競馬運を上げる!?金運上昇にオススメの財布を発見!!パワースポット情報も

競馬運を上げる

こんにちは、リッキーです。
夏競馬、エンジョイしていますか?

今年の夏競馬は本当に難しいなと感じます。
暑さにやられてしまって冷静な判断ができないから、でしょうか。

そこで、ここは他力本願!ということで、信じる者は救われるでまとめていますので、広い心でお読みください^^

競馬の時は競馬財布を使うと良い

風水を信じるか信じないかはあなた次第…とは言っても、競馬ではコパノやラブミーで有名な小林祥晃(Dr.コパ)さんがいますので、たかが風水、されぞ風水です。
コパノリッキーやコパノリチャード、ラブミーチャンはG1勝ち馬。
3頭のG1馬を所有することは強運の持ち主でもあると言ってしまっても過言ではありません。

お金と直接関係してくるのがお財布。
お財布はお金の家と言われています。

古い財布や汚れた財布では、住みづらいのでお金が逃げていくというのは広く一般的に言われています。

また、知るところだと、折り畳み型よりも長財布の方が良いとか言われています。
お金を折り曲げて苦しい思いをさせないというのが所以のようです。

また、風水では、赤色の財布はご法度
赤色は炎の色、全てのお金を焼き尽くすと言われているようです。

上記は風水の情報を基に記載していますが、ちょっと待って下さい。

調べていると、風水には中国式と日本式とあるようで、一概に赤の財布が駄目ということでもないようです。

運気アップに赤い色の財布?赤財布の風水効果5つ(https://spicomi.net/media/articles/106)

上のリンク先では、エネルギー溢れるのか赤色ですが、そのパワーに負けない意思があると良いと書いてありますし、文章の締めにはお金の流れを活発にしてくれる効果とも書かれています。

その他にも、青色は水の象徴の為、水に流れるので財布にはNG。
黒色は安定の象徴の為、これまで成功している人が持つのはOKだが、ギャンブルなどお金を呼び込みたいときにはNGなど様々です。

たかが財布、されぞ財布です。

そこで色々と探していたらこれは!と思ったものがありましたのでご紹介しておきます。

それは『水晶院』が運営されているラッキーショップの中で売られている『金運馬蹄財布』です。

金運神社御祈祷済みのお財布。
熊本県にある宝来宝来神社は、まだ歴史の浅い神社です。
平成16年に作られた新しい神社ですが、開祖となった要因が、宝くじに当たったからだというから驚きです。強運じゃなきゃ当たりません。

しっかりと馬蹄のエンブレムが付けられていて、競馬財布にするにはもってこい。

勿論、財布を替えたからすぐに当たるというわけではないですが、競馬には競馬財布を持ちたい、ギャンブル専用の財布を持ちたいという方は、4,888円(税込・送料別)で持てるのでオススメです。
数に限りがあるということなので欲しい方はお早めに。

競馬運を上げたいなら、パワースポット巡りが効果的かも

財布を新しくして心機一転!!…とはなりませんよね。
新しい財布は気持ちが昂りはしますが、本当に効果があるのかな?と半信半疑になってしまいます。

半信半疑ということは信じきれないということ。
そんな中途半端な気持ちでは当たるものも当たりません。

そこでパワースポットを巡って、更に競馬運や金運を上昇させましょう。

京都競馬場からもほど近い場所にある藤森神社

藤森神社

ホームページ:http://www.fujinomorijinjya.or.jp/
アクセス:〒612-0864 京都市伏見区深草鳥居崎町609

京阪墨染駅下車徒歩7分
JR藤森駅下車徒歩5分

京阪本線で京都競馬場まで15分の立地にある神社で、古くは神功皇后によって創建された由緒ある古社です。
勝運と馬の神様として、競馬関係者の参拝もあるということで、競馬にも通用している神社のようです。

境内には、トウカイテイオーが描かれた絵(奉納トウカイテイオー号)やナリタブライアン(奉納ナリタブライアン号)があるので、競馬関係者が実際に参拝している証拠でもあります。
また、神馬像がドドーンとありますので、馬と深い関係がある神社であることは行ったらすぐに分かります。

京都競馬場にお立ち寄りの際は、行かれてみてはいかがでしょうか。
ただし、午前中にはお守りが売り切れてしまうほどの人気ですので、競馬場へ行く前に立ち寄るのがいいでしょう。

伝説が残る千束八幡神社(洗足池八幡宮)

ホームページ:http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/ota/5395/

アクセス:東京都大田区南千束2-23-10

東急池上線洗足池駅徒歩6分

ここの八幡神社は、池月発祥伝説があります。
端折って説明すると、平安時代末期の治承・寿永の乱の戦いの一つで宇治川の戦いというものがありました。治承・寿永の乱の戦いは、源義仲と源範頼・源義経による合戦です。
その時に源頼朝や源義仲、源義経と従妹関係にある佐々木高綱は、宇治川の戦いにて梶原景季との先陣争いで知られた武将で、その時に佐々木高綱に与えられた馬が生唼(生月)であるということです。

平家物語の宇治川の先陣に登場する馬なので有名な馬ですね。

その池月、伝説によると、源頼朝が宿営地洗足池で、天地を震わせる嘶きで驚き捕らえたそう。

今日では、その先陣争いを競った池月と磨墨の像が建てられており、馬が深く関わる神社として有名です。

尚、池月が祭られている馬頭観音堂が神奈川県横浜市港北区鳥山町にあるので、そちらにも行かれるのがいいかもしれません。お時間がある時にでも。

名前そのままの勝馬神社(大杉神社内)

大杉神社 勝馬神社

ホームページ:http://oosugi-jinja.or.jp/

アクセス:〒300-0621 茨城県稲敷市阿波958番地
車がないとなかなか厳しいかもですが、JR成田線神崎駅前から専用直通バスが毎週土日に運行されているようです。

美浦トレセンからもほど近い場所にあることから、競馬関係者も多く訪れるという場所。
大杉神社の南東にひっそりと佇むのが勝馬神社です。

勝馬守という競馬の為のお守りを販売していますので、お土産に買われるのもいいかもしれません。
開運そばを食べることができますので、勝負する前日にそのそばを食べてもいいでしょう。

ちなみに、上記のホームページ内に、神馬に跨る岡部幸雄さんの写真がありますので、今日まで競馬関係者の信仰があるということでしょう。

気持ちを新たに競馬に挑もう!

財布を新しくする、馬にまつわるパワースポットに行くことの2つをオススメしました。
オススメは藤森神社。京都競馬場からのアクセスも簡単ですので、競馬場に行く前に立ち寄るのもいいかもしれませんね。

しかし、ちゃんと勝てたらお礼参りを忘れずに。
神様は意外とルールが厳格に決まっていますので、お忘れなきようお気を付けください。

昨年20万馬券の札幌記念は夏競馬も絶好調の指数で読み解く!

来週は8月唯一のG2そして高額賞金のレース「札幌記念」が行われます。
昨年は20万間馬券となった札幌記念。
出走予定の馬を見ると逃げ先行の馬が多い中、スタートから最初のコーナーまでの直線が長めの札幌でどんなレースが展開されるか注目です。

その難しいレースを読むのに役立つ「指数」があります。
「うまとみらいと」の「コラボ@指数」です。
先週は指数上位4頭でエルムステークスを的中させました!

8月11日(土)は3連単の的中率が「41.7%」!!

単勝:86.1%
複勝:97.2%
馬連:63.9%
ワイド:77.8%
馬単:63.9%
三連複:41.7%
三連単:41.7%

難しいと言われている夏競馬の土曜日のレースで叩き出した数値です。
毎週発表される的中率は見るたびに驚かされます。

全会場1R~6Rと重賞1レースが無料で見れる「コラボ@指数」。
今週末の重賞無料提供はもちろん「札幌記念」です!

無料で登録できるので、悩んだらまず指数をチェックしてみてください。
メールアドレスを登録して返信メール内URLをクリックすれば登録完了です!

「札幌記念」の指数は土曜日に公開です。
それまで過去データを検証することをおススメします。

夏競馬、勝ってますか?
週末に10万人が利用している指数をチェックしていなかったら…勿体ない!

札幌記念の指数を見に行く

今すぐご登録される方はコチラから

スポンサードリンク
ブログランキングに参加しています

もしよろしければ、1日1クリックの応援をよろしくお願いします。

  • 競馬ランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログへ

シェアする

フォローする

スポンサードリンク