JBCクラシック 2018 出走予定馬|ダートの祭典が始まる!|想定騎手と推定オッズ

リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

ダートの祭典、JBCシリーズのメイン競走、JBCクラシックの出走予定馬情報をチェックしていきます。
地方競馬の持ち回り開催で行われているレースですが、今年はJRA京都にて開催。

1日にG1級レースが3つも行われるので、盛り上がること間違いなし。

当日はイベントも多く行われるみたいですので、お近くの方は是非行かれてみてください。

それでは早速、出走予定馬をチェックしていきます。
想定騎手や推定オッズも掲載しています。
最後に現時点での注目馬も紹介していますので、予想の参考にされてみて下さい。

JBCクラシックの登録馬

馬名斤量想定推オッズ
ケイティブレイブ57福永2.5
カツゲキキトキト(地)57大畑54.3
シュテルングランツ(地)57的場文355.4
タガノゴールド(地)57下原1059.8
サウンドトゥルー57大野19.8
ノンコノユメ57内田博9.5
テイエムジンソク57古川13.5
アポロケンタッキー57Mデム11.8
クリソライト57武豊37.9
オールブラッシュ57Cデム49.7
センチュリオン5756.1
オメガパフューム55和田8.2
サンライズソア57ルメール3.6
アスカノロマン57太宰126.5
マイネルバサラ57柴田大259.6
テーオーエナジー55岩田341.5

除外・回避

馬名斤量想定
ミツバ57回避見込み
パルトネルラーフ57松山

JBCクラシックの有力馬考察

ケイティブレイブ
≪牡5/栗 杉山晴紀厩舎≫

【前走】日テレ盃 1着
【父】アドマイヤマックス
【母父】サクラローレル

JBCの前哨戦である日テレ盃を快勝。
道中は2番手を進んで行く積極的な競馬を見せてのものでした。
2番手追走から上り最速をマークしていますので、これでは後続m馬はノーチャンスという状況でした。

それだけ調子が良いと言えますし、5歳の秋を迎え今が充実期に入っているのでは。
最後は余力ある走りを見せて2馬身差の圧勝なら文句なしで有力視できる1頭です。

今回は目下のライバルとなっているゴールドドリームが不在なのも大きい。
昨年はサウンドトゥルーに敗れたJBCクラシックですが、既に今年は立場が逆転。
登録馬では最上位の実績があるだけに、ケイティブレイブが中心になることは間違いないでしょう。

オメガパフューム
≪牡3/芦 安田翔伍厩舎≫

【前走】シリウスS 1着
【父】スウェプトオーヴァーボード
【母父】ゴールドアリュール

デビューからここまで6戦いずれも馬券内を確保するなど、[4.1.1.0]と堅実なタイプ。
JDDではルヴァンスレーブに敗れはしたものの、前走のシリウスSではグレイトパールやサンライズソアを破って勝利を収める活躍を見せました。

前走は馬場に水が溜まるほどの不良馬場でした。
序盤から流れが速くなる中で、後方を追走したオメガパフュームが勝てたのは展開の利もあったと見る方が良いでしょう。

ダートは層が厚いので、そう簡単には3歳馬が勝てるものではないというのは聞いたことがあります。
これまでもJDDを勝った馬が、その後苦戦しているのはよく見受けられます。

ただし、今年のJDDの覇者であるルヴァンスレーヴは、次走のマイルCS南部杯を快勝。
ゴールドドリーム相手に1馬身以上の差で圧勝ならば、今年の3歳馬は稀に見るハイレベルな世代と見ることもできます。

3歳馬というだけで走ってしまう可能性はありますので、注意深く追い切り等をチェックして状態を見ていきたい。

サンライズソア
≪牡4/青鹿 河内洋厩舎≫

【前走】シリウスS 3着
【父】シンボリクリスエス
【母父】スペシャルウィーク

今年は名古屋大賞典と平安Sを勝利。
特に平安Sは、今回と同舞台のレースだけに、結果が直結しそうなところも感じます。

ただし、3歳馬が強力な世代なら4歳世代はダートの谷間の世代とも言え、この馬はJDDで2着という結果でしたがその時の1位は地方馬でした。
地方馬だから弱いということはありませんが、やはり施設の違い等を考慮すれば、今現在のレベルでG1級レースで地方馬に敗れるのは、さすがに谷間の世代と言わざるを得ない状況。

その為、個人的には危険な人気馬のイメージがつきまといますが、鞍上は絶好調のルメール騎手が予定されています。
人気するのはこの馬というよりも騎手の力があるのかなと思いますので、僕は追い切りがよっぽど良いという理由がなければ買う予定は現在のところありません。

まとめと現時点でのおすすめ馬

G1表記こそないものの、G1級の人気を誇るレースですので注目度は高い。
アポロケンタッキーやオールブラッシュやサウンドトゥルーなどのG1(級を含む)勝利馬が多く揃った1戦です。

これまでは地方の持ち回り開催の為、広いコースと言えば大井くらいしかありませんでした。

それでも比較的小回りと言わざるを得ないだけに、京都のダート1900Mを歓迎する陣営も多いはず。
ただし、クラシックという名前ながらも非根幹距離での開催。
そこが1つ鍵になりそうな気配も。

そんな中で注目が必要だと思うのは、【A】アポロケンタッキーです。

暫くJRAでの出走がない馬ですが、実は京都ダートとの相性は良い馬。
今回の京都開催は、陣営的には歓迎しているはず。

G1は1勝馬ながら、いつも好走を見せる。
2勝目を目指して虎視眈々と仕上げられているはず。

1週前の追い切りでも、坂路を元気に単走で駆け抜けています。
当週で更に仕上げてくるはずですし、次走のチャンピオンズCもしくは東京大賞典では厳しくなってきた1頭。
ここらでもう一花咲かせて欲しいという思いも込めて。