JBCスプリント 2018 最終追い切り評価|マテラスカイ50.3秒で好仕上がり

どうも、リッキーです。

JBCスプリントの最終追い切り評価を行っています。
11月4日に行われるG1(級)重賞、JBCスプリント。
ダート短距離の本命どころは揃った、そんな1戦になりました。

短距離を主に走っている陣営はここで一旦お休みに入るので、『ここはメイチで』と考えているところもあると思います。

その辺りをしっかりと見極めていきます。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

ウインムート【B】

10月31日(水)栗東 坂路(良)
【54.5-40.3-26.1-12.7】

単走末強め。
少し寄れる場面も見受けられましたが、寄れていない部分以外の走りは概ね良好でした。

ただ、今回の最終リハを見る限りでは、特に良くなったという可能性は感じません。
前走の追い切りが悪いようにも感じない時計ではありますが、状態的には変わりなく引き続き来ていると思います。

前走の負けがコースにあるとすれば、見直せる余地はあるでしょう。

キングズガード【B】

10月31日(水)栗東 CW(良)
【6F83.8-67.7-53.0-38.9-1F12.6】

3頭併せ内強め1頭アタマ差先着、1頭半馬身先着。
4馬身程後方を追走後、僚馬が外々を回る中でショートカットして直線入り口で並ぶと最後は強めに追われる内容でした。

地味だと感じるのは、最後は余力を持って先着出来そうだったにも関わらず、外を回る僚馬に詰め寄られたこと。
楽に突き抜けそうな雰囲気はあっただけに、最後は地味でした。

今回でデキが良くなったとは思えませんので、こんなところではないでしょうか。
ただ、このローテがあっていない可能性は感じます。
疲労も見え隠れしている…?

グレイスフルリープ【A-B】

10月31日(水)栗東 坂路(良)
【54.0-39.6-25.6-12.7】

単走末強め。

力強く脚の回転もよく駆けあがっています。
ただ、若干、右へ流れているようにも感じるので、その点ではどうか。

1週前の追い切り映像がないのが悔やまれますが、24日の坂路の時計は良かったのでその時の映像を観たかったです。

集中力があり、淡々と走れているので状態は良さそうです。

1週前の時計を信頼するなら上昇気配でも楽しみな存在です。

セイウンコウセイ【B】

10月31日(水)美浦 南W(良)
【5F63.6-48.9-36.5-1F12.7】

単走一杯。

しっかりと負荷を掛けられていましたが、どうでしょうか。
やや前のめりと表現すべきか、前につんのめった感じと表現するべきか、ややバランスが悪いようにも感じました。

ただ、短距離馬っぽい側面を見せているので、あとはダートが合うかどうか。

時計は今回の方が良かったものの、雰囲気は変わらない範囲か。

ナックビーナス【B】

10月31日(水)美浦 南W(良)
【5F70.4-54.4-39.4-1F12.5】

2頭併せ外末強め3馬身程先着。
最後まで追ってくれればよかったのですが、ゴール前にはもう手綱を緩めていました。

それでも3馬身程は先着しているのではないでしょうか。

あとはダート適正だけ。
仕上がりは前走を辛うじてキープ出来ている範囲。
デキ落ちは考えなくても良さそうです。

ニシケンモノノフ【B-C】

10月31日(水)栗東 B(良)
【5F69.2-53.4-39.1-1F12.5】

単走末強め。
強め表記ですが、そこまで強めという感じではなく、馬なりの範疇と言えば馬なりの範疇でした。

昨年のJBCスプリントの覇者ですが、昨年の方が仕上がりが良かったのでは。
優勝した昨年の時は坂路追いを行っているのですが、今回は栗東Bコース。ダートでの追い切りでした。

時計と映像の雰囲気を考慮すると、休み明けが色濃くありそう。

ノボバカラ【B】

10月31日(水)美浦 南W(良)
【5F71.8-55.9-40.9-1F13.4】

単走馬なり。

頭の位置が高く、外を見たりと集中力に疑問も。

時計的には前走と変わりない範囲。
追い切り的には色々と総合して考えると、前走以上というのは考えにくいです。

モーニン【A-B】※

10月31日(水)栗東 坂路(良)
【51.2-36.7-24.1-12.2】

単走一杯。
3頭併せのような形になりましたが、併せた馬とはクビ差程遅れたところでした。

それでもしっかりと動けていますので、状態的には悪くはない。

一時の不調は取り除かれてきたように思います。
動きがしっかりとしてきましたので、立て直されてきていると思います。
いきなりここを巻き返して勝つことは考えにくいですが、好走出来る状態にはあるのでは。

※かしわ記念の時計と比較して

レッツゴードンキ【B】

10月31日(水)栗東 坂路(良)
【53.2-38.1-25.0-12.9】

単走強め。

しっかりと追われていました。

気になったのは体の線が細いように感じます。
秋も3戦目となりますので、仕上がり具合は悪くはないと思いますが、細い印象を受けたのが気になりました。

時計的には前走時と変わりなく。
前走以上というのは考えにくいですが、上々のデキにはあると思います。

木曜追い切り馬

テーオーヘリオス【A】

11月1日(木)栗東 坂路(良)
【52.3-38.3-25.0-12.8】

単走強め。

前走時の動きと比べると、今回の方が断然良かったです。
肩鞭が入っても反応がなかった前走の最終リハですが、今回は強めに追われただけでしっかりと走れていました。

今回の追い切り内容を見ると、前走以上には走れる見込みです。

ただ、地力がどこまでという評価もできるだけに、この追い切りでここを勝つまで上積みがあったのかは分かりません。
前走使われて上積みは確実にありますが。

ネロ【B】

11月1日(木)栗東 坂路(良)
【49.8-37.7-25.7-13.4】

2頭併せ強め3馬身程遅れ。

さすがの時計。
坂路番長という言葉がぴったりと当てはまる時計です。

それでも遅れているのは、デキが悪いからでしょうか。

時計だけはいつもいい馬だけに、ここはやはり様子見推奨でしょう。
走れないことはないとややマイナス的な見方をしておくべきです。

マテラスカイ【A】

11月1日(木)栗東 坂路(良)
【50.3-36.9-24.8-13.0】

2頭併せ末一杯3馬身程先着。
相手はネロでしたが、4馬身程突き抜けました。

マテラスカイの方が先行していたのですが、結局並んで最後は突き放す内容。
さすがの動きと評していいのではないでしょうか。

ネロがあまりに駄目だったと見ることもできますが、雰囲気を比較してもこちらの方が良かったです。

こうしてみると、前走は明らかに叩き台。
短距離G1はここしかないだけに、ここを全力でと考えているはず。
それが伝わる良い動きでした。

地方馬

地方馬は判断ができませんので、情報だけ記載しておきます。

アンサンブルライフ

10月29日(月)浦和 ダート(良)
【5F68.2-51.5-37.8-1F13.0】

2頭併せ強め2馬身程遅れ。

いつもどのような追い切りを消化しているのかは分かりませんが、大舞台前に遅れるのは見た目は地味。
ただ、しっかりと前脚を動かして走れているので、調子が特段悪いようには見えない。

キタサンミカヅキ

10月31日(水)船橋 ダート(良)
【6F79.6-63.2-49.6-36.6-1F12.0】

2頭併せ外一杯3馬身程先着。

有力馬の1頭に目されているのですが、時計は船橋だとこんなところでしょうか。
コース4分から5分程を通過しているので、この時計でもとは感じる部分です。

追われてから僚馬に馬体をぶつけてしまうほど寄れていますが、そこから状態を立て直すを一気に加速していく走り。
悪くはない範囲だとは思いますが、時計判断では悪くはないと思います。

それでも前走程度までで、上積みを考えると難しいか。

ノブワイルド

10月29日(月)浦和 ダート(良)
【5F66.6-41.2-37.6-1F12.8】

単走馬なり。
やや掛かり気味のような感じもしましたが、最後まで馬なりでのものでした。
しっかりと走れていますので、状態が悪いということはないでしょう。

前走程度には走れる見込みですが、ここではさすがに肩の荷が重たいか。

ラブバレット

10月31日(水)水沢 ダート(稍重)
【5F63.4-49.8-37.4-1F12.7】

単走強め。

周囲が暗い中での追い切りで、カメラの性能もあるのかもしれませんが、脚元がよくわからず。

ライトの下に来るとしっかりと見える程度。

ただ、雰囲気的には順調そう。
走り自体はしっかりとしているので、あとは地力がどこまででしょう。

JBCスプリントの追い切りまとめとオススメ馬

さて、出走馬全頭の追い切りをチェックしてきました。

上昇気配を示したのは【A】評価のテーオーヘリオスマテラスカイの2頭と、【A-B】評価のグレイスフルリープモーニンの2頭の合計4頭が前走と比較して動きが良くなっていると判断できます。

特にマテラスカイは動きが抜群に良かったです。
相棒のネロがここまで簡単に差が開くというのはなかなかないことですし、全盛期ほどではないとしても、前哨戦の東京盃で2着に入った馬ですので素晴らしい追い切りを消化してきました。

その他の馬では、ウインムートの扱いをどうするべきか。
地方交流だと映像配信がないので、雰囲気等を確認することができませんが、前走の敗因が仕上がりや調子とは別のところにあるとすれば見直せる部分はあると思います。

伏兵というよりも穴馬っぽい存在。
複穴でもオッズが付きそうなだけに、相手探しを考えた時には候補にしておかなければいけないでしょう。

あと気になるところではナックビーナス
後はダート適正がどうなのかという部分だけで、仕上がりがとても良さそう。
セイウンコウセイも雰囲気は良かっただけに、注目しておく必要はあると見ています。

あとは追い切り評価ができないものの、キタサンミカヅキの扱いです。
前走以上はないというのは、前走がメイチだった可能性は否定できないからです。

ただ、キープはしいてる可能性は高いので、ここはチャンスだと見ることもできます。

色々と迷う部分はあるものの、それではオススメ馬です。
まとめで名前を挙げた馬には気を付けたいレースですが、そうだと絞れないので、追い切りから見たオススメ馬です。

  • マテラスカイ
  • 【Jス】モーニン
  • グレイスフルリープ
  • ナックビーナス

今回は2頭目をランキング確認とさせていただきました。
お手数かと思いますが、ランキングアップにご協力お願いします。

※16:20に人気ブログランキングを更新した為、ランキングの概要欄に反映されるまでにタイムラグが発生します。
1時間程度は反映されていない可能性がありますので、時間をおいてご確認ください。