【ジャパンカップ2016予想】馬連とワイドの2点勝負!

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、ジャパンカップの最終見解と予想について書いていきたいと思います。

まずは、過去の傾向を見ながら予想していきます。

スポンサーリンク

過去レースのデータをチェック

それでは過去の枠のデータを見ていきたいと思います。

東京2400Mで行われるレースで、東京2400Mと言えば内枠が有利と言われている枠です。

東京2400Mの枠のデータ

これは東京2400Mの枠のデータです。2011年から直近までのデータを表示しています。

1枠と2枠が好成績を残しており、外枠になるにつれて成績が落ちていくデータとなっている。これが東京2400Mの特徴とも言える傾向です。

ジャパンカップ(2016)の枠のデータ

一方で、上のデータはジャパンカップのこの10年の枠別のデータ。

5枠は未勝利ではありますが、連対率では全体で同率2位という成績。そして、1番高い数字を残しているのが8枠で過去に5頭が連対。

ただし、気を付けたいのは部分も。

実は直近の3年では8枠は1頭も馬券内に入っていないどころか、掲示板にも入れない苦戦ぶり。

人気が低い馬が集まっているとも言えるが、もう少し善戦あっても良さそうなものの、いずれも惨敗という結果続き。

今年はナイトフラワー・リアルスティール・シュヴァルグランの穴人気しそうなメンバーが入っただけに、特に注意したい部分ではある。

ジャパンカップの最終見解と予想まで

それでは最終見解へと入っていきます。

今回はオッズ以上に拮抗している印象で、地力の差はそこまで大きな開きがないと感じています。

穴人気しているシュヴァルグラン・レインボーライン・サウンズオブアース・ルージュバックの4頭も、優勝できるチャンスは十分にあると思っています。

ただ、シュヴァルグランは大外からのスタート。レインボーラインは7枠からのスタートで、データ上はやや不利。

馬連とワイドで勝負する以上、やはり勝てる馬を選んでいくのが的中に繋がる。3着には来そうでは足りない。

となると、この2頭は追い切りの内容からしても少々厳しそうで、もう少し上積みが欲しかったと言える。このメンバーでは物足りなさすら感じる内容だった。

その点で、この2頭はないかなと思うし、追い切りで言えば、下降線を辿っていたディーマジェスティも消したい1頭。

追い切りを振り返ってみると、上昇気配を感じさせていたのは【A】評価のサウンズオブアース・リアルスティールの2頭に、【A-B】評価のゴールドアクターの1頭の計3頭。

そこに全く変化が無いものの、変化がないのがプラスに働きそうなキタサンブラックを含めた4頭が内容的にも良かったと思います。

この中から選ぶのが良さそうです。

1頭目は追い切りで上昇気配の馬から

ジャパンカップの予想1頭目に選ぶのはリアルスティール。

内容的には不安も覚える部分もありますが、時計を評価すれば上々の内容だったとも言えます。

問題は今回が8枠という部分。ただし、枠のデータでも出したように8枠は全体でも上位の成績を残せているのでプラスに見ていいのではないでしょうか。

Rムーアとの再コンビにも注目したいですね。良い時のイメージを持っているはずですし、それに応える調教内容でした。チャンスは十分。

2頭目にはB評価ながら

2頭目に選ぶのはキタサンブラック。

追い切りの内容は、これまでと全く変わらない雰囲気を感じさせるものだった。

前走からの上昇度は低いものの、いつもと変わらないのであれば、それはそれで心強い。

メンバー的にも前残りに期待が持てるだけに、あとは最後の接戦となった際にどこまで粘れるか。

十分に逃げ切りも考えられるだけに、より注目したい1頭ですね。

今年のジャパンカップは馬連とワイドで

今年はリアルスティールとキタサンブラックの馬連とワイドの2点勝負を行いたいと思います。

馬連とワイドの割合は、馬連1に対しワイド10がオススメ。馬連に100円賭けたら、ワイドに1000円賭けるのが理想です。

王道

主役不在の菊花賞で特大万馬券を狙い撃つ

ノーザンF生産馬が上位独占した、ローズS・セントライト記念を的中!満を持して牡馬クラシック第3弾『菊花賞』の提供が決定したそうです!

今週末行われる牡馬クラシックのラストを飾る菊花賞。

今年は、皐月賞馬サートゥルナーリアが、前哨戦の神戸新聞杯を完勝したにも関わらず事前の情報通り菊花賞をパスし天皇賞秋へ向かい、また日本ダービーを制したロジャーバローズは屈腱炎を患い残念ながら引退と2冠を制した両馬不在。

また、毎日王冠を古馬相手に末脚一閃で制した日本ダービー2着馬ダノンキングリーやセントライト記念を制したリオンリオンも不在。

となれば、3歳世代の実力上位馬がおらず、皐月賞2着、日本ダービー3着とクラシック戦線で実績のあるヴェロックスに人気が集まることが予想されます。

ヴェロックスにも不安材料がないわけではない。

新種牡馬として2018年から産駒がデビューしたジャスタウェイ。デビュー直後の2歳戦を賑わせ勝利数を増やしたが、未だこの産駒から重賞ウィナーが表れていない。

その代表格と知られるヴェロックスだが、果たして菊花賞のタイトルを手にすることができるかに牧場関係者も注目しているに違いありません。ここまでおぜん立てされている状況下で結果を残せるのか。

────────────────

菊花賞提供M氏直近的中実績

9月14日松戸特別 馬連24.1倍
9月15日ローズS 3連単107.0倍
9月16日セントライト記念 3連単586.9倍

▼【王道~外厩特選情報~】詳細はこちら

\ 登録無料 /

無料の会員登録はこちら

メールアドレスを入力するだけ

無料メルマガ登録後、【外厩特選情報】の詳細はTOPページより確認できます↑

近年波乱傾向の強い菊花賞らしい一筋縄ではいかないレースとなることが濃厚。

全馬初めての「3000m」という長丁場の未知なる挑戦。
どの陣営にもチャンスがあり、昨年の10万馬券や一昨年の55万馬券など条件戦上がりの馬が高配当を演出していることから伏兵馬の台頭に着目し精査。

調教後の様子など続々とレポートが届くの取材班が追いかけてる各馬情報は要チェックです。

今年の菊花賞を当てたい人は、登録してみる価値はあるでしょう!

\ 登録無料 /

無料の会員登録はこちら

メールアドレスを入力するだけ