JBCスプリント 2018 出走予定馬|混戦模様|想定騎手と推定オッズ

ども、リッキーです。ご覧いただき感謝です。

JBC3レースの開幕戦であるJBCスプリントの出走予定馬情報を見ていきます。
想定騎手や推定オッズも掲載しています。
最後に現時点での注目馬もご紹介しておりますので、最後までご覧いただけたら幸いです。

オッズは混戦模様。
地方馬にもチャンスがあるのがダートスプリントだけに、地方馬だから即切りというのは危険な考えです。
短距離なので一瞬で勝敗が決まりますが、芝とは違い迫力があるので、意外と僕は好きですね。
あくまで個人的なお話ですけどww

それでは早速出走予定馬をチェックしていきます。

JBCスプリントの登録馬情報

馬名斤量想定推オッズ
アンサンブルライフ[地]57繁田879.5
ウインムート57内田博48.5
キタサンミカヅキ[地]57森泰7.8
キングズガード57藤岡佑62.3
グレイスフルリープ57ルメール8.5
セイウンコウセイ57池添31.4
テーオーヘリオス57浜中96.3
ナックビーナス55大野16.8
ニシケンモノノフ57横山典55.1
ネロ57戸崎19.4
ノブワイルド[地]57左海144.4
ノボバカラ57御神本312.5
マテラスカイ57武豊3.1
モーニン57Cデム10.6
ラブバレット[地]57山本聡184.2
レッツゴードンキ55岩田3.5

除外対象

馬名斤量想定
サクセスエナジー57松山
スマートアヴァロン57和田
コウエイエンブレム57○○

JBCスプリントの有力馬考察

マテラスカイ
≪牡4/栗 森秀行厩舎≫

【前走】東京盃 4着
【父】Speightstown
【母父】Rahy

前走は地方の砂が合わないのか、4着と奮わなかった。
しかし、2走前のプロキオンSではレコード圧勝で、短距離にも関わらず2着以下に4馬身差の圧勝だったのだから次元が違う脚を持っていると表現しても差し支えないはず。

中京巧者と思わせて、京都の今回の1200Mでも結果を残していて、準OPでしたが、後続に5馬身差と圧巻の走りを披露しただけに、ここでも期待が持てます。

鞍上には武豊騎手。
JRAだけで見ると4戦4勝と相性の良いコンビ。

前走の負けだけが不安に感じるポイントも、最近のレースぶりを見ると当然ここでも侮れない。
重賞2勝目がG1であっても不思議ではない。

レッツゴードンキ
≪牝6/栗 梅田智之厩舎≫

【前走】スプリンターズS 5着
【父】キングカメハメハ
【母父】マーベラスサンデー
17年2月の京都牝馬S以来勝ち星から遠ざかっているものの、その間に高松宮記念で2連連続2着や、スプリンターズSで2着など、芝ダート問わずに好走を見せている。
初ダートとなった16年11月のJBCレディスクラシックで2着の実績もあり、なかなか侮れない。

気になるのがローテーション。
今年は真夏のキーンランドCから始動して、スプリンターズSを使われてのJBCスプリント参戦で、既に夏から秋にかけて3戦目となる。
JBCレディスクラシックで2着に入った16年と同じローテーションで歩めるのは前向きな評価も、当時はキーンランドCで3着やその次のターコイズSで2着の好走などもあり、全体的に調子が良い中での2着だった。

今回は、3戦連続で馬券内を外しており、その点から考えると少々下降線を辿っているようにも感じる。
最後のチャンスとも言えるだけに、G1馬の底力を見せて欲しい。

キタサンミカヅキ
≪牡8/鹿 佐藤賢二厩舎≫

【前走】東京盃 1着
【父】キングヘイロー
【母父】サクラバクシンオー

17年6月にJRAから地方の船橋に転厩すると、いきなり南関重賞のアフター5スター賞を勝利。
続く東京盃も制するなど、調子の良さを伺わせます。

前走の東京盃を勝って2連覇を達成。
直近のレースでも3連勝、そしてJBCスプリントを除く交流重賞で4戦いずれも馬券内と、転厩してからのキタサンミカヅキは別の馬になったように走っています。

前走の東京盃では、マテラスカイやサクセスエナジーなどを退けての勝利だけにレベルは高かったはず。
前半のペースが緩まない中での5番手追走から最後は差して勝利。
内枠スタートの利もあったと思いますが、それでも2連覇は凄いこと。
G1勝利へ向けて視界良好。
現地には北島三郎オーナーも訪れると公言しているだけに、是非勝っていただいてインタビューを楽しみにしたいと思いますww

まとめと現時点での注目馬

さすがはG1(級)だけあって、メンバーは揃いました。
ただ、これといったメンバーは不在とも言えるので、上位拮抗という様相を示しています。

人気上位ならば、上記の通りにマテラスカイやキタサンミカヅキなどがいますが、伏兵馬扱いで楽しみなのはウインムートです。

プロキオンSで3着やOPの栗東Sや天保山Sなどの勝ち星がありますが、前走のオーバルスプリントでは大敗。
ただ、地方の砂が合わない可能性や浦和は特殊なコース故に慣れない超小回りで凡走してしまったと見ることもできます。

京都は1400Mでの実績がありますので、本質的には合わないということはないでしょう。
ただし、1400Mばかりに出走していますので、ここで1ハロン短縮がどう響くか。

それともう1頭気になっているのが、【B】グレイスFです。
ウインムートと比べると断然人気しちゃっていますが、十分に有り得そうなところでは、【B】グレイスFのオッズが魅力的です。

こちらも1400Mを主に使われていますが、結果を残しているのは1200Mの方が多いです。
中央重賞は未勝利ですが、能力的にはダートスプリント界隈でも上位。
日本のみならず韓国でも結果を残しているだけに、注意深く追い切りの様子から仕上がりを確認したい1頭です。