小倉記念 2018 最終追い切り評価|トリオンフは55.3秒で坂路を駆け抜ける

こんばんは、リッキーです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

ボクシングの会長さん、問題が大きくなっていますね。
自分には全く関係のないことですが、ニュースを見ているとやりすぎなところはありますよね。

個人的な事ですが、私の後輩が高校からボクシングを始めて、ボクシングで大学に行った男がいました。
全くではないのでしょうが、芽が出ずに卒業後は大手ジムのトレーナーとして就職したのですが、彼は今何をしているのだろうかとふと思い出しました。
もう4年程会ってないですね。町田だったか相模大野だったか、小田急線沿いのジムだとは聞いていましたが、今がどうなのかは知りません。

競馬とは関係ないですね。
本題へと入っていきたいと思います。

小倉記念の最終追い切りの考察を行っています。
前走からの映像やタイムを比較して、今回の仕上がりの良し悪しを多段階にて評価しています。

有力馬のトリオンフですが、個人的には輸送を考慮したとしてもちょっと物足りないかなという印象を受けました。
全く走らないということはないと思いますが、サマーシリーズを意識したというよりも、お釣りを残した状態で仕上げてきたのかなと判断したい追い切りです。

その他、色々とチェックしていますので、最後までもしよろしければご覧下さい。

小倉記念の最終追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

エーティーサンダー【C】

8月1日(水)栗東 坂路(良)
【57.2-40.9-26.6-12.9】

単走馬なり。
馬なりというのも少々気が引けるくらいの脚取りでした。

ここまで順調に使っているので軽めの調整だと思うのですが、ハンデを見込んでの出走でしょうか。
もしかしたら疲れも見え隠れしている中での出走と捉えても遜色ない仕上がりだと思いますので、デキ落ちとさせていただきます。
さすがに時計が地味すぎです。

キョウヘイ【B-C】

8月1日(水)栗東 坂路(良)
【55.2-40.1-25.8-12.9】

単走馬なり。
頭の位置が高過ぎ、そして横を見るなど集中力はないと言える内容でした。
この馬がここまで酷いのは…記憶の中にはありません。

脚捌きは特に問題ないとは思うものの、デキ自体は微妙でしょう。

サトノクロニクル【B-C】

8月1日(水)栗東 CW(良)
【6F83.1-67.1-52.3-38.2-1F11.7】

3頭併せ中馬なり1頭半馬身遅れ、1頭2馬身程先着。
マウントゴールドに先着を許しています。

口の周りが白くなっている点以外は特に悪い内容とは思いませんでした。
特に悪いところはなかったものの、逆に言えば半馬身から3/4馬身程遅れたのが気になる内容です。

馬なりは調教師の指示ということですが、涼しい顔をした馬に脚色で負けていてゴール直前でも差が開く内容。
あまり褒められた内容ではないとは思います。

叩きの1戦であることは明白ですが、仕上がりに関しては7割から8割程度。
先週長めに意欲的な乗り込みを行っていますが、それでも先週だけですので、ある程度は作ってきたというパフォーマンス程度では。

サンマルティン【B-C】

8月1日(水)小倉 ダート(良)
【6F84.4-68.0-52.3-38.5-1F12.1】

単走末強め。
ゴール後も手綱を緩められることなく走っていますので、上記以上には走っていることになります。
首の位置が高いのが気になるものの、時計的には概ねこの程度で考えていいでしょう。

小倉ダートを使っているので、その点では比較ができないので難しい判断。
ただ、輸送の事は考えなくて良いので、その点では分があるには分がある。

それにしても、首の位置が高いのが気になる。
悪くはないものの、程度で見ておくべき一頭でしょう。

昨年2着と好走した舞台ですが、その時と比較すると雰囲気や時計は殆ど変わりありません。
ただ、やはり首の位置が高いのが気になる部分です。

少し前向きに見ても良さそうなところは出ていますが、今回は前走と比較してもややデキ落ちで評価しておきます。

ストーンウェア【A-B】

8月1日(水)栗東 CW(良)
【6F82.8-67.0-52.1-38.0-1F12.2】

単走一杯。
ゴール後も手綱を緩められることなく走っているので、上記からもう1ハロン長く走っていると思います。

時計は上々で、走りの雰囲気やフォームなどには特に問題は見られません。
もう少し首の上げ下げがスムーズになると良さそうなところはありますが、追い切り映像がここまで1戦もないので評価が難しいです。

時計判断であれば、今回は上昇気配として良いでしょう。
走りの雰囲気自体は良かったので、全体的には悪いところは感じませんでした。

ストロングタイタン【B-C】

8月1日(水)栗東 坂路(良)
【53.0-38.6-25.0-12.2】

単走強め。
馬場が綺麗な時間帯ですので、時計は参考程度まで。

途中、集中力を切らしたような走りをしていましたが、堪えていた範囲とも見ることができます。
やはり集中力を切らした走りをする馬は、週末のレースでも集中力を欠いたような走りをしているので、臨戦態勢が整ったという点では疑問が残ります。

