小倉大賞典 2017 予想|最終追い切りから見えた好調馬2頭の馬連とワイドで勝負!

シェアする

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、小倉大賞典の最終追い切り考察から予想までを一気に行っています。
今週はブログ更新の時間をなかなか確保することができず、小倉大賞典に関しては最後の最後での更新となってしまいました。

追い切りの映像配信があった馬を全部書いていると時間が足りないので、内容を端折ってお伝えしていきます。

スポンサードリンク

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

クラリティスカイ【B】

2月15日(水)小倉 ダート(良)
【6F82.7-66.9-52.6-39.2-1F12.2】

2頭併せ内一杯1馬身差先着。追い切りの動き自体は悪いところは見つかりませんでした。

前走上昇気配の評価を下して10着なので、もしかすると追い切り関係なくというのはあるかもしれません。
それでも追い切りからは悪くはないという評価ですね。

クランモンタナ【B】

2月15日(水)栗東 坂路(良)
【51.7-38.3-25.1-12.5】

2頭併せ一杯1馬身遅れ。僚馬はヒストリカルでした。

時計自体は決して悪いものではありませんが、しっかりと踏み込み走れている中でズルズルと後退していくのは地味に見えてしまいます。

ケイティープライド【B】

2月15日(水)栗東 坂路(良)
【54.3-39.3-25.3-12.3】

単走馬なり。腕が動いているようにも感じますが、馬なりの範疇。

加速ラップを刻めていて好感が持てます。
一息入っていますが、前走の状態くらいで出走できるのではないでしょうか。

コスモソーンパーク【B】

2月15日(水)小倉 ダート(良)
【5F69.4-55.0-40.2-1F12.9】

2頭併せ末強め1馬身遅れ。遅れたものの、内容は決して悪くないと感じます。
状態は良さそうですが、もっと成長を感じさせるものでないとさすがに厳しいのでは。

ストロングタイタン【B】

2月15日(水)栗東 坂路(良)
【51.9-37.7-24.1-11.9】

2頭併せ馬なり併入。脚色はストロングタイタンの方が良かったです。僚馬は強めに追われていましたが、子供扱いしている感じでした。

追い切りの動きは、前走の中山金杯と比べて大差なし。
敗因は別にあると思うので、評価を据え置きます。

スピリッツミノル【A-B】

2月15日(水)栗東 CW(良)
【6F81.4-65.1-50.6-37.5-1F12.3】

3頭併せ強め半馬身先着。外々を回ってのこの時計は好感が持てます。

直線向いたところで前との差が3馬身程ありましたが、一完歩ずつ差を詰め、最後は半馬身程前に出る内容でした。
内容も引き続きよかったと思います。

ダコール【B】

2月15日(水)栗東 坂路(良)
【53.4-39.1-25.3-12.7】

単走強め。反応していない印象を受ける内容でした。
厳しいのでは。

ダノンメジャー【B】

2月15日(水)栗東 CW(良)
【6F83.9-67.9-53.2-38.9-1F12.7】

2頭併せ外馬なり2馬身程先着。最後は僚馬がだらしない動きになりましたが、ダノンメジャー自身の好調さも感じられます。

前走は調整程度の最終追い切りでしたが、今回はゴール後に動かされる内容でした。
非常に伸び脚が豊かですし、調子がいいのではないかと思います。

パドルウィール【B】

2月15日(水)栗東 CW(良)
【6F83.5-67.7-52.7-39.0-1F11.6】

単走末強め。最後だけしっかりと追った形も、11.6秒は上々の時計です。

追われてからの反応が良かったですね。
脚の回転はそこまで早くないので、飛んでいるような感じの走りが特徴です。
前走の疲れは感じません。

ヒストリカル【A】

2月15日(水)栗東 坂路(良)
【51.3-38.0-24.8-12.2】

2頭併せ末強め1馬身先着。僚馬はクランモンタナでした。

クランモンタナの動きが地味に見えてしまうので、それを引っ張るような評価をしてしまいそうですが、今回は全体51.3秒でも最後は加速ラップで終えるなど、この馬にしては速い時計と珍しい加速ラップで終えています。

