菊花賞 2019 予想と最終見解|馬連とワイドの2点勝負馬券

ども!リッキーです。

いよいよクラシック最終戦である菊花賞のスタートが刻一刻と近づいてきました。

どの馬も初距離となるこのレース。求められるのは長距離適正で、重要な要素となります。

一方で、菊花賞好走馬がその後マイル路線で活躍するなど、長距離だけではなく、勝負所でしっかりとトップスピードに持っていける瞬発力や、トップスピードを長く発揮できる長くいい脚を使えるなど、その年のレースにより変わりますが、様々な能力を求められるのが菊花賞でもあります。

その辺りを見極めながら、しっかりと的中を目指していきたいと思います。みなさまの参考になれば幸いです。

さて、今年の菊花賞を予想する前に、追い切りの振り返りを行います。

10月20日の菊花賞の最終追い切り考察を行いました。前走時の追い切り動画やタイムと比較して、今回の調子の良し悪しを判断しています。1週前の段階で1番良かったと判断したワールドプレミアですが、最終リハは一転、体が重たそうな動きとなってしまいました。

最終追い切りは上記ページに記載しています。

1頭目にオススメなのがヴェロックス。2頭目は≪C≫サトノルークスに記載していますが、大した馬の名前は書いていません。w

3頭目はユニコーンライオンと、4頭目にワールドプレミアとしています。

いつも4頭しか挙げませんが、迷ってレッドジェニアルの名前を挙げています。珍しく5頭目を挙げました。

追い切り的な要因からは、上記5頭を選ぶべき。


気持ちは決まってて、最終リハの様子を見たところから、ヴェロックスを1頭目にすることは決めています。

今回は7枠からのスタートということで、ある程度は内枠に入る方が理想だったと思います。

1週前の内容を最終リハに見せてきたらどうしようかなと思っていたんですが、しっかりとした内容を消化したので、ここは妥当な選択かなと思います。

距離の不安が付きまとうものの、ダービーと神戸新聞杯で好走を見せましたので、ここは堅いと判断しています。


もう1頭は、追い切り好調だったユニコーンライオンとしました。

前走がメイチだった可能性は否めなくもないのですが、追い切り的には上昇気配で楽しみです。

2枠4番はこの馬の脚質を考えると楽しみが広がる枠番。ここは好走条件が整っていますので、前向きに見たいでしょう。