【菊花賞2016サイン】プレゼンターはなし!?CMは中華料理がヒント!?

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、菊花賞のサインについて書いていきたいと思います。

菊花賞のプレゼンター情報はありません。

CMは中華料理屋で最後1つの小籠包を奪い合うという構成となっています。

ヘッドライン情報など、総合的に考えていきたいと思います。

プレゼンター情報はなし。当日のゲストは…

結論から言うと、JRAのHPではプレゼンター情報はありませんでした。

昨年の菊花賞は山本耕史さんが来場しプレゼンターを務めました。堀北真希さんとのご結婚発表直後ということでサインを中心に予想する人は注視したんじゃないかなと思います。

ただ、当日の勝ち馬予想会&レース回顧のゲストには、舟山久美子さんとお笑い芸人のハマカーンのお二人がご来場されるそうです。

舟山 久美子(ふなやま くみこ、1991年4月29日- )は、日本の女性ファッションモデル、タレント。東京都出身。愛称は「くみっきー」。ヴィズミック所属。

17歳の時、渋谷でスカウトされ、モデルデビュー。ファッション雑誌『Popteen』で2009年3月号から2010年7月号まで17ヶ月連続表紙の記録を作った。

Wikipedia

ハマカーンは、ケイダッシュステージに所属しているお笑いコンビ。2000年に結成。2006年8月まではキーストンプロに所属。THE MANZAI 2012優勝者。

浜谷 健司(はまたに けんじ、1977年11月19日(38歳) – ) – ツッコミ担当(以前はボケ担当)、立ち位置は向かって左。

埼玉県入間市出身。O型。入間市立黒須中学校卒、狭山ヶ丘高等学校卒、東京農工大学工学部電子情報工学科 応用物理学コース卒、同大学院中退。

ギャンブルを好み、パチンコ・パチスロを主に行っていたが、競馬にも熱中している。そのため、しばしばネタにも騎手の名前などが登場するようになった。

神田 伸一郎(かんだ しんいちろう、1977年3月12日(39歳) – ) – ボケ担当(以前はツッコミ担当)、立ち位置は向かって右。

インドネシアジャカルタ生まれ。神奈川県川崎市育ち。O型。川崎市立住吉中学校卒、桐光学園高等学校卒、東京農工大学農学部応用生物科学科卒、同大学院(生物制御科学科植物病理学研究室)中退。3人姉弟の第二子で姉は神田うの。弟の昇二郎は元俳優(現在は会社員)。

Wikipedia

3人もいるということで、なかなかサインに繋がりそうなことはありませんでしたが、この中にヒントが隠れているのかもしれませんね。

CMは、中華料理屋で最後の1つの小籠包を巡って

舞台は中華料理屋――

瑛太「ついに菊花賞ですね」

鶴瓶「最後の最後の最後の1冠や」

有村「これが最後だと思うと絶対に獲りたくなりますよね」

瑛太「なにがなんでも…」

鶴瓶「絶対に」

有村「最後の1つを…」

小籠包アップ――

という内容で、店員が最後の1つを残した蒸籠を取り上げて持っていってしまうという構成でした。

小籠包が中華料理なのか台湾の料理なのかはおいておいて、中華料理だと考えると、やはりキーワードは中国

競馬に関係するとすれば、やはり何かしらの番号。

そこで、ちょっと無理矢理感は否めませんが、国際電話で使う中国の国番号は「86」

となると、【馬番8-6】もしくは【枠番8-6】での決着には期待したい。

レース映像が流れているのは、2015年の映像。

白帽の馬が映像の加工でかは分かりませんが、青色帽になっているので、最初はいつの映像か分からなかったですが、白が青に変化しているみたいですね。

笹の葉っぱが気になる蒸籠

このCMを観た時に気になったのが、小籠包の下に敷かれた葉っぱ。

店員が中国語を喋っているので、かっちりとした中華料理屋だと思うんですが、蒸籠に笹の葉を敷くのかというのはちょっと疑問。

どこか日本人が色合いを気にして(勿論、CM製作は日本人だと思いますが)置いたのかなと思います。

個人的なお話で申し訳ないのですが、中華料理が大好きで、迷ったら中華にするくらいです。

その時、点心か小籠包を必ず頼むのですが、笹を敷葉にしているのは今まで見たことがないので気になりました。

笹が2枚敷かれていますが、2枚というのもどうかなと。2枚である必要があるのかなと思ったんです。

そこで、笹と2という数字から1つのヒントが見えてきました。

それは

笹田和秀調教師の2頭出し

ということで、エアスピネルとレッドエルディストには注目しています。

ただ、このCMでは小籠包=菊花賞という構成。

エアスピネルとレッドエルディストの上にある小籠包ということで、2着と3着付けが面白いのではないかなという見立てもできますね。

信念が咲かせる菊舞台、夢に続く坂を逞しく越えて行け。

菊花賞のヘッドラインが更新されていました。

『信念が咲かせる菊舞台、夢に続く坂を逞しく越えて行け。』

今回のヘッドラインはこのようになっています。

信念が咲かせるという部分は菊花賞の花の部分、その後の菊舞台で菊花を補完しています。こういう時、前半が怪しいように見せて、実は後半部分が大事になっている可能性は大きいと感じます。

ということで、今回は夢に続く坂を、が怪しいと思います。

夢に続く坂、というのは、まさにドリームジャーニー(由来:夢のような旅路)を彷彿とさせる言葉選びだなとぱっとみたところ思いました。

父ドリームジャーニーを持つ、ミライヘノツバサが該当するのではないかと思います。

ドリームジャーニーを超える存在となれるように、逞しく父の背中を超えていってほしいですね。

地震が発生!!!気になる馬名由来

21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部を震源とする地震が発生し、同県倉吉市、湯梨浜町、北栄町で震度6弱を観測した。気象庁によると、深さは11キロ、マグニチュードは6.6だった。鳥取市や岡山県鏡野町などで震度5強を観測したほか、九州地方から関東地方にかけて震度5弱~1を観測した。津波の心配はないという。

鳥取県で震度6弱 気象庁会見 「1週間は最大震度6弱程度の地震に注意を」

鳥取中部にお住まいの方は十分にお気を付けください。

不謹慎ながら、今回の地震で思いついた馬名の馬がいます。

ウムブルフ

馬名の由来は、大変革、大改革、地殻変動(独)

地震は地殻変動が引き起こす代表例みたいなもの。

今回のこのニュース・出来事と連動しているならば、ウムブルフが興味深い。

朝日杯FSが終わればいよいよ有馬記念

§編集後記§

朝日杯FSが終わってホッとしたのも束の間、有馬記念の考察が待っています。30数年も生きていればなかなかワクワクすることはないですが、有馬記念と日本ダービー前の1週間だけは違った緊張感がありますね。

レイデオロVSアーモンドアイの対決を観ることは叶いませんでしたが、それでも豪華なメンバーが顔を揃えました。レイデオロ1強なのか、それとも他のG1馬が達が強襲するのか。

さて、有馬記念だからというわけではないのですが、人が多く集まる有馬記念の週だからこそ、みなさんにオススメしておきたい予想サイトをご紹介しておきます。

それは『うまとみらいと』という競馬サイトです。

【お断り】今週はめちゃくちゃサイトが重たいはずです。リンクを踏んでから完全に表示が終わるまでに時間を要します。10万人以上が登録しているサイトで、有馬記念と日本ダービー前はとにかくサイトが落ちやすい状態になり、正直、今年の日本ダービーの時はクレームを入れました。リンクを踏んだり、ページを左遷を行っても気長にお待ちください。

そんな状況でも、いや、だからこそおススメしたいのがうまとみらい。指数に強いサイトであるということです。

コチラのページがうまとみらいとの登録ページです。リンクを押すだけでお金が発生したりすることは絶対にないので、まずご覧になってください。登録自体も無料なので、登録するだけしちゃってもいいんですが。
その場合は、メールアドレスを登録すると仮登録の案内が届くので、そのメールに記載のURLをクリックして本登録をお済ませ下さい。

正直、なんでこんなゴテゴテの詐欺っぽい登録ページにしちゃったんだろうなぁと思うほど派手になっちゃいました。

「夢を叶える」「配当爆発濃厚」「期間限定無料登録キャンペーン」...