フルーキー【B】

2月15日(水)栗東 CW(良)
【6F87.3-69.7-53.8-39.3-1F12.2】

3頭併せ内末強め半馬身遅れ。時計は悪くないものの、外を走る馬が手綱を引かれながらの内容で、見た目は地味に映ります。

少々疑問を感じる内容で、デキ落ちを少し感じます。
一息入って、休み明けの影響があるのかもしれません。

ベルーフ【B】

2月15日(水)栗東 CW(良)
【6F81.8-66.3-51.9-37.9-1F12.3】

2頭併せ内強め半馬身先着。先着はしたものの、アタマの位置が高いのが気になりました。

時計が良かったので、その点だけが気になります。
追ってる方も、手ごたえを感じて無さそうにも見えます。

レッドソロモン【B】

2月15日(水)栗東 坂路(良)
【53.3-37.7-24.3-12.2】

2頭併せ一杯併入。加速ラップを刻んでほしかったですが、この馬は最後に時計を落とすのが普通なので、いつも通りの調整と言えるでしょう。

ロードヴァンドール【B】

2月15日(水)栗東 坂路(良)
【54.9-38.9-25.2-12.6】

単走馬なり。馬が走る気になっているのか微妙なところで、集中力がやや足りていない印象を受けるものでした。

良くも悪くも前走程度の仕上がりだと思います。

小倉大賞典の最終見解

以上、追い切りを簡単にですが振り返っていきました。
今回の追い切りで上昇気配を見せていたのは、【A】評価のヒストリカルと【A-B】評価のスピリッツミノルの2頭でした。
【B】評価の中では、クラリティスカイ・ストロングタイタン・ダノンメジャー・パドルウィールは好感の持てる仕上がりにまでなっていると感じました。

それでは予想に繋がりそうな傾向などを見ていきたいと思います。

まずはなんと言っても、枠別の成績が特徴的ですね。

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
12411310.0%30.0%35.0%
22211410.5%21.1%26.3%
32211510.0%20.0%25.0%
4102175.0%5.0%15.0%
5101175.3%5.3%10.5%
6003160.0%0.0%15.8%
7021170.0%10.0%15.0%
82001810.0%10.0%10.0%

内枠が有利なデータが出ていて、これは小倉1800Mの枠別の成績でも同様に内枠が有利な傾向が出ています。
外枠が来ないということはありませんが、内枠から多くの穴馬も出ていますので、注意して見ていかなくてはいけません。

このことは、他のブログでも言及されています。

過去5年間の枠順別成績はこうです。

≪中略≫

5枠、7枠、8枠は1頭も3着以内馬をだしておりません。7枠、8枠は無条件で消しです。

6枠も3着馬をだしているだけで連対馬はだせておりません。

その6枠で3着に来る条件は

  • 前走が重賞であること。
  • 前走で5番人気以下もしくは着順が5着以内。

となっております。5枠、6枠にこれを適用すると、⑨パドルウィール、⑩ケイティープライド、⑫フルーキーが該当しますので、これら3頭は残すことにします。

単勝オッズ100以上の馬もまず来ることはありませんので、④コスモソーンバーグは消します。

小倉大賞典2017 予想 | 音速で諭吉が飛んでくる競馬予想

ということが書かれています。
上のブログは、最近ブログを開設されたペプシさんという方のブログで、オッズを基に予想される方です。
Z1・Z2・Z3・Z4に細分化して馬券に組み込まれていて、京都牝馬Sでは見事的中していました。
これから来る予想家さんになるかもしれませんので、もしよかったらCheckされてみてください。

[blogcard url=”http://kousoku-keibayosou.com/kokuradaisyouten2017yosou/”][/blogcard]

