【菊花賞2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ|ダイヤモンドやディーマジェが参戦!

菊花賞に出走登録を済ませている19頭と、想定騎手と推定オッズについて記載しています。

(※推定オッズは17日15時以降に追記して記載します。)

春のクラシックを賑わせたマカヒキ以外の馬がそのまま菊花賞へと参戦してきました。順調に来ている点では楽しみが広がるレースになりそうです。

しかし、1週前に行われる秋華賞に比べても夏の上がり馬の好走も目立つレースで、しっかりと見ていかなければ好調馬を見落とすことになります。

そして何よりも、長距離を走れる豊富なスタミナと騎手の腕も問われるレースです。

その適性も考えていかなくてはいけません。

そういうことも考えて、最後に注目している馬を記載していますので、そちらまでご覧いただければ嬉しいです。

出走予定馬(19頭)

優先出走

馬名斤量想定推定オッズ
サトノダイヤモンド57Cルメール2.2
ディーマジェスティ57蛯名2.8
プロディガルサン57田辺26.8
ミッキーロケット5712.7
レッドエルディスト57四位8.8

賞金順

馬名斤量想定推定オッズ
エアスピネル57武豊20.6
マウントロブソン5756.5
レインボーライン57福永24.8
イモータル57Fヴェロン227.5
アグネスフォルテ57松山148
ウムブルフ57浜中21.5
カフジプリンス57岩田12.8
シュペルミエール57北村宏35
ジュンヴァルカン57Mデムーロ29.4
ミライヘノツバサ57藤岡佑234.5
ジョルジュサンク57304.8

抽選対象(2/3)

馬名斤量想定推定オッズ
コスモジャーベ57津村324.8
サトノエトワール57230.9
ネイチャーレット57381

有力馬考察

サトノダイヤモンド
≪牡3/鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】神戸新聞杯 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Orpen

前走の神戸新聞杯では1人気に支持されると、ミッキーロケットを最後クビ差凌いでの勝利となりました。

内容的にはミッキーロケットの方に見どころがあった印象で、追われてからの伸びは今一つという印象は拭い去れなかった。

その要因の1つに、掛かってしまったというのは十分に考慮しなければなりません。距離が伸びる今回は、その距離適性も大事になってきます。

もちろん、前哨戦仕上げということで、さすがの風格を感じる内容ではありましたが後ろ向きな見方もできる内容だったのは事実でした。

8割程の仕上げだと見ていますが、辛勝ではさすがに見た目が地味。成長力に疑問が残る内容だっただけに、1週前と最終の追い切りはしっかりと見ていきたいと思います。

ディーマジェスティ
≪牡3/鹿 二ノ宮敬宇厩舎≫

【前走】セントライト記念 1着
【父】ディープインパクト
【母父】ブライアンズタイム

前走はさすがの動き。クビ差決着ではあったものの、余裕を見せた内容での勝利で、見た目以上の強さを見せたレースでした。

4コーナーではディーマジェの内に5頭もいる中で、外々を回ってという内容もこの馬の強さを感じさせる内容でした。

ただ、それでも皐月賞馬として迎える1戦ではあったものの、セーヴィントを捉えてからは伸びは今一つ。外から伸びるプロディガルサンのあわやの見せ場を作られるなど、状態が更に上がってこなければという印象は感じます。

こちらも追い切りの内容からしっかりと見ていきたいと思う1頭でした。

エアスピネル
≪牡3/栗 笹田和秀厩舎≫

【前走】神戸新聞杯 5着
【父】キングカメハメハ
【母父】サンデーサイレンス

春のクラシックは皐月賞4着、日本ダービー4着と、いずれも3強に阻まれ続けた形。日本ダービーでは、ミスのない騎乗だったと思うが、それでも前とは差が開いた。

休養明けの神戸新聞杯では、後方待機策を選択。これまでのように早め抜け出してからで阻まれ続けた春のシーズンと作戦を変えてきたものの、今度は5着とキレ負けした形となった。

ただ、神戸新聞杯の負けは度外視してもいいのではないかと思っています。明らかに菊花賞から先を見据えた乗り方で、後方待機策がこの馬には合わないことを再確認できたのは逆にプラス材料。

あとの問題は、父がキングカメハメハという点でしょうか。

過去には1人気のローズキングダムが2着に敗れると、2人気のトゥザワールドが16着に敗れる波乱などもありました。

キングカメハメハ産駒は未勝利となっていますし、ネイティヴダンサーを血を持つ馬の成績は今一つです。

詳しくは菊花賞の血統傾向に記載するとしますが、血統面では買いづらい1頭であることには違いありません。

注目馬は今回は1頭

レインボーライン
≪牡3/鹿 浅見秀一厩舎≫

【前走】札幌記念 3着
【父】
ステイゴールド
【母父】フレンチデピュティ

NHKマイルCで3着に入ると、その後日本ダービーへ進み8着という結果。夏場の早い時期に戻ると、札幌記念へ出走し3着という結果を残しました。

その札幌記念では後方グループに位置取ると、最後は36.3秒の末脚でグングンと伸びてきた。

札幌記念は評価が難しく、ネオリアリズムはマイペースに逃げたことでペース自体はが上がったものの、それでも目標になることはなかった。

その点、2着のモーリスを意識してのレースだったのは間違いなく、最後はそのモーリスにクビ差まで迫った。

ヌーヴォレコルトやヤマカツエースと言った重賞馬を千切ったのも大きな収穫で、斤量差以上の強さを見せたといっても過言ではない。

また、父ステイゴールド産駒はこれまでも菊花賞で結果を残してきた。

ステイヤータイプと言っても過言ではなく、NHKマイルCなどの好走もあるが、距離が伸びても面白そうな1頭。

オススメできる材料は揃ったでしょう。

関屋記念・エルムステークス的中!今週は地方競馬も熱い!
「走る馬の見つけ方」をファンに届けたい!
シンジケートの田端正照氏はこの想いから情報統括部部長に就任。

その田端氏以外に43名のスペシャリストを抱えるシンジケートが
先週の2重賞をキッチリ的中させてきました!

8月12日(日)的中実績
━━…━━…━━…━━…━━…━━
新潟11R 関屋記念(G3)
3連単 451,400円獲得!
新潟11R エルムステークス(G3)
3連単 38,500円獲得!
━━…━━…━━…━━…━━…━━

今週は8月唯一のG2「札幌記念」です。
地方競馬では南関東の重賞「黒潮杯」
更に中央の馬が出走するダートグレード競走。

今週は地方競馬にも強い「シンジケート」で間違いなく楽しめます!
メールアドレスを登録⇒確認メールをクリックしたら登録完了です。

【無料情報】∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟
★札幌記念(G2)
★[大井]黒潮盃(S2)含む2鞍
∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟

田端氏はじめスペシャリストの情報を1週間お楽しみください!
札幌記念・黒潮盃の無料情報を見に行く!

タダでメルマガ情報を受け取る

スポンサードリンク
ブログランキングに参加しています

もしよろしければ、1日1クリックの応援をよろしくお願いします。

  • 競馬ランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログへ

シェアする

フォローする

スポンサードリンク