もちろん、期間限定無料登録キャンペーンというのを今の期間やっているのは事実なので、間違っていません。正しい情報です。

しかし、良いサイトとして認識しているのに、ここまでゴテゴテした登録ページなら逆に誰もが怪しんでしまって登録しないよなと思ってしまいます。もったいないなと。

しかも、夢球という企画が始まったのですが、その応援キャラクターとして、「ワイルドだろぉ」で有名になったスギちゃんが選ばれています。広告費がハンパない。

一つだけお伝えしたいのは、うまとみらいとは、こんな胡散臭い言葉を並べなくても、ちゃんとした予想力がある競馬サイトです。

そもそも、うまとみらいとは、今年の7月に誕生したサイトで、元々は3つに分かれたサイトを1つにまとめたものです。

  • 指数を売りにした『うまコラボ』
  • 的中率90%を誇る『競馬の殿堂』
  • 城戸氏が監修を務める『ヒットメイク』

この3つが合体して生まれたのがうまとみらいとで、入り口が同じなになり、共通のIDとPASSでログイン可能になったというだけの違いでしかないです。この3つのサイトは、統合前から万単位で会員数がいた、競馬サイト界ではモンスター級。

だけど、大きな声では言えませんが、競馬の殿堂とヒットメイクは、自分はそれほどでもないなと思っています。
コンテンツとしては優れているんですが、人にオススメできるだけのものかというと、自分はそこまでのものではないのかなと思っています。※当然、個人差があります。

凄いなと思ったのは『うまコラボ』。3回に1回の割合で3連単が的中するというキャッチフレーズはあまりに有名になりました。

うまコラボは指数サイト。出走馬の指数を提供しているサイトだと思って下さって問題ないはず。

去年のNZTは無料公開の指数だけで、3連単496,220円を見事に的中。この時、たまたまこの指数に強い魅力を受けて馬券を買っていて驚きました。だからこそこうやってすぐに思い出せるんですが、もうね、その日は焼肉にガールズBarとはしごしました。

今年もコンスタントに的中を出しています。残念ながらその恩恵に預かることがないのが悲しいのですがww、数万円単位ならば的中しているのでいいですよ。

自分が観た情報の時に、違うなぁと思って買わなくて、信じて買っておけばよかったと思うことはありますけど、情報ってそんなものですよね。

うまとみらいとのうまコラボの指数は、無料会員になるだけで土日の午前中のレース+対象重賞1レースを無料公開

各競馬場の5Rまで無料公開ですので、今週は10Rを無料公開。しかも、今週の対象重賞レースは『第63回 有馬記念』ですから、登録するならこのタイミングだと思います。

メールアドレスを登録するだけの簡単登録なので1分もあれば登録できます。

YahooメールやGmailなどのフリーメールアドレスを使うのをオススメしています。というのも、やっぱり予想サイトなので、今週の有料情報とかってメールがどうしても来ちゃいます。まぁスギちゃんをイメージキャラクターにするくらいですから、どの程度の有料会員数がいるのかというのは分かっちゃいますよね。

逆に言えば、それだけ信頼されている証拠です。

長くなっちゃいましたが、オススメのうまとみらいと。あなたも是非、有馬記念の週のこのタイミングで登録してみて下さい。

一足早いクリスマスプレゼントを貰っちゃいましょう。

無料会員になって
今週末の有馬記念と
その他の指数をチェックする

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク