北九州記念2016出走予定馬|想定騎手と推定オッズ

この記事では北九州記念の特別登録を行った13頭と、想定騎手と推定オッズの掲載を行っています。

アイビスSDを制したベルカントや、3着に入ったプリセンスムーンなどが出走してきました。

ハンデ戦で行われるレースだけに、今年の北九州記念も荒れることも視野に入れてから見ていきたいと思います。

出走予定馬

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • オウノミチ 54.0 川田 6.8
  • ジャストドゥイング 54.0 石橋 10.7
  • バクシンテイオー 54.0 — 12.9
  • プリンセスムーン 54.0 北村友 8.6
  • フルールシチー 50.0 義 23.4
  • ベルカント 56.0 Mデムーロ 1.8
  • ベルルミエール 53.0 太宰 21.4
  • マイネルエテルネル 54.0 和田 18.9
  • メイショウライナー 54.0 Dバルジュー 56.3
  • ヤマニンプチガトー 51.0 村田 112.9
  • ラインスピリット 55.0 幸 80.0
  • ラヴァーズポイント 51.0 松若 7.2
  • ローズミラクル 54.0 松山 20.2

有力馬考察

ベルカント

前走はアイビスSDを優勝。父サクラバクシンオー、母父ボストンハーバー。

ハンデ戦ということで、斤量は56kgと背負わされた印象。前回同斤量を背負ったのはダートのレースで、柴のレースでは初。

ただ、CBC賞では55.5kgを背負って3着に入った。CBC賞では休み明けということもあったが、今回は順調に使われての3戦目。サマースプリント連覇へ向けて視界良好といえそう。

オウノミチ

前走はバーデンBCで1着。父オレハマッテルゼ、母父スターマン。

スピード勝負となったバーデンBCを制した逸材で、今後が楽しみな1頭。そのバーデンBCでは、序盤から各馬が前に詰めかけ速い展開となった。先行勢が大きく崩れていないのは、スローの流れになったからではなく、後方組も追走に脚を使ったからとも言える内容だった。

5歳のこの夏の時期に花咲く馬も多く、才能の片鱗を見せた1戦だった。

斤量は前走から2kg重たくなる今回は、初重賞でも試金石の1戦となる。

ラヴァーズポイント

前走はCBC賞で2着。父マイネルラヴ、母父タマモクロス。

前走は斤量50kgと恵まれた印象もあるが、ベルカントに先着しており地力は比較的高いと言える。ハンデ差があっても、地力が無ければそもそも走れない。

昨年のこの時期は函館にいたものの、2年のこの時期は小倉で暑い夏で結果を残した。

ここまで小倉成績がズバ抜けており、デビュー戦は小倉で行われた新馬戦で1着。小倉で大きく負けたのは3歳時の萌黄賞の13着のみ。通算4勝のうちの3勝は小倉で勝ち星をあげており相性は抜群。

相性だけでは勝てるメンバーではないものの、近走の充実から言えば好走あっても驚きはない。

日曜『鎌ヶ谷特別』の無料予想提供決定!

【今週の無料買い目は鎌ヶ谷特別】

先週も同じコースの東風Sで3連単479倍的中!
相性良いレースに期待大!

▼先週の的中成績 ▼

3月15日(日)東風ステークス(L)
3連単479倍×700円→335,300円獲得

4-2-8人気入線の波乱レースを的中!
実はこのレースは今週の無料予想公開される鎌ヶ谷特別と同じ中山マイルコースで行われたレースなんです!
条件が似てるレースなので的中が期待できます!

今週は3日間開催で無料買い目も3日とも公開されるとのこと!

メイン前の9,10レースあたりを選ばれることが多いので軍資金稼ぎに最適ですね。

\ 1分で登録完了! /

無料申し込みはこちら

エントリーは↑からメールアドレス登録のみの簡単登録!