ホープフルステークス 2019 サイン|CMは#17の振り返り。プレゼンターはプロレスラーのお二人。

ホープフルSのサイン考察を行いました。

プレゼンターは新日本プロレスのお二人が登場します。

CMは有馬記念後にもレースがあるというお知らせ的な内容でした。

ヘッドラインは、『最終章に萌芽する才能が来春の自信を語る。』となっています。

各項目からチェックしていきましたが、世相的な意味を込めて、今回はラグビーボーイに決めました。

各情報からチェックしていきたいと思います。

プレゼンターは新日のお二人

2019年最後のG1のプレゼンターを務めるのは、棚橋弘至さん、獣神サンダー・ライガーさんのお二人が登場します。

今度の休みは、うまびより。青空と芝生と馬たちが、あなたの笑顔を待ってます!

JRAと新日がタッグを組み企画が行われていますので、この告知も兼ねてということでしょう。

棚橋 弘至(たなはし ひろし、1976年11月13日 – )は、日本の男性プロレスラー。岐阜県大垣市出身。血液型O型。新日本プロレス所属。

Wikipedia

獣神サンダー・ライガー(じゅうしんサンダー・ライガー、Jushin Thunder Liger、1989年4月24日 – )は、日本の覆面レスラー。新日本プロレス所属。山田 恵一(やまだ けいいち、1964年11月10日 – )が正体だが、非公開となっている。出身地は永井豪宅もしくは広島県広島市。通称「世界の獣神」。血液型AB型。

2020年1月の東京ドーム大会にて引退する旨を発表し、31年間のプロレス人生の歴史に幕を閉じる。

誕生日絡みでは特に見当たりませんでした。

お二人が担当しますので、サインも絞ることができませんでした。

この項目からのサインはないと考えていいかもしれません。

ただし、ヒロシ繋がりの北村宏騎手とは共通項あり。騎乗する馬がラグビーボーイということからも、今年ならではの馬という意味では楽しみかもしれません。

YJS表彰式プレゼンターも務めるということですので、ファンの皆さんは行かれてみてください。

CMは有馬記念後のホープフルSという構成

「HOT HOLIDAYS!2019」~ホープフルステークス篇~ 30秒

#17をチェックせよという構成となっています。

#17は、タイムフライヤーが優勝した時のホープフルSのCMです。

そのときのタイムフライヤーの馬番は7番でした。

馬番7番には、#17の7と共通しています。

馬番7番に注目するべきです。

ヘッドラインは『最終章に萌芽する才能が来春の自信を語る。』です

今年のヘッドラインは、『最終章に萌芽する才能が来春の自信を語る。』に決まりました。

萌芽(ほうが)とは、『芽がもえ出ること。めばえ。転じて、物事のはじまり。きざし。』ということらしいです。

物事の始まりという意味では、ハギノエスペラントが該当しそう。馬名意味は、『希望する人(エスペラント語)』ということで、希望するということは物事の始まりということですから。

ただし、回避が決定してしまい出走しません。

今回はヘッドライン情報からのサインは薄いと考える方がいいかもしれません。

ホープフルSのサインはラグビーボーイに

さて、今回のホープフルSのサインとしては、ラグビーボーイに決めした。

プレゼンターのヒロシ繋がりと、今年のハイライトとしてはやはりラグビーだからです。

世相と言えば有馬記念ですが、今年のラストG1という意味ではラグビーボーイが面白いと思っています。