きさらぎ賞 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズ|サトノアーサー3連勝なるか

この記事では、きさらぎ賞の出走予定馬について見ていきたいと思います。

有力馬考察や現時点で注目している1頭を挙げていますので、もしお時間がございましたら最後までお付き合いくだされば幸いです。

3歳クラシックへ向けて、もう負けられない戦いが始まりました。

昨年はサトノダイヤモンドが優勝し、一昨年はルージュバックが優勝するなど、直近を見てもクラシックに直結するレースとして毎年注目を集めます。

今年も11頭が登録していて、少ない出走メンバーですが、毎年少頭数で行われるレースだけに馬券が逆に困る印象です。

オッズが付く組み合わせは無謀になり易く、オッズが付かない人気サイドを選ぶと本当にガチガチのところを選ぶことになります。

週半ばに行われる追い切りをしっかりとチェックした後、予想を行っていきたいと思います。

まずは、出走メンバーをチェックしていきます。

スポンサーリンク

きさらぎ賞出走登録メンバー11頭

左から、馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • アメリカズカップ 56.0 松若 16.5
  • エスピリトゥオーゾ 56.0 四位 180.9
  • サトノアーサー 56.0 川田 1.6
  • スズカメジャー 56.0 福永 16.9
  • タガノアシュラ 56.0 岩田 9.9
  • ダンビュライト 56.0 Cルメール 5.8
  • プラチナヴォイス 56.0 和田 8.8
  • ベルエスメラルダ 54.0 小崎 485.9
  • マテラレックス 56.0 — 205.6
  • ムーヴザワールド 56.0 — 5.2
  • ワンダープチュック 56.0 浜中 38.5

きさらぎ賞の見どころと有力馬考察

京都の1800Mを舞台に行われる重賞で、上でも述べたように出世レースとして名高いレースとなっています。

2コーナーの引き込みからスタートするため、最初の直線が911.7Mと長いのが特徴となっています。

最後も404Mの直線と、レースの殆どが直線のみで構成されています。

京都競馬場の外回りで行われるので、最後の直線も平坦で尚且つ3コーナー過ぎの下り坂を使って一気に駆けてくるので、息をいえるタイミングがポイントになります。

4コーナーで如何にして内を突けるが勝敗を分けるポイントになっています。

加速して下りてくるので、外に振られやすくなっていて、外に振られてロスをしてしまうと先行馬なら差され、差し馬ならば届かないということが多々起きるレースです。

上手く立ち回れる技術力もそうですが、騎手との呼吸が合っているのが条件となります。

それでは有力馬考察です。

サトノアーサー
≪牡3/青鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】シクラメン賞 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Redoute’s Choice

デビューから無傷の2連勝で重賞に駒を進めてきました。

持った能力は素晴らしく、前走は父ディープインパクトを彷彿とさせる32.7秒の末脚を披露しての快勝でした。

昨年もこのレースをサトノ冠のサトノダイヤモンドが優勝し、池江厩舎の馬でした。

同一馬主、同一調教師のコンビが勝てるのか楽しみでもあります。

ムーヴザワールド
≪牡3/黒鹿 石坂正厩舎≫

【前走】東スポ2歳S 3着
【父】ディープインパクト
【母父】Sadler’s Wells

前走の東スポ2歳Sは1人気に見込まれるも、僅かの差ではありますが3着になってしまいました。

前走を優勝したのはブレスジャーニーで、サウジRCを優勝していた馬でした。

そのことを考えると、前走の東スポ2歳Sはレースレベルは高かったと見ることもできます。

タイムは同じなので、ブレスジャーニーとスワーヴリチャードに敗れはしたものの、ハイレベルな1戦を戦ったことで、更なる能力強化へ期待したいと思います。

これまでジェンティルドンナやシンハライトと言った結果を残してきた石坂調教師の手腕が問われる1戦となりそうです。


ダンビュライト≪牡3/黒鹿 音無秀孝厩舎≫

【前走】朝日杯FS 13着
【父】ルーラーシップ
【母父】サンデーサイレンス

ルーラーシップ産駒の望みとも思える1頭で、この馬がクラシック戦線に残れなくなると芝馬の産駒の中では厳しくなるので頑張って欲しいとは個人的に思っています。

ロングスパートが向く展開にならないと前進は難しいのかなというのが、前走を見た感想です。

明らかにキレ負けしている現状、同じようなレースプランでは厳しいのではないでしょうか。

京都競馬自体は意外とキレ勝負になることもありますが、ロングスパートで外を回っても勝負になることも多いので、その点ではコース替わりでの一変には期待したいです。

きさらぎ賞の現時点での1週前予想をするならば…注目馬のご紹介

現時点で注目しているのが、アメリカズカップです。

前走の朝日杯FSの最終追い切りでは【A-B】評価としていました。

野路菊Sでは最後減速ラップを刻んで勝ち切っていますが、前走は加速ラップを刻んでの直前調教でした。

前走の敗因は明らかにスタートで後手を踏んでしまったことなので、スタートさえ五分で出れれば間違いなく巻き返せると見ています。

推定オッズではある程度の人気は覚悟したいですが、今回の最終追い切りでもさらに良くなりそう雰囲気を感じれれば、前向きに見ていくことも検討したいと思います。

以上、きさらぎ賞の出走予定馬と有力馬についてでした。

王道

主役不在の菊花賞で特大万馬券を狙い撃つ

ノーザンF生産馬が上位独占した、ローズS・セントライト記念を的中!満を持して牡馬クラシック第3弾『菊花賞』の提供が決定したそうです!

今週末行われる牡馬クラシックのラストを飾る菊花賞。

今年は、皐月賞馬サートゥルナーリアが、前哨戦の神戸新聞杯を完勝したにも関わらず事前の情報通り菊花賞をパスし天皇賞秋へ向かい、また日本ダービーを制したロジャーバローズは屈腱炎を患い残念ながら引退と2冠を制した両馬不在。

また、毎日王冠を古馬相手に末脚一閃で制した日本ダービー2着馬ダノンキングリーやセントライト記念を制したリオンリオンも不在。

となれば、3歳世代の実力上位馬がおらず、皐月賞2着、日本ダービー3着とクラシック戦線で実績のあるヴェロックスに人気が集まることが予想されます。

ヴェロックスにも不安材料がないわけではない。

新種牡馬として2018年から産駒がデビューしたジャスタウェイ。デビュー直後の2歳戦を賑わせ勝利数を増やしたが、未だこの産駒から重賞ウィナーが表れていない。

その代表格と知られるヴェロックスだが、果たして菊花賞のタイトルを手にすることができるかに牧場関係者も注目しているに違いありません。ここまでおぜん立てされている状況下で結果を残せるのか。

────────────────

菊花賞提供M氏直近的中実績

9月14日松戸特別 馬連24.1倍
9月15日ローズS 3連単107.0倍
9月16日セントライト記念 3連単586.9倍

▼【王道~外厩特選情報~】詳細はこちら

\ 登録無料 /

無料の会員登録はこちら

メールアドレスを入力するだけ

無料メルマガ登録後、【外厩特選情報】の詳細はTOPページより確認できます↑

近年波乱傾向の強い菊花賞らしい一筋縄ではいかないレースとなることが濃厚。

全馬初めての「3000m」という長丁場の未知なる挑戦。
どの陣営にもチャンスがあり、昨年の10万馬券や一昨年の55万馬券など条件戦上がりの馬が高配当を演出していることから伏兵馬の台頭に着目し精査。

調教後の様子など続々とレポートが届くの取材班が追いかけてる各馬情報は要チェックです。

今年の菊花賞を当てたい人は、登録してみる価値はあるでしょう!

\ 登録無料 /

無料の会員登録はこちら

メールアドレスを入力するだけ