JBC🏇 2018 予想|クラシック・スプリント・レディスの三競走まとめて見解

ども!リッキーです。

11月4日本日実施のJBCクラシック・JBCスプリント・JBCレディスクラシックの三レースの予想を行いましたのでご覧下さい。

さて、一日にG1級レース(以下G1)が三つも行われる日。

皆さんはワクワクドキドキ、興奮する感じですか?

一週間に六つの重賞があるのが初めてで、ブログの運営者としてはとっても大変でした😫
結局、土曜日の重賞の追い切り記事は出せず、尚且つ、まともに競馬を観てないです。ずっと追い切り記事をまとめていたので観れなかったが正しいかな。気づいたら京都12Rが発走直前という感じでしたww

最初は僕もワクワクしていたんですww
日曜日の早朝にこの予想を書いていますけど、もう疲れましたね。

フルゲートのレースが三つに映像配信のあった九頭の追い切り考察が一記事なので、五十七頭の追い切りをチェックしたのは初めてじゃないかなと思います。
これにまだ土曜日の二重賞をと考えると、さすがに一人ではできない作業量です😥

皆さんの参考になれば、本当に幸いです。

追い切り考察は以下の通りです。

JBCクラシックの最終追い切り評価を中心に記事を書いています。前走時の追い切り映像やタイムを比較して、今回のデキが良いのか悪いのかをチェックしています。上昇気配を示していたのは、【A】評価のテイエムジンソク、【A-B】評価のアポロケンタッキーの合計2頭が前走から上昇していると判断しています。
JBCスプリントの最終追い切り評価を行っています。11月4日に行われるG1(級)重賞、JBCスプリント。ダート短距離の本命どころは揃った、そんな1戦になりました。上昇気配を示したのは【A】評価のテーオーヘリオスとマテラスカイの2頭と、【A-B】評価のグレイスフルリープとモーニンの2頭の合計4頭が前走と比較して動きが良くなっていると判断できます。
11月4日に実施のJBCレディスクラシックの最終追い切り考察をお届けします。JBC三重賞のラストを飾るのがレディスクラシック。牝馬限定のG1(級)レースということで、G1を勝ちたいと考えている陣営にとってはここはチャンス。上昇気配を示していたのは【A-B】評価のクイーンマンボ・リエノテソーロの2頭でした。

JBCではないけど、同日のアル共杯↓

ジャパンCの前哨戦アルゼンチン共和国杯。今回はアルゼンチン共和国杯の最終追い切り評価を行っています。今回の追い切りを見た上で上昇気配としたのは、【A】評価エンジニア・ムイトオブリガードの2頭、【A-B】パフォーマプロミスの1頭の合計1頭でした。

自画自賛じゃないですけど、アル共杯は心折られてましたがよく頑張ったww

これで馬券が外れたら笑えないです。。。😭

と、話が本題から逸れてしまいましたww
レースの順番通りに、スプリントから予想を行っていきます。

JBCスプリントの予想と最終見解は1頭目はマテラスカイ

基本的に共通のこととして、JBCは過去のデータが使えないレースです。
場所がバラバラなので、レースの傾向を探るのはおかしな話になります。

さて、JBCスプリントのオススメ馬は、マテラスカイ・【Jス】人気ブログランキング・グレイスフルリープ・ナックビーナスの4頭でした。

まずマテラスカイは堅いと見ています。
追い切り考察的には断然の存在でした。

あとは相手探し。

マテラスカイが断然の人気。
となると、ヒモ荒れを狙うしかないものの、追い切り的には上位人気ばかり😵

そう考えると、ここは堅い勝負に徹しても良さそう。
人気ブログランキングの【Jス】馬でも良かったのですが、ここは馬名を出していた馬から勝負します。


  • マテラスカイ
  • グレイスフルリープ

ナックビーナスの存在も気になっていたのですが、ダートがどうか。
その不安がありますのでここは様子を見て。

しかし、状態は良さそうですので、伏兵馬を馬券に含めたいなら楽しみな存在ではないかと思います。

JBCクラシックの予想と最終見解は1頭目はアポロケンタッキー

続いてはJBCクラシックの予想を行います。
この日のメインレースですので、しっかりと当ててレディスクラシックを迎えたいと思います。

まず追い切り考察でオススメしたのは、アポロケンタッキー・サウンドトゥルー・テイエムジンソク・オメガパフュームの四頭でした。

四頭の中から素直に選んでいきます。

1頭目はアポロケンタッキー。
2頭目は素直にサウンドトゥルーとします。

追い切り上位馬が比較的人気薄だったのは狙い目。
7-12の馬連が80倍前後は付きそうならば勝負しても面白いでしょう。


  • アポロケンタッキー
  • サウンドトゥルー

追い切り的にはテイエムジンソクの上昇度が良かったのですが、G1馬の人気がないのであれば狙いうのが正しい馬券の買い方だと思います。

JBCレディスクラシックの予想と最終見解

この日最後のJBCレディスクラシックの予想を行います。

レディスクラシックの追い切り考察的には、オススメは4頭だけ。
【G】クイーンM・プリンシアコメータ・リエノテソーロ・ラビットランだけでした。

そうなると、もう1頭目から順番に買うのが理想かなと思います。


  • 【G】クイーンM
  • プリンシアコメータ

レディスクラシックの追い切り的には4頭のみ。
信じるなら上記のオススメ馬4頭で決まってくれるとありがたい。

その中で、今回は、【G】馬とプリンシアコメータの2頭の馬連とワイドで勝負です。
いずれも馬連とワイドの割合は1:10の買い方が良いですよ。
馬連で外れてもワイドでフォローする買い方がいいですね。