きさらぎ賞 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズ|サトノアーサー3連勝なるか

この記事では、きさらぎ賞の出走予定馬について見ていきたいと思います。

有力馬考察や現時点で注目している1頭を挙げていますので、もしお時間がございましたら最後までお付き合いくだされば幸いです。

3歳クラシックへ向けて、もう負けられない戦いが始まりました。

昨年はサトノダイヤモンドが優勝し、一昨年はルージュバックが優勝するなど、直近を見てもクラシックに直結するレースとして毎年注目を集めます。

今年も11頭が登録していて、少ない出走メンバーですが、毎年少頭数で行われるレースだけに馬券が逆に困る印象です。

オッズが付く組み合わせは無謀になり易く、オッズが付かない人気サイドを選ぶと本当にガチガチのところを選ぶことになります。

週半ばに行われる追い切りをしっかりとチェックした後、予想を行っていきたいと思います。

まずは、出走メンバーをチェックしていきます。

きさらぎ賞出走登録メンバー11頭

左から、馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • アメリカズカップ 56.0 松若 16.5
  • エスピリトゥオーゾ 56.0 四位 180.9
  • サトノアーサー 56.0 川田 1.6
  • スズカメジャー 56.0 福永 16.9
  • タガノアシュラ 56.0 岩田 9.9
  • ダンビュライト 56.0 Cルメール 5.8
  • プラチナヴォイス 56.0 和田 8.8
  • ベルエスメラルダ 54.0 小崎 485.9
  • マテラレックス 56.0 — 205.6
  • ムーヴザワールド 56.0 — 5.2
  • ワンダープチュック 56.0 浜中 38.5

きさらぎ賞の見どころと有力馬考察

京都の1800Mを舞台に行われる重賞で、上でも述べたように出世レースとして名高いレースとなっています。

2コーナーの引き込みからスタートするため、最初の直線が911.7Mと長いのが特徴となっています。

最後も404Mの直線と、レースの殆どが直線のみで構成されています。

京都競馬場の外回りで行われるので、最後の直線も平坦で尚且つ3コーナー過ぎの下り坂を使って一気に駆けてくるので、息をいえるタイミングがポイントになります。

4コーナーで如何にして内を突けるが勝敗を分けるポイントになっています。

加速して下りてくるので、外に振られやすくなっていて、外に振られてロスをしてしまうと先行馬なら差され、差し馬ならば届かないということが多々起きるレースです。

上手く立ち回れる技術力もそうですが、騎手との呼吸が合っているのが条件となります。

それでは有力馬考察です。

サトノアーサー
≪牡3/青鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】シクラメン賞 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Redoute’s Choice

デビューから無傷の2連勝で重賞に駒を進めてきました。

持った能力は素晴らしく、前走は父ディープインパクトを彷彿とさせる32.7秒の末脚を披露しての快勝でした。

昨年もこのレースをサトノ冠のサトノダイヤモンドが優勝し、池江厩舎の馬でした。

同一馬主、同一調教師のコンビが勝てるのか楽しみでもあります。

ムーヴザワールド
≪牡3/黒鹿 石坂正厩舎≫

【前走】東スポ2歳S 3着
【父】ディープインパクト
【母父】Sadler’s Wells

前走の東スポ2歳Sは1人気に見込まれるも、僅かの差ではありますが3着になってしまいました。

前走を優勝したのはブレスジャーニーで、サウジRCを優勝していた馬でした。

そのことを考えると、前走の東スポ2歳Sはレースレベルは高かったと見ることもできます。

タイムは同じなので、ブレスジャーニーとスワーヴリチャードに敗れはしたものの、ハイレベルな1戦を戦ったことで、更なる能力強化へ期待したいと思います。

これまでジェンティルドンナやシンハライトと言った結果を残してきた石坂調教師の手腕が問われる1戦となりそうです。


ダンビュライト≪牡3/黒鹿 音無秀孝厩舎≫

【前走】朝日杯FS 13着
【父】ルーラーシップ
【母父】サンデーサイレンス

ルーラーシップ産駒の望みとも思える1頭で、この馬がクラシック戦線に残れなくなると芝馬の産駒の中では厳しくなるので頑張って欲しいとは個人的に思っています。

ロングスパートが向く展開にならないと前進は難しいのかなというのが、前走を見た感想です。

明らかにキレ負けしている現状、同じようなレースプランでは厳しいのではないでしょうか。

京都競馬自体は意外とキレ勝負になることもありますが、ロングスパートで外を回っても勝負になることも多いので、その点ではコース替わりでの一変には期待したいです。

きさらぎ賞の現時点での1週前予想をするならば…注目馬のご紹介

現時点で注目しているのが、アメリカズカップです。

前走の朝日杯FSの最終追い切りでは【A-B】評価としていました。

野路菊Sでは最後減速ラップを刻んで勝ち切っていますが、前走は加速ラップを刻んでの直前調教でした。

前走の敗因は明らかにスタートで後手を踏んでしまったことなので、スタートさえ五分で出れれば間違いなく巻き返せると見ています。

推定オッズではある程度の人気は覚悟したいですが、今回の最終追い切りでもさらに良くなりそう雰囲気を感じれれば、前向きに見ていくことも検討したいと思います。

以上、きさらぎ賞の出走予定馬と有力馬についてでした。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク