ホープフルS2018予想|最終追い切り評価を考慮して2頭の馬連とワイド勝負

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

ども!リッキーです。

12月28日に実施されるホープフルSの最終追い切り見解から最終予想までを1記事で書いていきます。

皆さんの仕事収めはいつですか?
私は28日が仕事収めで、そこから飲みの予定が入っているので、ホープフルSの映像を観るのは夜になる予定です。
そんな日にやらなくても…とは思うのですが、12月29日から1月4日は原則土曜・日曜であっても開催しないことになっている(Wikipedia)そうなので、12月28日のギリギリに入れているそうです。

さて、仕事納めへ向けてバタバタしているので、今回は最終追い切り考察は無し。
参考にされている方には大変申し訳ございませんが、イレギュラーな開催の為ご了承下さい。

尚、年末年始は、金杯の記事を書いていく予定です。
ただし、金杯の追い切り考察に関しては例年だと3日以降に更新されるので、ギリギリでの更新になると思います。
今年は実家に帰ったりしてゆっくりする予定なので、もしかしたら金杯も今回のように追い切り込みで予想を発表して終わりにするかもしれません。

それでは、ホープフルSの追い切りを軽く触れてから予想まで一気に発表していきます。

ホープフルSの追い切りで1番だったのはサートゥルナーリアだが…

さて、簡単にですが、追い切り考察を行っています。
もう仕事納め前日で疲れてしまって各馬の考察まで書けませんが、具体的に名前を出すと、今回の追い切りで良かったのはサートゥルナーリアでした。

サートゥルナーリア【A-B】

12月24日(月)栗東 坂路(稍重)
【52.5-37.6-23.8-11.9】

今回の動きはこんな形でしたが、問題ないものでした。
前走時と比較しても時計の良化は明らかでした。
この時計ですから、何一つ心配はないでしょう。

映像がないので時計判断となるわけですが、ラップの刻み方も良かったですから、問題なく仕上がっているでしょう。

次点では、出走予定馬で気になる1頭としていたブレイキングドーンも良かったです。

ブレイキングドーン【A-B】

12月25日(火)栗東 坂路(良)
【57.0-41.1-25.7-12.4】

全体時計の根拠が乏しいので、凄く難しい判断となりますが、馬場が荒れている時間でのものですので、この程度でも良かったのではないでしょうか。
パワフルな走りをしていて、時計以上に走れていると判断しています。

もう1頭、仕上がり良好だと感じたのはキングリスティアも、軽め調整だと思いましたが、しっかりと追ってきました。

キングリスティア【A-B】

12月25日(火)栗東 CW(良)
【6F85.3-68.5-53.8-39.0-1F11.9】

注意をしなければならいのは、栗東CWの火曜日追いは左回りになります。
その為、いつもの右回りではないので、カメラの角度がやや気持ち悪い感じ。
見慣れていないというだけなんですが、少し難しいです。

ただ、この間隔ながらも最後はしっかりと追われていました。
これだけ動けていれば問題ないというか、疲労などの心配はないという表れでしょう。

今回の追い切りをパッと見た感じだと、この3頭の追い切りが良かったです。

有力馬のニシノデイジーですが、美浦南W【5F70.3-55.0-39.7-1F13.0】という時計でした。
動き的にはどうでしょうか。リズムがやや悪いように感じましたが、決して悪いという事ではなかったです。
問題はない範囲なので、買える要素はあると思います。

ただし、今回は上記の3頭が良かったと思いましたのでパスします。

それでは今回の追い切りから考えるとサートゥルナーリアを買うべきでしょう。

しかし、ホープフルSで終わるのであれば、ここは夢を獲りに行きたい。
勿論、サートゥルナーリアがあっさりと優勝してG1勝ちを収める可能性も高いですけど、それだと楽しくないww

最終予想はいつも通り馬連とワイドの2点勝負です

ということで、サートゥルナーリアを買わないということであれば、ブレイキングドーンとキングリスティアの馬連とワイドで勝負します。

馬連オッズでは69.2倍、ワイドは15倍前後となっています。

ブレイキングドーンは前走の時点でまずこの馬は他の馬と違うなと感じました。
前走負けているのに違うってなんだよって思うかもしれませんが、馬体重488kgはさすがに重たすぎ。

レーシングビュアを契約していればTargetでも見れますが、G1だとスペシャル出走表でパドックが観れるので是非見て下さい。

スペシャル出馬表:ホープフルステークス|JRA(公式)

ブレイキングドーンの前走は、個人的には太目残りに映ります。
今回はマイナス体重で出走してくれれば間違いなく仕上がり良好のはず。
追い切りの動きからはしっかりとしているのでしっかりと調整されているはず。

福永騎手がちゃんと乗っているというのも高評価。
というのも、今回、月曜日や火曜日追いの為、騎手が騎乗していない馬が多いのですが、ちゃんと福永騎手が跨っています。
その部分も高評価しています。

直前追いに乗るのは当たり前、とは言い切れませんが、2歳のこの時期はちゃんと感触を掴んでおくべきだと思うので、その部分も評価して。

もう1頭のキングリスティアですが、ちゃんと負荷を掛けてきました。
そして、しっかりと反応しています。

上でも書いているように、今回は左回りを走っているので、いつも観ている映像とは逆回り。
違和感しかありませんが、追われてからの反応は凄く良かった点を考えると、前走以上のパフォーマンスは発揮出来そうだと判断しています。

次回からこのオッズで買うことができないかもしれないので、ここは積極的に買っておきたいと思いました。

ということで、今回はブレイキングドーンとキングリスティアとしました。

まぁサートゥルナーリアで決まる可能性は十分高いです。
スペシャル出馬表で確認できるので見て欲しいのですが、スイスイという言葉が当てはまるくらい坂路を駆け抜けています。
少し追われただけでラスト11.9秒ですから、ここは間違いないでしょうねww

今回は夢を追いましたww

それでは、JRAラスト開催、ハッピーエンドで追われるように、そして楽しみましょう!!