初めて馬券を買おうと思っている人へ知っておいて欲しいあれこれ

こんにちは、毎週末重賞になるとむくッと起き上がる@リッキーです。

あなたは今、馬券を買おうとしていることと思います。

今すぐ馬券を買おうとしている方には不要な情報かもしれませんが、買ってみたいなと思われた方に読んで欲しいということで書かせていただきました。

私自身、毎週末、主に即PATにて馬券を購入していますが、そんな私が「これは購入前に知っておいた方がいいと思う」点を挙げておきたいと思います。
ご参考になれば幸いです。

尚、馬券の買い方を指南している訳でも、馬券の買う方法を指南している記事でもありません。心構えみたいな話です。

馬券を購入する前の注意点

全てが自己責任の世界。もしもの時は誰のせいにもできない。

まず、馬券は完全に自己責任の世界です。
国から馬券を買えと言われることも、会社から馬券を買えとも言われません。

あなたの趣味が、あなたの興味が競馬にあるだけで、馬券購入の可否は誰の強制も受けていません。

買わなければ儲かることはありませんが、買えば損をすることはいくらでもあるわけです。

強制されたわけではありませんから、損をした場合は全て自己責任です。
100万円を失っても誰も補償してくれません。1億円でも同様です。

また、ギャンブル浪費で作った借金には、自己破産ができないことも有名です。
自分の私利私欲の為のお金に、他人を巻き込むなということ。

勿論、最終的には自己破産に近い処置で助けられたという方も多いですが、それだけ中毒性を持つのがギャンブル全般に言えることです。

一時の感情に流され、あの快感を忘れられずに繰り返し借金をしてしまう。
残念ながらそんな人もいるそうです。
お金が無くなるほどの馬券の購入、特に生活に必要なお金を絶対に使わないということは絶対守るべきルールです。

馬券の購入には、お金が無くなるというリスクがあることは十分に理解してから始めるべきです。

そして、損をしたからと言っても誰のせいにもしないこと。
特に多いのが、友達や同僚と競馬に行くと、どうしても知識をひけらかし講釈垂れる人間がいます。

「これ絶対に来るから買っておいて損はしないよ」
「え、この馬切ったの?(馬券の買い目から外すこと)さすがにこの馬は来ると思うんだけど」

こういう風に、他人の馬券にケチを付ける人や偉そうに自分の知識をひけらかしてくる人がいます。
自分のお金を使っていないのによくそんなことが言えるなと思うのですが、仮にその言葉を信じて馬券を買い足したり、買い目に含めたりしても、そしてそれでその馬が走らなかったとしても、その人のせいにしないこと。誰のせいにもしないこと。

最後にその情報を信じて馬券を買ったのは自分自身。
その情報を遮って、「ビギナーズラックを狙うからさ」と断ることもできるわけです。
馬券を買う買わないの権限を有しているのは、誰でもない、自分自身なのです。

人の情報を信じて損をしても、良くてもビールを奢ってくれるくらいで、殆どの人は笑って済ませます。
なんなら、自分の方が損をしているんだからさ、程度の反応を示す人もいます。

有り得ないと思うことでも、有り得るのが競馬。
競馬の世界に絶対はありませんので、全ては自己責任の下で買う買わないの判断をしてください。

都合の良い”情報”に騙されるな。簡単に情報を漏らしていいはずがない。

競走馬の調教やトレーニングを行うトレセンは特に封鎖的な社会です。俗世間とは違う世界と言ってもいいでしょう。競馬村という言葉があるくらいです。

逆に言えば、超封鎖的な社会が構成されているので、外部の人間がそう易々と中に入ることはできません。
新聞やメディアなどがインタビューなどで中に入ることが許されても、その中に入れる人は限られています。

