【ジャパンカップ2015推定オッズ】過去の人気傾向と見比べて

こんにちは、リッキーです^^ 今日は特に寒さが厳しいですね。

この記事では、ジャパンカップの推定オッズと過去の人気の傾向を比べていきたいと思います。

比較的人気上位馬が活躍している印象があるジャパンカップ。

過去にはディープインパクトやオルフェーヴルと言った、伝説的な強さを誇る馬が勝っているレースですので、そう思うだけなのかもしれません。

推定オッズ

  1. ラブリーデイ 2.5
  2. ミッキークイーン 3.5
  3. ショウナンパンドラ 5.4
  4. ゴールドシップ 7.3
  5. サウンズオブアース 10.8
  6. アドマイヤデウス 21.2
  7. ヒットザターゲット 23.7
  8. イラプト 24.3
  9. ラストインパクト 37.8
  10. ナイトフラワー 39.6
  11. イトウ 54.3
  12. ワンアンドオンリー 73.4
  13. ペルーサ 89.1
  14. トリップトゥパリス 127.3
  15. カレンミロティック 130.2
  16. ダービーフィズ 145.6
  17. ショウナンバッハ 258.9
  18. ジャングルクルーズ 398.2

推定オッズはnetkeiba.com様参考。

過去の人気傾向

過去10年のデータを見ていきたいと思います。

ジャパンカップ2015過去の人気別成績

全ての項目で1番高いのは1人気の馬。

上位人気馬が活躍しているレースというのはあながち間違っていないと言えるでしょう。

ただし、1番人気の勝率は30%と、1着付けで買えるほどの信頼度はないと言えるでしょう。

優勝している馬は、1人気~5人気からと9人気のスクリーンヒーローが該当します。

10年で1頭だけなのでそこまで気にするものではないと言えます、油断はダメですが。

2着馬を見ても、上位7頭に絞られます。

その点で言えば、特に馬連とワイドにて予想を書いているこのブログであれば、上位7頭を見ていく必要があると思います。

上記の通りの人気順になれば、ラブリーデイからヒットザターゲットまでの7頭。

この7頭の中で馬連が決まる可能性が高いということ。

そう考えると、ちょっとは予想が楽になるかもしれないですね。