また、前脚を叩きつけるかのような走りをしていますが、いつもならもう少しスムーズな脚捌きをしている部分も感じるので、その点を含めてもどうかなと感じる部分です。

1週前に激しく動かされていますが、一息入れてややデキが落ちた印象です。

トリオンフ【B】

8月1日(水)栗東 坂路(良)
【55.3-40.2-25.8-12.4】

単走馬なり。
手が動いていたようにも感じますが、全体的には馬なりの範疇と見ていいでしょう。

今週の坂路の馬場はやや時計が掛かる馬場ではあったものの、さすがに全体55.3秒は評価出来ず。
先週はCWで長めに追われて猛時計をマークしていますが、気を付けたいのは、先週は時計が出る馬場だった点です。
これは他の有力馬にも言えますが、その点では今週の時計が余計に地味に見えてしまいます。

勿論、これから輸送を控えていますので、テンションを上げたくないというのも分かりますが、少々心配な点があるのは事実です。

マイネルサージュ【B】

8月1日(水)美浦 南W(良)
【4F54.1-38.9-1F12.5】

2頭併せ外馬なり併入。
脚色は僅かにマイネルサージュ程度で、時計が示す通り、そこまで激しい内容だったわけではありません。

それでもスピード感はありますし、馬なりにしてはスムーズに動けていますので全体的には概ね良好でしょう。
前走時に比べても大差ある仕上がりとは思いません。
若干、今回の方が動きが良かったかなと思う反面、デキ落ちはないという評価に留めておくべきかなとも思います。

マウントゴールド【A】

8月1日(水)栗東 CW(良)
【6F82.5-66.6-51.8-37.3-1F11.6】

3頭併せ内強め1頭半馬身程先着、1頭2馬身半程先着。
サトノクロニクルに先着しています。

上々の動きだったのではないでしょうか。
コーナーを回ってくる時は引きの絵だったので評価しづらい部分もありましたが、やや力んで走っているようにも見受けられます。

ただ、直線に入ってやや強めに追われるとスムーズに加速してサトノクロニクルを抜いていますので、池添厩舎的にはコチラを押したいのではないかと推測することもできます。
雰囲気は上々ですので、デキ落ちということはまずないでしょう。
時計も、今回の方が意欲的な乗り込みですので、好走に期待したい1頭です。

メドウラーク【B】

8月1日(水)栗東 坂路(良)
【54.9-39.4-25.3-12.6】

単走一杯。
しっかりと追われた割には時計がやや出ていない印象を受けますが、今週の馬場を考慮すればこの程度でも。
負荷自体は掛けていますので、これでも上々だと判断します。

デキが悪いとは感じませんでした。
やや覇気が足りない印象は受けますが誤差の範囲と見ていいでしょう。

レイホーロマンス【B】

8月1日(水)栗東 坂路(良)
【55.5-39.6-25.3-12.5】

単走馬なり。
雰囲気は決して悪くはないのですが、首の上下運動の範囲が狭いのが気になります。

あと、小刻みに脚を動かす走りなのですが、ここまでピッチ走法に近い走りをしていたのかは少々疑問も残ります。
これまでの動画を見ても、力んでいるのか、それとも走り方がやや変わったのか、いつもとやや違う印象は受けます。

上々とは言い難いものの、それでもデキ落ちとまでは言い切れない走りの範囲。
概ね良好状態でここまで来ているでしょう。

小倉記念の最終追い切り評価のまとめとオススメ馬

11頭の追い切りをチェックいたしました。

今回の追い切りで上昇気配を示していたのは、【A】評価のマウントゴールドと、【A-B】評価のストーンウェアの2頭でした。

やはりサトノクロニクルに先着したマウントゴールドは状態が良さそうです。
サトノクロニクル自身も、先週長めの猛時計を刻んでいるので、状態が一概に悪いとは言い切れない中での先着。
ここを獲りにきたという印象は強いです。

一方で、サトノクロニクルはこのさっきがある馬ですので、その点では出だしとしては上々な滑り出しを見せるのではないでしょうか。

以下、今回の追い切りからのオススメ馬です。

  • マウントゴールド
  • マイネルサージュ
  • ストーンウェア

関屋記念・エルムステークス的中!今週は地方競馬も熱い!
「走る馬の見つけ方」をファンに届けたい!
シンジケートの田端正照氏はこの想いから情報統括部部長に就任。

その田端氏以外に43名のスペシャリストを抱えるシンジケートが
先週の2重賞をキッチリ的中させてきました!

8月12日(日)的中実績
━━…━━…━━…━━…━━…━━
新潟11R 関屋記念(G3)
3連単 451,400円獲得!
新潟11R エルムステークス(G3)
3連単 38,500円獲得!
━━…━━…━━…━━…━━…━━

今週は8月唯一のG2「札幌記念」です。
地方競馬では南関東の重賞「黒潮杯」
更に中央の馬が出走するダートグレード競走。

今週は地方競馬にも強い「シンジケート」で間違いなく楽しめます!
メールアドレスを登録⇒確認メールをクリックしたら登録完了です。

【無料情報】∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟
★札幌記念(G2)
★[大井]黒潮盃(S2)含む2鞍
∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟

田端氏はじめスペシャリストの情報を1週間お楽しみください!
札幌記念・黒潮盃の無料情報を見に行く!

タダでメルマガ情報を受け取る

スポンサードリンク
ブログランキングに参加しています

もしよろしければ、1日1クリックの応援をよろしくお願いします。

  • 競馬ランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログへ

シェアする

フォローする

スポンサードリンク