競走馬は1頭数億円ということも珍しくない時代になりました。
歩く宝石、歩く投資商品ですので、そう容易く誰でも入れるところではないことは想像に容易いはずです。

関係者から聞いた情報や中の人しか知らない至極なタレコミと言った宣伝広告がありますが、そう簡単に他人に情報を漏らすほど社交的な世界ではありません。

中には、親類がトレセンで働いていたり、厩舎に務めている人はいます。
某ブロガーさんは、近親者が厩舎で助手をしているそう(某掲示板情報)ですが、逆に言えば、自分のところの厩舎事情は分かりますが、他厩舎、もっと言えば、トレセンは東西で分かれているので、全ての情報を網羅するには無理があるでしょう。

情報を掴んでいるからとしても、その情報は全体の1%にも満たない可能性は、当然ながら十分に考慮するべきです。

旨い情報には裏がある。特にポジショントークには要警戒。

ポジショントーク。
例えば「接客業をしていて客からクレームが入ったが、本来であればその仕事はやりたくない。しかし、責任ある立場の為に対応せざるを得ない」など、本心とは違うこと、また立場ある人間がやらざるを得ないことを指しますが、今回のポジショントークは金融におけるポジショントークの意味です。

株などを保有している市場関係者が高く売り抜けたり、自身に有利になるような発言をすることをポジショントークと言います。
あくまで市場の予測に過ぎないため、虚偽などで摘発などはされません。過剰な煽り以外はと付け加えておきます。

さて、このブログを始め、その他のブログや新聞といったメディア全般、また有料予想を提供しているサイトなど、殆どがポジショントークで構成されています。

どういうことかというと、例えば、ある馬の追い切りが凄く良かったとしても、過去のデータ上、枠順で大外になった馬の好走歴はないなどという情報を掴んでいたとしても、「大外は心配だが」と一言付け加えた上でオススメに押したり、買い目に含めたりもします。

このブログは追い切りがメイン考察の為、また僕自身が追い切り診断を得意としている(と思っている)ため「大外かー」と思いながらもオススメに挙げることはあります。

ブログなど含め、メディアの世界はシビアです。

コンスタントに当てることが出来れば、そもそも宣伝やブログランキングに登録して新規者を募る必要はありません。
口コミという時代やSNS全盛期のこの時代、ずっと当てていればSNSが黙っていないでしょう。

このブログで言えば、10万円の馬券を当てたときがありましたが、その翌週の1週間はバブルでした。
どこかしらで”このブログは10万円を当てたらしい”という情報が回ってきます。
記事を更新していないにも関わらず、アクセスがある状態でした。

しかし、数週間外れると、アクセスはガタ落ち。
凄いシビアな世界だなと感じるわけです。

これは僕のブログだけではなく他の人にも当てはまります。
もっと言えば、新聞やネットメディアや有料予想にも同様なことが言えます。

例えこれまでの収益がマイナスだったとしても、1回100万円の馬券を的中できれば、その情報の為に新聞を買ったり会員になるわけです。

その為、どうすれば配当が高くなるのか、というのはみんなが考えています。
衝撃的な的中を出すことが出来れば、それだけで宣伝ができるわけですから、誰しもが無理な穴馬狙いや高配当が望めそうな馬を狙いにいきます。
残念ながら、回収率をアピールせずに、この日にこの金額の的中を出せました!と宣伝しているところは多いです。

それはそのサイトの運営方法がそうであるので、他者である僕がとやかく言う必要はありませんが、旨い情報には裏があるというのは覚えておかなければなりません。

このブログも追い切りを前面に出している以上、多少の枠順の不利があってもオススメに推奨します。
それで的中したら、データを多用する人にどや顔ができるわけですから当然です。

え、このブログですか?
安定のマイナスですww

TwitterなどのSNSの利用には気を付けよう。画像の加工はこの時代誰でも簡単にできる。

Twitterをされている方の中には、競馬の予想を行うアカウントをフォローしている人もいるでしょう。

中には、noteといった文章を有料販売ができるサイトで予想を売っている人や、レジまぐのような有料予想家達が集まって凌ぎを削っているサイトなどもあります。

勿論、わざわざ嘘をついてまで販売している人はいないと思います。
これだけの時代になりましたので、嘘がバレたあとにどうなるのかというのはあまりにリスクが高いです。

しかし、中には嘘をついて当ててもいないのに当てたということを言う人はいるでしょう。
これだけ詐欺などが横行している時代に、競馬の予想は嘘はありませんというのはあまりに説得力が欠ける話です。