外枠はこの5年間来ていないということで、私の手元のデータも一緒です。
この部分は非常に大事なデータではないかなと思います。

追い切り考察とこの枠の部分を大事にして、予想を行っていきます。

ちゃちゃ
ちなみに、その他だと先行馬が有利で、期待値があるのは逃げ馬なんですよ
こてつ
逃げ馬の単回収値342円と複回収値106円は優秀だな
ちゃちゃ
人気別だと、1人気の複勝率50%で、6人気の馬と変わらないのも特徴です
こてつ
5人気・6人気・7人気・10人気の単回収値と複回収値がいずれもプラスになっているってのも付け加えておくぜ
こてつ
また、高齢馬の活躍も目立つレースだから、若い馬ばかり狙うんじゃなくて経験を積んだ馬を狙うのも良い作戦だぜ

小倉大賞典の最終結論

それではいつものように2頭を選んで、馬連とワイドで勝負です。

1頭目に選んだのは内枠のあの馬

1頭目に選んだのはストロングタイタンにしました。
今回は内枠からのスタートで、脚質的にも合うこの舞台はベストです。
小倉実績も豊富で、小倉成績は2連勝を含む【3・0・0・0】と勝率100%。

前走は伸び脚を欠きましたが、追い切りの動きは今回も非常によく、巻き返しに期待が持てる内容でした。

2頭目に選んだのは外枠ながらも追い切りで動いたあの馬

2頭目に選んだのはヒストリカルにしました。

今回は7枠からのスタートで、この5年で馬券になっていない枠です。
その点は非常に悩みましたが、追い切りでは加速ラップで終える内容で、時計も優秀でした。
調子がいいのは間違いありません。

今年8歳となりましたが、ここまでの重賞では1秒以上離されたレースがなく、G1天皇賞秋でもモーリスに0.8秒差まで迫りました。
後方から脚を伸ばすタイプで、その点はもしかすると危険かもしれません。
小倉初コースですが、福島でも結果を出しているので、小回りは苦にしないはずです。

追い切りの動きが良かったですので、積極的に狙ってみたいと思います。

まとめ

今回は、ストロングタイタンとヒストリカルの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

馬連とワイドの割合は1:10がオススメです。
馬連1に対しワイド10で、馬連が外れてもワイドで狙えるという買い方です。

以上、小倉大賞典の予想でした。

メインレースの穴馬を60%以上予測している極旨コンテンツ!!

夏競馬は、穴馬狙いな好きにはタマラナイはず。
夏を走る馬は駄目馬ばかり...そう思っている人も多いかもしれませんが、ハンデ戦がメインとなる夏競馬
穴の予感したらココの『利益穴馬』を確認してください。

【毎週、本命+穴馬予想&毎週10レース無料公開】
波乱の夏重賞も含め名のあるレースの穴馬を予測済み。

以下を見てください。
7月7日、8日10レース中6レース三連単的中!!
しかも穴絡みの三連単!!これは必見です。

8日★福島10R/13★中京11R/13★函館11R/02,10
7日★福島9R/04★中京11R/12★函館12R/12

7月1日、6月30日も6レース三連単に利益穴馬が絡む高精度。

左枠の本命馬は3頭中2頭がくる確率も高く、手堅くいきたい場合も参考になります。

それに穴馬も予測済なので信じるに値する夏競馬仕様の予想と思います。

なので、見ておいて損はなし!
これが毎週無料公開!

今すぐ会員登録する方はコチラ

この無料予想での買い方は、本命馬3頭内を軸で組みたて+穴馬5頭を単勝倍率により掛け金変更調整=利益確保でき、プラス収支と同時に穴で一気に高配当へ。

穴馬のうち2頭を逆に軸にし2頭+本命3頭をうまく絡ませるのもありなのかなと。。。

無料予想で本命も穴馬もこれだけ精度高ければ、自信をもってお薦めできます。
メアド登録のみで無料予想が週末見れます。

無料予想の『利益直結馬』は
土曜日のレースは金曜日20:00までに公開
日曜日のレースは土曜日20:00までに公開

今すぐ会員登録する方はコチラ

※メールアドレスのみで登録できますが、メールアドレス入力後に登録をクリックして、リターンメールに記載のURLをクリックしなければ登録されません。登録されない場合は、コンテンツをご覧になることは出来ませんのでご注意下さい。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする