北九州記念2015は、ベルカントの追い切りを信じる予想

おはようございます、本日は小倉競馬で北九州記念が行われます。

ハンデ戦の上、短距離ということで、1つのミスが命取りとなるレースで、例年荒れるレースの1つとなっています。

今年も”荒れる”がポイントとなりそうですが、今回、私は昨年みたいに荒れるとは予想しませんでした。

それでは私の予想をご覧ください。

考察

この前更新した「北九州記念2015の最終追い切りタイムと好調馬1頭の紹介」の記事で、追い切り好調だとみたのは、ベルカントとビックアーサーとサドンストームの3頭でした。

3つに絞ってお伝えした北九州記念の傾向では、4歳牝馬は単純に買いということを書いていました。

ということで、簡単ではございますが、予想の1頭目はベルカントで勝負していきたいと思います。

2頭目ですが、追い切りではあまり評価しませんでしたが、ベルルミエールでいきたいと思います。

前走のCBC賞は休み明けであった点を考慮すれば、今回は前走以上の走りは十分に可能と見る方が妥当でしょう。

追い切りも、前走とあまり変化のないもので、調子落ちは全く感じない追い切りでした。

そしてこちらも4歳牝馬。4歳牝馬が都合よく2頭も入るとは思いませんが、今回はこの2頭を選んでいいのではないかなと感じます。

今年は比較的堅いのではと見ている北九州記念ですが、荒れるとするならばレオパルディナ等、前走大敗から巻き返してくるパターンでしょう。

特に気になるのは、休み明けを使われて、今回叩き2走目組じゃないかなと思います。

とは言っても、当ブログはベルカント、そしてベルルミエールの2頭で馬連・ワイドで勝負していきたいと思います。