特に気を付けて欲しいのが、画像の加工です。

画像の加工というと、フォトショ詐欺というようなモデルさんを実際よりも細く見せたり、シミを消したりということを想像する人も多いかもしれません。
しかし、馬券の加工はそれ以上に簡単です。
なんなら今の時代、フォトショを使わずともブラウザ上で簡単に加工することが可能です。

そんな時代ですので、画像で例えば大きな金額を当てたという証拠を出してきたとしても鵜呑みにせず、逆に「この人の来年の税金は高いんだろうなぁ」と流すくらいが丁度良いです。

なんなら怖いのは税金問題。
大きな金額を当ててしまった場合、僕ならネット上には出しません。
なんなら、当ててないことにしてしまいます。

税金を払えとかそういうことは一旦置いといて、隠せるものなら隠し通したいのが人間。
自己顕示欲が極度に強い人以外、わざわざ高額な金額の馬券を表にして、来年クソ高い税金を払わないといけないということは避けたいというのが人間のはずです。

それでも尚、表にしなければならないというのは、つまりはそういうこと。
当たっていないものを当たったと水増ししてアピールしても、実際は当たっていないのだから、税務調査が入っても痛くも痒くもありません。

ちなみに、ブログなどで写真を公開すると、国税も証拠はしっかりと残しておくそうです。
誰かが言ってました。

そこで詐欺に問われるのではないかと思うかもしれませんが、そこにはいろんなカラクリがあるわけです。
それはまた別のお話で本題から外れるのでパスしますが、本当に心を売ってしまった人間は、色んなことを思いつくなと感じます。

何が言いたいのかというと、Twitterなどで的中情報が回ってきて「この人凄いな、この人の予想…あ、有料予想しているんだ。それなら買ってみよう。」と安易に乗らないこと。
副アカウント作成も容易な時代、いいねの偽造などもいとも簡単にできてしまいます。

頼りになるのは自分の勘。
平日のつぶやきや週末のつぶやきなどから、信頼できる人なのかどうなのかというのは判断していかなくてはいけません。

有料予想を買う買わないというのも自己責任となってしまいます。
十分に気を付けて購入を決めて下さい。


  • 馬券の購入は自己責任
  • 簡単に他人を信じない
  • ネットの情報を鵜呑みにしない

個人的体験に基づく、馬券を買う前に考えておいた方がいいと思うことをダラダラと

先発組が有利というわけではない。後発組でも十分に勝てる、かもしれない。

株式やFXなどは、残念ながらある程度の人数が揃った後に買うと負けることも多いです。

最近、仮想通貨が非常に話題になっていますが、今は完全に時期が悪いと言わざるを得ません。

例えば仮想通貨の代表格であるビットコイン。



2017年から、それまで興味のない人も参入し、バブル状態でした。
しかし、2018年になると一転して値下がりしています。

価格の変動の大きさは、株やFXをも超えると思いますし、完全に乗り遅れて、高値で掴まされた人は、新しく入ってくるかもを今か今かと待ち受けている状態、と言ってしまっていいでしょう。

競馬はどうなのかというと、後発組でも十分に勝てる要素があります。

競馬はそもそも、馬券の売上の約30%は競馬の主催者の取り分。
主催者側(JRA・地方競馬)の職員の給料の他、競馬の賞金などもこの約30%の中から出されています。

【JRAの勝ち馬投票別の払い戻し率】

投票法単勝複勝枠連馬連ワイド馬単3連複3連単WIN5
設定払戻率80.0%80.0%77.5%77.5%77.5%75.0%75.0%72.5%70.0%

単勝売上100%の内、20%がJRA側の取り分で、残りの80%の中で”当てた人”が総取りというのがオッズの仕組みと払い戻し金額が決まります。

地方競馬の場合は、主催者によりこの割合が変わりますが、概ね、35%程度に落ち着くみたいです。

その為、仮に単勝の馬券を買っている人は、試行回数が増えれば増える程、この回収率80%という数字に近づいていきます。
要は、みんな負けてしまうという考えです。

しかし、世の中には、これまで誰も考え付かなかったところに着目し、パソコンなどを使ってシステムを組み上げて、回収率100%を超える人もいます。
最近は特に、馬券の裁判などで、馬券購入者側が裁判に勝つことも多いため、ニュースをよくご覧になっている方はご存知かもしれません。

そこまでして競馬で勝ちたいと思っている人が、このブログのこの記事を読んでいる可能性は低いですが、後発組でも十分に勝てる要素があるということです。

ただし、『なんとなく』『好きな馬だから』『なんか走りそう』というような基準で買っていれば、自ずと上記の数字に落ち着いてくると言われていますので、勝つのは厳しいでしょう。

しっかりと考えを持って馬券を買って、試行錯誤を繰り返しながら馬券を買っていけば、勝てる要素があるゲームなんだろうなというのは分かります。

え、このブログですか?
安定のマイナ(以下略)

競馬のトレンドは毎年変わる。新しい情報にも目を向ける。

競馬予想ブログを読んでいると、馬場の傾向という言葉が出てきます。

そもそも芝コースは、開催期間中に芝の貼り替えができませんので、開幕したばかりの芝状態と、開催が終わりに近づいた芝状態とでは痛み方が全く違います。
基本的には、開幕したばかりの芝は綺麗な状態の為、なかなか先行馬が止まらずに、そのままゴールまで駆け抜ける、いわゆる『前残り』と言われる状況が多く目についていました。

しかし、最近のトレンドというか、芝状態を長く良い状態で保つ為に、非開催時に芝に穴を開けていき、空気を取り込んでいくエアレーションという作業を行うようになりました。

その結果、開幕したばかりの芝は、若干緩くなっていて、力のいる馬場へと変わってきました。
これは2011年頃から変化していった考えです。

『開幕週の前残りに警戒』という言葉は、昔ほど有効な方法ではありません。

しかし、踏み固められて芝が固くなっていき、尚且つ芝状態が悪くなってくると、前を走る馬が不利で後ろから綺麗な馬場を通ってくる馬が有利に働いているのも事実ですので、芝レースであれば、馬場読みというのは馬券考察において大事な傾向の1つとして捉えられています。

もっと1年以上のスパンで言えば、例えば、ディープインパクト。
彼が引退してから、ディープインパクトの血を引く馬が沢山出てきました。

彼のせいで、これまでのデータが通用しないということも。
例えば阪神芝1600M。特に牝馬は、このコースを最も得意としていますが、概ね阪神芝1600Mはディープインパクト産駒を買っていれば当たるとすら言われていましたが、直近の成績は下降気味。
大きなレースで勝てなくなるなど、ディープインパクト産駒の脅威は、他の種牡馬にとって代わろうとしています。

このようにトレンドというのが競馬にもありますので、情報を仕入れ続けるというのは馬券を当てるためには必要な事の一つです。

馬券を買うのは怖くはない。楽しんでいる人も多い。

馬券を買う上での心構え的なものを書いていきました。

ここまで読んで、買うことに躊躇しているかもしれません。

しかし、馬券の良いところは、100円から買うことが出来るということ。

JRA主催の競馬で言えば、土日祝日のみの開催ですので、週末に近くの競馬場に出かけて、入場料を払い、仲間とワイワイ言いながら興奮することもできる。
1日最大で12レースしか行われませんので、気が向いた時に、例えば、馬券に使う金額は500円までと決めて、それを遵守すれば、それ以上に負けることはありません。

仲間と楽しく遊べた場所代として500円払ったと思えば、十分に1日を満足して過ごせるのではないかと思います。

勿論、仲間といかずに一人で行く場合も一緒です。
馬が最後の直線に入った時の高揚感というものは、実際に馬券を買った人間しか分かりません。
その興奮にハマってしまうのは問題ですが、良いリフレッシュができたと思えば、決して高くない金額です。

自分のルールをしっかりと決め、そのルールに従って馬券を買う。

これを守れば、決して怖いということはありませんので、競馬を楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク