカヒキの末脚の前に敗れた。

日本ダービーではマカヒキと同じ位置取りで徹底的にマークし、マークされるような形となるも、マカヒキの前に敗れた格好。

G1の舞台では善戦止まりで、あと一歩のところで敗れている。

皐月賞と日本ダービーでマカヒキに2度も敗れたことで、勝負付けが済んだとも言える。もちろん、日本ダービーの着差を考えれば逆転も可能だが、2度も敗れたことで勝負付けが済んだ印象は強い。

ただ、マカヒキが凱旋門賞で不在の為、国内では秋競馬では出てこない。日本ダービーの力を出すことができれば、ここでは1強の様相。

関東の菊花賞トライアル「セントライト記念」では、ディーマジェスティが着差以上の強い競馬で制したことで、関西のトライアルはサトノダイヤモンドの強さに期待がかかる。無様なレースはできないはず。

エアスピネル

【前走】日本ダービー4着【父】キングカメハメハ【母父】サンデーサイレンス

春のクラシックでは皐月賞4着、日本ダービー4着と好走止まり。ただ、日本ダービー3着馬のディーマジェスティとは2馬身の開きがあった。

皐月賞では不利があったとはいえ、半馬身も3着馬のサトノダイヤモンドと開いているが、着差以上に上位3頭との開きがあるのは誰の目で見ても分かる。

ただ、早熟傾向があり成長力に疑問が残るディープインパクト産駒に対し、こちらは普通型の成長曲線を描く馬が多いキングカメハメハ産駒。

ただ、1週前追い切りでは、栗東CWで3頭併せから1馬身弱遅れる動き。それでも時計は6F81.1-1F12.6と、最終追い切りでどこまで仕上げてくるか前向きに見れる時計。

最終追い切りの動きを見てから、判断を決めたい。

注目馬はあの馬の同じ厩舎のあの馬

レッドエルディスト

【前走】日本ダービー9着【父】ゼンノロブロイ【母父】Darshaan

この春は青葉賞2着から日本ダービーへと進んだ。そのダービーでのレース内容は悪くは無かったものの、明らかに地力で上位陣に敗れた格好となった。

しかし、1週前の追い切りでは、エアスピネルとの3頭併せ。1馬身弱先着したのはレッドエルディストだった。

エアスピネルに跨ったのは武豊騎手。相手が動きすぎたとのコメントを残しているものの、この1週前の時点で0.2秒前に出ていた。

青葉賞では33.9秒、日本ダービーでは33.7秒の上り脚で駆け抜けており、末脚に期待がかかる1頭。

スタートが上手ではないものの、キレ勝負に持ち込めれば上位進出は十分に可能で、春の勢力図を塗り替える1頭にもなれるのではないかと見ています。

このレースの注目したい1頭です。

2018年もいよいよ残りわずか。
今年こそは競馬でプラスを望んでいませんでしたか?

『平成最後の』という言葉を最近よく目にするようになりました。
いよいよ来年の春には平成の世の中が終わり、新しい年号へと突入していきます。

今年の秋は、勿論ですが、平成最後の秋となります。

さて、突然ですが、あなたは2018年の初めに何を心に決めましたか?

競馬を愛する人は、もちろん『金運上昇』ではないでしょうか。

多くの悩みの殆どは『対人関係』か『金銭問題』です。

競馬をやる人は、初詣では言わずとも、その年初めの競馬に参加するタイミングで『初競馬』と言って験を担ぎます。
今年は勝てるように頑張ろうと思うものです。

さて、2018年の馬券の回収はどうなっていますか?

春先から好調だった人や、夏競馬で大きく負けを作ってしまった人。
夏競馬までは負け続きだったけれど、夏競馬で一気に負けを取り戻した人。
2018年はとにかく安定して勝てている人。

あなたはどのタイプですか?

今年こそはと思って競馬を始めても負けている人は、これまでの買い方や参考情報を変更して馬券を買うことも念頭に秋競馬に挑んだ方がいいです。

そこでご紹介したいのは『うまとみらいと』です。

\ 『金曜競馬CLUB』でもお馴染み! /

無料のお申し込みはこちら

※登録に必要なものはメールアドレスのみ

『うまとみらいと』の最大の特徴は、無料登録すると3つのサイトのサービスを利用できるという点です。

そんなお得なことってありますか?

そもそも『うまとみらいと』は、「競馬の殿堂」・「うまコラボ」・「HIT MAKE」の3つのサイトを吉成周蔵氏が統合して生まれたものです。

『うまとみらいと』に登録すれば、3つのサービスを一気に利用できるということになります。アカウントを作成すれば、3つのサイトを横断できると考えるといいでしょう。

この3つの中で、この文章を読んでいるあなたに1番にオススメしたいのが、指数攻略サイトの『うまコラボ』です。

指数を使って出走馬の力関係を明確に提示してくれますので、力関係はよく分からないレースでも、誰でも簡単に力関係が分かります。

もちろん、指数を使えば馬券が当たるのであれば、みんながみんな指数を利用しています。そう簡単にいかないのが競馬の面白いところでもあります。

しかし、予想のとっかかりがあるのとないのとでは、断然とっかかりがある方が良いです。予想の軸を決めることができるので、時短にも繋がりますから。

うまとみらいとに登録すると、うまコラボ以外にも、競馬の殿堂やヒットメイクを利用することができます。

『競馬の殿堂』は、完全無料主義を貫き、会員との信頼関係を第一に考える鈴木健一氏が作成したコンテンツサイトです。

うまコラボをオススメしていますが、指数が自分には合わないと思ってからでも、他のコンテンツが豊富だから損をした感じは受けないはずです。

登録に掛かる時間は2分も必要ありません。メールアドレスを用意して登録すると、すぐに自動折り返しのメールが登録したアドレス宛に届きます。そこに記載のURLをクリックすると本登録が完了、各コンテンツを利用できるようになります。

簡単登録で3つの統合されたコンテンツを利用できる。
『うまとみらいと』は、これまでの常識を覆す、とっておきの競馬情報サイトです。

この後の無料公開対象レースは以下の通りです。

■11/18(日) 京都11R マイルチャンピオンシップ(G1)
■11/25(日) 東京11R ジャパンカップ(G1)

今登録すれば、G1レースの指数を無料で見れるので、あなたの馬券に大きく影響するはず。

もちろん、毎週午前中のレースは無料登録でご覧いただけるので、これを使って午前中に資金を増やして重賞でデカく勝負することも可能です!

あなたもうまとみらいとに登録して、うまコラボの指数を使い倒してください。

\ 100%本気の情報をあなたに /

無料のお申し込みはこちら

※無料でご利用になれます

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク