【きさらぎ賞2016最終予想】サトノダイヤモンドは堅いのでは

おはようございます、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、本日行われるきさらぎ賞の予想について記述しています。

先日更新したきさらぎ賞の最終追い切りについてまとめている記事を基に、データ等も考慮しながら更新していきたいと思います。

予想

いつものように馬連とワイドの2点で勝負していきたいと思います。

1頭目

1頭目にお薦めしたいのはサトノダイヤモンド。

新馬戦を終えた時点で、早くもクラシック候補と言われた1頭で注目していた前走の500万条件。

終わってみれば、2着のクィーンズベスト相手に3馬身以上も突き放す内容での先着でした。

追い切りも迫力ある追い切りを消化。

依然として好調さをキープ出来ていると言えるでしょう。

ダイナミックな動きを追い切りから披露していて、本番の今日のレースでも十分に魅力ある1頭だと思います。

2頭目

2頭目にお薦めしたいのはロイカバード。

デビュー戦はサトノダイヤモンドに敗れはしたものの、続く未勝利戦と福寿草特別を快勝。

今回はデビュー戦のリベンジの舞台。

追い切りを見ても、これまでのレースと変わらない追い切りでの動きで、パフォーマンスは発揮できる状態は整っていると判断できます。

あとは、地力での勝負となりそうですが、この2戦を見ていると逆転できる余地も残されているのかなと思う。

ともなれば、この2頭の馬連とワイドで勝負する方が良さそうです。

最後に

サトノダイヤモンドとロイカバードの馬連とワイドで勝負していきたいと思います。

上にも書いた通り、今回はロイカバードの逆転も視野に組み立てたいところ。

1番人気と2番人気の馬連とワイドということで、勝負度合いは当然低くなる1戦。

ただ、この7頭を比べた時、上記の2頭はやはりレベルが高いと思います。

その他、追い切りの記事でも挙げたロワアブソリューにも注目したいですね。