ホープフルステークス 2018 出走予定馬|ナーリアら17頭が登録!

1日1回の応援クリックにご協力お願いします.+゚*。:゚+オネ(●´ω`)人(´ω`○)ガィ.+゚*。:゚+

にほんブログ村 競馬ブログへ  

どもども!リッキーです。

12月28日に実施されるホープフルステークスの出走予定馬情報を中心に記載しています。
2歳G1で、皐月賞と同舞台で行われるので、朝日杯FSよりもメンバーが揃う一戦。

このレース、希望に満ちたという意味のホープフルではなく、『ホープレス』と言われていた時期もありました。
しかし、2年前にはレイデオロが優勝し、そのまま日本ダービーも勝つことになり、ホープレスとは言われなくなったレースですw

今年は2戦2勝でド派手な勝ち方をしてきたサートゥルナーリアがいよいよG1に挑戦します。2週前追い切りは好調なラストを刻む時計をマークしているだけに楽しみ。

その他にも、札幌2歳Sと東スポ2歳Sと重賞2勝のニシノデイジーにも注目です。

詳しく見ていきたいと思います。

ホープフルSの出走予定馬

馬名斤量想定推オッズ
アドマイヤジャスタ55ルメール8.1
ヴァンドギャルド55Cデム13.5
キングリスティア55○○12.8
(クリノガウディー)55○○
コスモカレンドゥラ55戸崎32.4
(コパノマーティン)55○○
サートゥルナーリア55Mデム1.9
ジャストアジゴロ55田辺73.5
タイセイモナーク55○○235.6
タニノドラマ55○○105.3
ニシノデイジー55勝浦4.6
ハギノアップロード55○○166.5
ハクサンタイヨウ55○○289.4
ヒルノダカール55松田94.1
ブレイキングドーン55福永9.5
マードレヴォイス55○○84.3
ミッキーブラック55マーフィー66.8

括弧で括った馬は、朝日杯FSから中1週の為回避するのでは。
ただし、クリノガウディーは出走に前向きかもしれません。オーナーと相談するらしいです。

キングリスティアは、朝日杯FS当日の新馬戦を勝ち上がっている為中1週での参戦予定。
現時点では、出走は五分五分でしょうか。
しかし、新馬戦を勝ち上がらないと出走は出来ないので、勝ってからの登録しているはずだと思いますので、出走する方向で記載しています。

ホープフルSの有力馬考察

サートゥルナーリア
≪牡2/黒鹿 中竹和也厩舎≫

【前走】萩S 1着
【父】ロードカナロア
【母父】スペシャルウィーク

映像を観れば分かるというか、前走はもう圧巻。着差以上の強さを見せての完勝でした。

<京都9R> 萩ステークス「サートゥルナーリア」2018/10/27

内へ切り込むと持ったまま。
最後に軽く仕掛けると突き放す内容はもう何も語る必要はないでしょう。

勿論、萩Sのレースレベルに疑問が残るのは仕方がないところです。
3着のセグレドスペリオルはサウジRCで7着だった馬ですので、その点でも疑問が残るのは仕方がありません。

ただ、前走の公開調教は反応も良かったです。
この時期は特に疲労との戦いにもなりますが、この2走を見る限りでは余力は十分。
不安はなく、3連勝でG1を獲ってもおかしくはない。

エピファネイアは菊花賞しか勝てませんでしたが、この馬は来年の春のクラシックが非常に楽しみです。
良血の血が騒いでいます。

ニシノデイジー
≪牡2/鹿 高木登厩舎≫

【前走】東スポ2歳S 1着
【父】ハービンジャー
【母父】アグネスタキオン

勝浦騎手とのコンビで、ここまで4戦3勝2着1回と安定感抜群。
メンバー唯一の重賞2勝馬で、そもそも、重賞勝ちはこの馬以外にはいません。

サートゥルナーリアがいるので霞んでしまいますが、この馬もチャンスは十分。

前走の東スポ2歳Sでは8人気の低評価を覆しての勝利。
その東スポ2歳Sの7着馬は、朝日杯FSで2着と連に絡む活躍をしていたことから、レースレベルは高かった可能性は十分に高いと判断しても面白そう。

ただ、上位6位までに入った馬が東スポ2歳S以降のレースに出走していないので、どの程度のレベルだったのかというのは計り知れないものはあります。

勝ち時計1:46.6は魅力的な時計なので、その点だけでどこまで走れるのか。

多頭数を経験しているのも前向きな評価ですが、この馬、枠には恵まれ続けていて、デビューから4枠・5枠・3枠・2枠と比較的内枠に入れています。
特に多頭数だったこの2戦が3枠2枠と内枠なので、今回も同じような競馬をすればよい内枠が欲しいところ。

逆に外枠になってしまうと、この馬がどんな走りをするのかというのは見えてこないだけに、その点は心配材料が増えてしまいます。

現時点での注目馬

まだ2週間弱ありますが、現時点でこの馬は面白いと思っていると馬をご紹介して終わりたいと思います。

その馬とは【ホA】人気ブログランキング

正直、ここはサートゥルナーリアを選ぶのが妥当な選択だと思います。
今回のメンバーで逆らうのは危険でしょう。

しかし、チャンスがあるとすれば【ホA】馬に期待したい。

前々走はまさかの結末でしたが、前走は勝ち馬にしっかりと食らいついていった。
ただ、勝ち馬は同じ位置取りからの競り負けているので力負けした形。

ただ、3着馬には差を広げていますので、それなら今回のメンバーならチャンスがあるのではないでしょうか。
密かにというようなオッズではありませんが、追い切り次第ではサートゥルナーリアよりも上で買うかもしれません。