カペラステークス 2017 最終追い切り評価|ニットウスバルを高評価!

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

12月10日第10回カペラステークスの最終追い切り考察を中心に書いています。
注目馬や有力馬の紹介は、以下のページで行っています。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/kaperasute-kusu-2017-yotei/”][/blogcard]

メンバー的には揃いました。小粒ばかりではありますけど、ダートの短距離重賞、特に中央のレースはフルゲート必至です。
昨年こそ3人気-2人気-1人気で決まりましたが、2年前は12人気-7人気-8人気決着で、3連単165万4200円と荒れた決着となりました。

今年は穴馬の激走があるのか。
その辺りも追い切りから見極めていきたいと思います。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

グレイスフルリープ【B】※

12月6日(水)栗東 CW(良)
【6F88.1-71.2-55.0-40.2-1F12.3】

2頭併せ外強め1馬身先着。
ゴール後に僚馬が一杯に追われたので、すぐに追いつかれてしまいましたが、ゴールまでを考えると1馬身先着で、時計も出ているので、ある程度は整っていると見ていいでしょう。

ただし、前走は海外でのレース。
見えない疲れを抱えていることもありますので、デキはいいのではないかくらいに留めておくべきでしょう。
佐賀でのサマーチャンピオン5着という結果や黒船賞3着の頃と、状態的にはあまり変わりがない程度ではないかと見ています。

※評価は国内前走のサマーチャンピオン時と比べて

コーリンベリー【B】

12月6日(水)美浦 南D(良)
【5F67.7-52.7-39.2-1F13.0】

2頭併せ外馬なり1馬身程度先着。
状態的にはある程度は整ったと見ていいです。

昨年のカペラSで3着の実績がありますが、その時と比べると全体的な雰囲気は落ちたように思います。
牝馬で6歳ですので、そろそろ枯れ始める時期でもありますので、その点では昨年以上の前進は難しいのかなと感じます。

サイタスリーレッド【A-B】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【53.2-38.7-25.1-12.6】

単走馬なり。
前走の映像がありませんので時計判断となりますが、前走に比べるとラップが安定しています。
前走は、加速しながらも最後は大きく失速する内容でしたが、今回は12.6秒で踏みとどまっています。

時計だけの判断は危険も伴いますが、前走は大きくラップを落とした前走と比べると、今回の方がいいのではないかと見ています。

ショコラブラン【B-C】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【58.5-43.4-28.0-12.6】

単走末強め。
全体58.5秒なので、最後だけさらっとやった程度の内容となりました。

前走も同じような時計の出し方をしていて8着に凡走。
今回は間隔が近いこともあり、内容的にはさらにゆったりとした入りからとなっていますが、それでも最終リハにしては時計が遅すぎる印象。
状態的には良くて前走程度、状態落ちまで意識したい内容でした。
今回は、デキ落ちの評価をしておきます。

スノードラゴン【B】

12月6日(水)美浦 坂路(稍重)
【53.9-39.1-25.0-12.3】

単走強め。
途中で大きく右を向く仕草を見せるなど、やや集中力に欠けた内容にも映りました。
時計がある程度のところまでとなっていますが、馬場が荒れている時間帯ですので、それでも出ている方の時計ではないかと判断していいでしょう。

ただ、馬場が荒れている時間帯の追い切りでも、このくらいは走れる馬ですので、前走程度の評価に留めておくべきでしょう。
前走は負け過ぎた印象は受けますが、それでも前走程度には走れるはずです。

ディオスコリダー【B】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【53.8-38.6-25.3-12.9】

単走強め。
最後は減速ラップとなってしまいましたが、前走も減速ラップを刻みながらの追い切りで準OPを制しています。
その時とは同じようなレベルで走れる状態にあるのではないかと見ていいです。

今回は重賞挑戦となりますが、ここをなんとしても取りに行きたいというような追い切りではなかったです。
まだ3歳馬ですので、これから先を考えて作られていると思います。

ドラゴンゲート【B】

12月6日(水)美浦 南D(良)
【5F65.7-50.7-37.3-1F12.9】

単走強め。
動きは軽快で、時計も出ていますので、状態の良さを感じます。
前走の映像はありませんが、前走時は重馬場のダートを駆け抜けています。脚抜きがいいので、前走時の方が時計がいいですが、良馬場で考えればこの程度出ていればよさそうです。

それでも前走は7着に敗れています。
NST賞を勝っているのですが、その時は斤量に恵まれた印象。
今回は前走以上に斤量を背負う点では、あまりプラスには見ることは難しいと判断しています。

ニットウスバル【A】

12月6日(水)美浦 坂路(良)
【55.8-39.2-25.5-12.4】

単走末一杯。
前走時の映像がありませんので、こちらも時計判断。
前走はラップの刻み方が不規則でしたが、今回は綺麗な加速ラップを刻めています。

映像を見る限りではメリハリもありましたので、状態は良いのではないかと思います。

時計判断のみで上昇気配とするのは危険な部分もありますが、前走の時計が時計ですので、今回の方が状態はいいでしょう。
綺麗な加速ラップを刻んで出走した室町Sでは2着でしたので、それでも強気に推すことはできませんが、状態的には前走よりかは良いはずです。

ノボバカラ【B】

12月6日(水)美浦 南W(良)
【5F69.0-53.3-39.5-1F13.5】

単走強め。
鞭が一発入りましたが、合図のようなものでしたので強め表記としておきます。

前走のJBCスプリントでは12着と大敗。
地方馬にも先着を許す内容となりました。
状態的には、前走と変わりなく来ていると思います。
他のところに要因があると思えば、見直してもいいでしょう。

ブルドッグボス

12月6日(水)浦和 ダート(良)
【5F65.9-52.4-37.8-1F13.4】

3頭併せ外強め3馬身程先着。

前走の追い切り内容もそうですが、浦和の時計の見方が分かりませんので映像を観た所感について書いています。

追い出されてからの加速は良かったです。
一気にギアが入っていく姿は、とても心強さを感じました。

状態は良さそうに思いますが、すみません、評価は適当にはできないので、状態は良さそうという表現に留めておきたいと思います。

ブルミラコロ【B-C】

12月6日(水)栗東 坂路(良)
【51.5-37.8-25.4-13.1】

単走馬なり。
最後は時計を大きく落とす内容となりましたが、前走は加速ラップを刻んでいました。
時計判断では危険ではあると再三申し上げていますが、時計を根拠に考えると、今回はデキ落ちではないかと推測できます。

ただし、今回は全体51.5秒と全体時計は刻めています。
大きく落ちたと考えるよりも、いつもと違う調整方法、時計の出方をしているので、不安視してもいいと考えるに留めるべきではないかと見ています。

モンドクラッセ【B】

12月6日(水)美浦 南W(良)
【5F69.8-54.5-40.4-1F13.4】

単走末強め。
動き自体は決して悪くないと思いますが、結果が出ていない現状を見るとあまり強くは推せません。

特に前走は4.7秒差で送れるほどの内容でした。
動きは良かったと思いますが、時計の根拠も乏しい現状では、上昇気配とまでは言い切れないでしょう。

カペラステークスの追い切りまとめとオススメ馬

以上で、12頭の追い切りをチェックしていきました。

このレースは、前走OP組、準OP組が多いので、映像配信がない馬が多かったので精度的にはどうなのかなと思う部分もあります。
時計判断だけでは、どうしても馬場差などの影響も考慮して考えなければならず、それは難しいものがあります。

映像がないというのは、地図を見ながら目的地を探す感じでしょうか。
スマホやカーナビは使えず、地図だけを頼りに行くとなると、目的地に到着することができても不便です。
道を間違えたりする確率も上がると思いますが、前走映像がない馬が多いレースというのは、そう言ったたとえ話で言えることです。

さて、今回の追い切りで上昇気配と感じたのは、【A】評価のニットウスバルと【A-B】評価のサイタスリーレッドの2頭でした。
特にニットウスバルは、一息入れられて室町S2着、前走AリーフSでは1着と結果を残しています。
今回はさらに上昇気配を感じさせる内容で、好感度は高いです。

それではオススメ馬です。


  • ニットウスバル
  • サイタスリーレッド
  • ブルドッグボス

ブルドックボスについてですが、前走JBCスプリントの追い切り映像と比較すると、今回はカメラの角度も全く違いますので一概に比べることができません。

【第17回 JBCスプリント(JpnI)】の調教追い切り動画

2:02~から

しかし、前走の映像を比較すると、今回の方が反応が良いのではないかと見ています。
その為、今回はオススメ馬に含めています。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク