北九州記念2015の最終追い切りタイムと好調馬1頭の紹介

シェアする

北九州記念の最終追い切りをチェックしていきたいと思います。

ハンデ戦である北九州記念は荒れる傾向が強いというお話は、このブログでもお話してきました。

データや前走リプレイから好走しそうな馬を見つけていくのもいいのですが、やはり実際に走っているところを見てから決めていくのも1つの方法かなと思います。

早速、最終追い切りの評価をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

オーミアリス【B】

8月19日(水)栗東 CW(稍重)【6F81.7-67.0-52.3-38.1-1F11.9】

単走馬なり。休み明けではあるものの、状態はそこまで悪くなさそうだなというのが第一印象でした。首の位置がやや高く硬さも見受けられますが、初戦から動ける状態にはあると思います。

サカジロロイヤル【B】

8月20日(木)栗東 坂路(不良)【53.6-38.8-24.7-12.2】

2頭併せ末一杯半馬身遅れ。相手が走ったといえば走った、という感じではありますが、僚馬はゆったりとした中で、最後は頻りに手綱が動いて鞭も入って遅れているのは評価出来ないです。

サトノデプロマット【A】

8月19日(水)栗東 CW(稍重)【4F52.2-38.0-1F11.9】

単走馬なり。ゴール板過ぎても脚を止めない追い切りでした。動き自体もスムーズで、前走よりかは前向きな評価が出来るかと思いますが、その前走負け過ぎた印象でどこまでという印象も。

サドンストーム【B】

8月19日(水)小倉 ダート(良)【5F72.2-55.2-39.8-1F11.5】

単走強め。状態は良いところでキープしている印象です。前走が明け1戦目だったことを考慮すれば、今回は状態は整ったと言っていいでしょう。好走に期待したいです。

ドレッドノート【C】

8月19日(水)栗東 坂路(稍重)【55.6-40.3-26.0-12.6】

単走末強め。中間の動きを含め、前走の方が良かったと感じる追い切りでした。

バーバラ【B】

8月19日(水)栗東 CW(稍重)【6F84.1-67.8-52.6-38.7-1F12.4】

単走馬なり。首の位置が高く、上手に使えていないですね。時計自体はそこまで悲観するものではないのですが、そこが気になりました。

バクシンテイオー【B】

8月19日(水)小倉 ダート(良)【5F71.0-56.2-40.6-1F12.2】

単走馬なり。元気一杯という感じで回ってきましたが、最後はやや時計が止まった印象。ただ、明け初戦から動ける状態は整ったと見て良さそうです。

ビッグアーサー【B】

8月19日(水)栗東 坂路(稍重)【53.8-38.6-24.1-11.8】

単走強め。前走時は全体51.8秒でまとめていましたが、今回は末に重点を置いた格好。それでもラスト11.8秒でまとめていますし、1週前に時計を出しているので、仕上がりは良好と言えそうです。

ヘニーハウンド【A】

8月19日(水)栗東 坂路(稍重)【53.4-38.9-25.3-12.4】

単走末強め。最後の最後だけ追われた格好も、加速ラップで終えているので良い形で終えれたという感じですね。前走時に比べれば今回の方が良さそうですが、重賞では掲示板にも載れない時点でどこまでという印象も。

ベルカント【B】

8月19日(水)栗東 坂路(稍重)【52.8-37.5-23.7-11.6】

単走馬なり。1週前も殆ど変わらない時計を出していて、2週連続好調さを伺わせます。重賞連勝も感じさせるいい追い切りでした。

ベルルミエール【B】

8月19日(水)栗東 CW(稍重)【5F70.0-53.8-39.0-1F11.5】

単走馬なり。最後は11.5秒ではありますが、馬なりで出している時計なので評価できます。前走は惜しい4着。今回は明け2戦目で更に前進できそうな気配。

マイネルエテルネル【C】

8月19日(水)栗東 坂路(稍重)【51.9-37.0-24.6-12.8】

単走馬なり。途中までは良い形で進んでいたんですが、最後は1秒時計を落としてしまいました。前走は全体時計は今回の方が速いですが、加速ラップで最後も12秒前半で終えていました。今回はバテバテで終わったところはマイナス評価です。

マヤノリュウジン【B】

8月19日(水)栗東 坂路(稍重)【51.7-37.1-23.9-12.1】

2頭併せ末一杯2馬身半先着。最後はバテた格好となりましたが、それでも持ち堪えと言える時計でしょう。長期休みになったものの1週前にも強めに調教されていますし、初戦でいきなりというのもあるかもしれません。乗り込み量も豊富です。ただ、やはり次戦以降が狙い目という印象も。

ミッキーラブソング【B】

8月19日(水)栗東 坂路(稍重)【53.0-38.2-25.2-12.9】

2頭併せ馬なり半馬身遅れ。最後にややばててしまった印象ではあるものの、状態に関してはやや調子落ちかな程度でいいと思います。

メイショウイザヨイ【B】

8月19日(水)栗東 坂路(稍重)【54.5-39.0-25.3-12.3】

単走馬なり。先週、かなり入りを速くしていきましたが、最後は大きく遅れた格好。最終追い切りは加速ラップではあるものの、やや疑問の残る追い切りでした。

メイショウツガル【B】

8月19日(水)栗東 坂路(稍重)【53.4-38.9-25.0-12.7】

単走馬なり。あまり良いところを感じない追い切りでした。1週前の動きも冴えず、このメンバーでは。

レオパルディナ【C】

8月19日(水)栗東 坂路(稍重)【57.6-41.8-27.1-13.1】

単走馬なり。まだ暗い時間で映像が不鮮明なんですが、前走の方がまだよかったんじゃないかなと感じる中間、そして最終追い切りでした。

ベルカントとビッグアーサーとサドンストームの調教は〇

A評価を回したのはサトノデプロマットとヘニーハウンドの2頭は、前走に比べれば今回の方が走れそうな雰囲気を感じました。

ただし、注意をしたいのは、前走から上昇気配だったとしてもこれまでの成績を考えると、それを逆転出来るまで良くなったかなといえばやや疑問が残る部分も。

前走と変わりなく、高いところで調子を保っているのは、ベルカントとビッグアーサーとへニーハウンドの3頭でした。

中でも動きがいいなと感じたのはベルカントでした。上でも書いているように、重賞連勝へ向けて視界良好と見ています。

以上、北九州記念の追い切りタイムと5段階評価でした。

メインレースの穴馬を60%以上予測している極旨コンテンツ!!

夏競馬は、穴馬狙いな好きにはタマラナイはず。
夏を走る馬は駄目馬ばかり...そう思っている人も多いかもしれませんが、ハンデ戦がメインとなる夏競馬
穴の予感したらココの『利益穴馬』を確認してください。

【毎週、本命+穴馬予想&毎週10レース無料公開】
波乱の夏重賞も含め名のあるレースの穴馬を予測済み。

以下を見てください。
7月7日、8日10レース中6レース三連単的中!!
しかも穴絡みの三連単!!これは必見です。

8日★福島10R/13★中京11R/13★函館11R/02,10
7日★福島9R/04★中京11R/12★函館12R/12

7月1日、6月30日も6レース三連単に利益穴馬が絡む高精度。

左枠の本命馬は3頭中2頭がくる確率も高く、手堅くいきたい場合も参考になります。

それに穴馬も予測済なので信じるに値する夏競馬仕様の予想と思います。

なので、見ておいて損はなし!
これが毎週無料公開!

今すぐ会員登録する方はコチラ

この無料予想での買い方は、本命馬3頭内を軸で組みたて+穴馬5頭を単勝倍率により掛け金変更調整=利益確保でき、プラス収支と同時に穴で一気に高配当へ。

穴馬のうち2頭を逆に軸にし2頭+本命3頭をうまく絡ませるのもありなのかなと。。。

無料予想で本命も穴馬もこれだけ精度高ければ、自信をもってお薦めできます。
メアド登録のみで無料予想が週末見れます。

無料予想の『利益直結馬』は
土曜日のレースは金曜日20:00までに公開
日曜日のレースは土曜日20:00までに公開

今すぐ会員登録する方はコチラ

※メールアドレスのみで登録できますが、メールアドレス入力後に登録をクリックして、リターンメールに記載のURLをクリックしなければ登録されません。登録されない場合は、コンテンツをご覧になることは出来ませんのでご注意下さい。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする