京王杯スプリングカップ 2019 出走予定馬|想定騎手と推定オッズ

リッキー
ども!リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

爆穴ブログのLINE@を作りました。ご興味ありましたら、下の画像をクリックしてあなたも登録してください。

とくに配信内容は決めていませんww

メールマガジンで配信していた内容を精査して、今度はLINEで送るのがアイデアとしてあります。
メルマガはあまり会員が増えずに撤退しちゃいましたけど、多くの人に登録していただければ嬉しいです。

それでは京王杯SCの出走予定馬情報をチェックしていきたいと思います。
想定騎手や推定オッズ、有力馬考察のあとに現時点での注目馬なども紹介していますので、もしよろしければ最後までご覧いただければ幸いです。

安田記念の前哨戦として行われる1戦。
前哨戦なので、仕上がりをどこにもってきているのかで勝負度合いが変わってくるレースです。

それでは早速出走予定馬を見ていきます。

京王杯SCの出走予定馬

馬名斤量想定
エントシャイデン56田辺
キャナルストリート54石橋脩
サトノアレス56柴山
スターオブペルシャ56杉原
ストーミーシー56大野
スマートオーディン56池添
タイムトリップ56田中勝
ダイメイフジ56○○
タワーオブロンドン56レーン
トゥザクラウン56福永
ドーヴァー56三浦
ブロワ54○○
リナーテ54武豊
リライアブルエース56坂井瑠
レッツゴードンキ54○○
ロジクライ56○○
ロードクエスト57Mデム

推定オッズ

馬名推オッズ
タワーオブロンドン3.7
サトノアレス4.6
トゥザクラウン5.2
スマートオーディン7.1
ロジクライ8.4
ロードクエスト13.8
リナーテ18.4
レッツゴードンキ23.9
エントシャイデン27.8
スターオブペルシャ37.4
キャナルストリート40.3
ドーヴァー50.4
ストーミーシー64.5
リライアブルエース104.2
ダイメイフジ110.3
タイムトリップ154.5
ブロワ305.4

有力馬考察

タワーオブロンドン
≪牡4/鹿 藤沢和雄厩舎≫

【前走】東京新聞杯 5着
【父】Raven’s Pass
【母父】Dalakhani

NHKマイルCでは1人気に支持された実績もある馬。
半年振りのレースとなったキャピタルSでは、ダイワキャグニーをマークしすぎてグァンチャーレを差し損ねた感じ。

東京新聞杯は、掲示板は確保したもののというところまでで、最後は伸びを欠いた形。
東京1600を立て続けに3レース走り、12着・2着・5着と一息。

それまでの成績を考えると、少し物足りない印象です。

今回は東京1400Mでのレース。
東京コース実績が足りないだけに、そこをどう見るか。
個人的には東京の坂がどうも厳しいのではないかと思ってるので、距離がどうこうではないような気がします。

サトノアレス
≪牡5/黒鹿 藤沢和雄厩舎≫

【前走】東京新聞杯 3着
【父】ディープインパクト
【母父】デインヒル

朝日杯FSを勝ち馬も、そこから巴賞を勝つだけと、成績は今一つ。
マイル路線にシフトしてからは重賞でも好走歴があり、昨年の京王杯SCでは3着に好走を見せました。

勝ちきれないレースが続くということは決め手に欠けるタイプということ。

その点では、広い東京コースであれば勝負できそうな気がしないでもないのですが、その東京で好走止まり。
ただ、阪神カップで15着を見ると、東京でこその馬というのは言えると思います。

トゥザクラウン
≪牡5/鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】大-ハンC 1着
【父】キングカメハメハ
【母父】サンデーサイレンス

トゥザと名前が付いていることからも分かる通り、トゥザヴィクトリーを母に持つ1頭。

父キングカメハメハなので、トゥザグローリーやトゥザワールドを兄に持つという血統です。
G1に出走してくるものの、G1では足りない血統組み合わせとも言えそうです。

重賞勝ちを多数輩出していますので、その点ではここくらいは勝って欲しいと感じるところはあります。

福永騎手とのコンビで2連勝と手が合っている様子。
連勝の勢いそのままに重賞勝ちを収められるのかに注目です。

まとめと現時点での注目馬

安田記念の前哨戦として挑むメンバーがほとんどですが、トゥザクラウンのように初重賞挑戦のような陣営では、安田記念よりもまずは目の前の重賞を勝たなければ出走が難しいメンバーなどもいます。

勝負度合いの違うメンバーがいますので、その点ではしっかりと中間の気配を紐解いておきたいレースです。

そんな中で注目しているのが、≪SCA≫ロジクライです。

人気馬の一角ではありますが、前走はG1で4人気の実力を認められている馬。
結果は見せ場なく沈みましたが、持っている能力は高い。
1600Mよりも1400Mの舞台が合いそうなのも、今回はプラスと判断。

追い切り次第では当然買いたい1頭です。