【京成杯オータムハンデ2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ|ロードクエストが古馬に挑む

京成杯オータムハンデキャップの想定騎手入りの出走予定馬と推定オッズについて。

NHKマイルCで2着になったロードクエストが古馬との初対戦を迎えます。先に挑んだNHKマイルC5着のトウショウドラフタは、先日行われた中京記念で12着に敗れることになりました。今回のロードクエストは何着で終えられるのか楽しみですね。

中山1600Mで行われるレースの為、独特のコース形態への適応能力も鍵を握ります。過去に東京1600Mなどで凡走していても、いきなりここで好走を迎える馬もいますので注意が必要です。

それでは、出走予定馬を見ていきたいと思います。

出走予定馬

第61回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII) 第1回特別登録 17頭

サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン ハンデ 1600m 芝・右 外

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • アルマディヴァン 53.0 横山典 140.7
  • カフェブリリアント 54.0 戸崎 24.1
  • クラリティスカイ 57.5 田辺 37.1
  • シベリアンスパーブ 54.0 松岡 116.9
  • スマートオリオン 57.0 — 70.3
  • ダイワリベラル 56.0 北村宏 11.5
  • ダノンプラチナ 58.0 蛯名 3.2
  • ダノンリバティ 56.0 松若 5.8
  • ダンスアミーガ 53.0 石川 29.8
  • トウショウドラフタ 54.0 吉田豊 17.9
  • ピークトラム 56.0 小牧 11.8
  • ペイシャフェリス 53.0 — 50.6
  • メイショウライナー 54.0 勝浦 237.2
  • ラングレー 56.0 柴田善 8.0
  • リーサルウェポン 50.0 吉田隼 71.6
  • ロードクエスト 55.0 池添 2.9
  • ワキノブレイブ 56.0 津村 193.0

有力馬考察

ロードクエスト

【前走】日本ダービー11着【父】マツリダゴッホ【母父】チーフベアハート

NHKマイルCでは2着と好走も、日本ダービーでは距離不安を露呈したのか11着に沈んでしまいました。昨年の新潟2歳Sでは鮮やかな差し切り勝ちも、勝ち星からは1年遠ざかっており、暮れから春先に行われたホープフルSでは2着、スプリングSでは3着と好走止まり。皐月賞でも8着と沈んだところを見ると、距離が1つの目安になりそうで、1600Mでは3戦3連対と安定した結果を残しています。

今回は休み明け初戦で、どこまで仕上がっているのかがポイントになりそう。

もう1つ不安材料は、NHKマイルC組の取捨。今年のNHKマイルCの6着馬ブランボヌールはキーンランドCで1着で優勝。同12着だったシュウジは函館SSで2着、キーンランドCで2着に入るなど、今年の3歳勢が活躍を見せているがいずれも短距離戦での結果。1600Mで行われる今回で通用するのか、レベルの高い世代と言われているだけに、ここでも古馬を撃破するようなことがあれば、この世代が本当に楽しみになります。

ダノンプラチナ

【前走】東京新聞杯4着【父】ディープインパクト【母父】Unbridled’s Song

休み明けで富士Sを制したこともあるので休み明けは心配ではない。しかし、ここまでは順調さを欠く事が多く、4歳の秋を迎えようとしているこの時期に、ここまで9戦にしか出走していません。古馬との対戦は今だ3度のみと今一つ力関係が見えてこない1頭であることは間違いありません。

東京新聞杯では海外帰りであったこと、春を見据えたレースであることからもどこまで仕上げていたのかは疑問が残るものの、それでも4着と善戦。スマートレイアーは続く阪神牝馬Sを制し、ヴィクトリアMでも4着と好走していることを考えればレースレベルは決して低くない。

富士Sに続く重賞制覇となるのか楽しみな1戦です。

ダノンリバティ

【前走】関屋記念2着【父】キングカメハメハ【母父】エリシオ

スカーレット一族の一員で、ダノンリバティの近親にはヴァーミリアンやサカラート、キングスエンブレムなどダート重賞で成績を残したきた。この馬自身もダート重賞を制していることからもダート適正も高い。その点からと血統背景的には、ダートややや重い芝での活躍が目立つ。

今年はマイラーズCで12着と大敗を喫するも、前走の関屋記念2着を始め、中京記念で5着と重賞戦線でも一定の結果を残しています。重賞勝利は未だにないものの、直ぐにでも獲れるだけの力は持っている。

逆に言えば、ここで何かしらの結果を求めているはず。一定の条件はあるものの、逆転でのサマーマイルチャンピオンが見えているだけに、ある程度の高いところでの完成度に期待したいです。

2018年もいよいよ残りわずか。
今年こそは競馬でプラスを望んでいませんでしたか?

『平成最後の』という言葉を最近よく目にするようになりました。
いよいよ来年の春には平成の世の中が終わり、新しい年号へと突入していきます。

今年の秋は、勿論ですが、平成最後の秋となります。

さて、突然ですが、あなたは2018年の初めに何を心に決めましたか?

競馬を愛する人は、もちろん『金運上昇』ではないでしょうか。

多くの悩みの殆どは『対人関係』か『金銭問題』です。

競馬をやる人は、初詣では言わずとも、その年初めの競馬に参加するタイミングで『初競馬』と言って験を担ぎます。
今年は勝てるように頑張ろうと思うものです。

さて、2018年の馬券の回収はどうなっていますか?

春先から好調だった人や、夏競馬で大きく負けを作ってしまった人。
夏競馬までは負け続きだったけれど、夏競馬で一気に負けを取り戻した人。
2018年はとにかく安定して勝てている人。

あなたはどのタイプですか?

今年こそはと思って競馬を始めても負けている人は、これまでの買い方や参考情報を変更して馬券を買うことも念頭に秋競馬に挑んだ方がいいです。

そこでご紹介したいのは『うまとみらいと』です。

\ 『金曜競馬CLUB』でもお馴染み! /

無料のお申し込みはこちら

※登録に必要なものはメールアドレスのみ

『うまとみらいと』の最大の特徴は、無料登録すると3つのサイトのサービスを利用できるという点です。

そんなお得なことってありますか?

そもそも『うまとみらいと』は、「競馬の殿堂」・「うまコラボ」・「HIT MAKE」の3つのサイトを吉成周蔵氏が統合して生まれたものです。

『うまとみらいと』に登録すれば、3つのサービスを一気に利用できるということになります。アカウントを作成すれば、3つのサイトを横断できると考えるといいでしょう。

この3つの中で、この文章を読んでいるあなたに1番にオススメしたいのが、指数攻略サイトの『うまコラボ』です。

指数を使って出走馬の力関係を明確に提示してくれますので、力関係はよく分からないレースでも、誰でも簡単に力関係が分かります。

もちろん、指数を使えば馬券が当たるのであれば、みんながみんな指数を利用しています。そう簡単にいかないのが競馬の面白いところでもあります。

しかし、予想のとっかかりがあるのとないのとでは、断然とっかかりがある方が良いです。予想の軸を決めることができるので、時短にも繋がりますから。

うまとみらいとに登録すると、うまコラボ以外にも、競馬の殿堂やヒットメイクを利用することができます。

『競馬の殿堂』は、完全無料主義を貫き、会員との信頼関係を第一に考える鈴木健一氏が作成したコンテンツサイトです。

うまコラボをオススメしていますが、指数が自分には合わないと思ってからでも、他のコンテンツが豊富だから損をした感じは受けないはずです。

登録に掛かる時間は2分も必要ありません。メールアドレスを用意して登録すると、すぐに自動折り返しのメールが登録したアドレス宛に届きます。そこに記載のURLをクリックすると本登録が完了、各コンテンツを利用できるようになります。

簡単登録で3つの統合されたコンテンツを利用できる。
『うまとみらいと』は、これまでの常識を覆す、とっておきの競馬情報サイトです。

この後の無料公開対象レースは以下の通りです。

■11/18(日) 京都11R マイルチャンピオンシップ(G1)
■11/25(日) 東京11R ジャパンカップ(G1)

今登録すれば、G1レースの指数を無料で見れるので、あなたの馬券に大きく影響するはず。

もちろん、毎週午前中のレースは無料登録でご覧いただけるので、これを使って午前中に資金を増やして重賞でデカく勝負することも可能です!

あなたもうまとみらいとに登録して、うまコラボの指数を使い倒してください。

\ 100%本気の情報をあなたに /

無料のお申し込みはこちら

※無料でご利用になれます

スポンサードリンク