【金鯱賞2021出走予定】想定騎手や有力馬考察|デアリングタクトらが登場!

出走予定馬
この記事は約3分で読めます。

金鯱賞の出走予定馬をまとめた記事です。

2021年3月14日(日曜)2回中京2日
4歳以上 コース:2,000メートル(芝・左)

登録馬

馬名斤量想定
キセキ57Mデム
ギベオン56西村淳
グローリーヴェイズ57川田
サトノフラッグ56ルメール
サンレイポケット56秋山
ジナンボー56○○
デアリングタクト55松山
ブラヴァス56福永
ペルシアンナイト57大野
ポタジェ56北村友

有力馬考察

デアリングタクト≪牝4/青鹿 杉山晴紀厩舎≫

【前走】ジャパンC 3着
【父】エピファネイア
【母父】キングカメハメハ

2020 ジャパンカップ

昨年の牝馬三冠を達成した馬。

ジャパンCでは、アーモンドアイ、コントレイルに敗れはしたものの、豪華メンバーが揃った中で、堂々の3着と結果を残しました。

2021年始動は、この金鯱賞から。

秋華賞で鉄砲が効くことは証明済み。

休養明け緒戦からしっかりと走れる準備は整っているはず。

ただ、古馬相手に斤量55kgは初。

あっさりと負けることも考えらえるだけに、2番手3番手の馬券も必要か。

グローリーヴェイズ≪牡6/黒鹿 尾関知人厩舎≫

【前走】ジャパンC 5着
【父】ディープインパクト
【母父】スウェプトオーヴァーボード

レース映像は同上

香港ヴァーズを買ってG1馬の仲間入り。

ただ、2020年は宝塚記念17着、ジャパンC5着と、国内G1で結果を残せませんでした。

京都大賞典を優勝。
日経新春杯も買っており、京都コースと相性がいいと感じます。

今回は中京コース。
パワーも求められる舞台だけに、あまりパワーが求められない京都コースに好走歴が多いのが気になります。

距離もやや短いか。

有力馬と目されていますが、僕個人的にはここではなく、次走以降に狙いたいと思う馬です。

現時点での注目馬

その他、菊花賞馬のキセキや出走レースいずれも連対しているポタジェなど、少頭数の割には好メンバーが顔を揃えました。

そんな好メンバーの中でも、現時点で注目している馬は、≪金注≫人気ブログランキングです。

やはりここは中京コースということを考えるべきで、グローリーヴェイズはさすがに厳しいと思っています。

父キンカメ産駒の注目馬。キンカメと中京コースは相性が良く、福永騎手とのコンビも面白い。

3月4日(木)栗東 P(良)6F80.1-64.4-50.0-36.5-1F11.5

1週前の追い切りでも、馬場が綺麗な時間帯ということもありましたが、好時計をマーク。

フットワークも軽く、軽快に動けていました。

当週追いを見てからとなりますが、しっかりと走れていれば問題ないのでは。

10倍以上のオッズが見込めるので、単勝+複勝だけでも面白いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました