フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

ホープフルステークス 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察

2017/12/24/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

どーも!爆穴ブログのリッキーです。
今年のホープフルSの出走予定馬情報を中心に書いています。

G1となったホープフルSですが、今年のJRAの最後の開催で実施されます。
12月28日固定ということですので、来年以降も今年はいつだろということもないので便利です。

想定騎手と推定オッズに、有力馬の考察も行っています。
最後に現時点で注目している馬を紹介しています。

それでは早速、登録メンバーをチェックしていきたいと思います。

ホープフルSの出走予定

馬名 斤量 想定 推オッズ
ウォーターパルフェ 55 酒井 483.2
サンリヴァル 55 田辺 10.5
シャフトオブライト 55 ○○ 217.4
シャルルマーニュ 55 戸崎 16.8
ジャンダルム 55 武豊 2.4
ジュンヴァルロ 55 藤岡康 42.1
ステイフーリッシュ 55 ○○ 50.3
タイムフライヤー 55 Cデムーロ 5.4
トライン 55 北村友 33.8
トーセンクリーガー 55 横山和 284.3
ナスノシンフォニー 54 吉田隼 36.4
ニシノベースマン 55 ○○ 151.6
フラットレー 55 ルメール 8.2
マイハートビート 55 津村 122.5
リュヌルージュ 54 北村友 83.4
ルーカス 55 Mデムーロ 2.8
ロードアクシス 55 松若 314.6
ワークアンドラブ 55 内田博 357.2

有力馬考察

ジャンダルム
≪牡2/黒鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】デイリー2歳S 1着
【父】Kitten's Joy
【母父】Sunday Silence

今年の主役を張るのはこの馬でしょう。
ビリーヴを母に持つ良血馬で、兄には安田記念3着の実績があるファリダットや、姉には今年のアイビスSDで2着の実績があるフィドゥーシアがいます。

前走のデイリー杯2歳Sでは、5人気の評価ながら2着カツジに1馬身以上付ける勝ちっぷり。
同3着のケイアイノーテックは、続く朝日杯FSにて4着に食い込む活躍を見せたことで、レースレベルは保てたと言えるでしょう。

不安要素を挙げると、兄と姉はいずれも短距離からマイル路線で結果を残してきた。
母ビリーヴ自身、スプリンターズSと高松宮記念を制していることから短距離の色は濃い。

父にターフクラシック招待Sを優勝し、ブリーダーズCターフ2着の実績があるKitten's Joyを配合。
父の影響が色濃く出れば、今回の2000Mの距離もなんとかなりそう。
距離実績がメンバーの中でもない中で、どこまでやれるのかの試金石になりそう。

ルーカス
≪牡2/鹿 堀宣行厩舎≫

【前走】東スポ2歳S 2着
【父】スクリーンヒーロー
【母父】カーネギー

全兄は偉大なモーリス。
モーリスを見る限りでは、本格化はまだまだ先になりそう。

前走は2着に敗れたものの、勝ったワグネリアンが強かった。

見直せる部分もあるので、いきなり軽視するのは早計。
今回は巻き返しの1戦。
距離が1ハロン伸びるのはプラスに捉えたい。

タイムフライヤー
≪牡2/鹿 松田国英厩舎≫

【前走】京都2歳S 2着
【父】ハーツクライ
【母父】ブライアンズタイム

前走は2着に敗れたものの、3着のケイティクレバーには2馬身半の差を付けてのもの。
新馬戦から≪2.2.0.0≫と底はまだ見せていない。

新馬戦で2着に敗れたものの、勝ったのは後の札幌2歳Sを制したロックディスタウン。
阪神JFでは1人気に支持され大敗するも、直線伸びきれずの9着。
ただ、休み明けと大外発走が影響したとも言えるので、この新馬戦のワンツーの2頭は注目する必要はある。

こちらも距離は歓迎材料。
前走は伸びきれなかったが、距離が向かなかったという見方はしなくていいのでは。

現時点での注目馬

最後に現時点での注目している馬をご紹介しておきます。

その馬は、ジュンヴァルロです。

父はニューアプローチで、半兄にはシンコウフォレストがいる血統です。エプソムダービーや愛チャンピオンSやチャンピオンSを制した逸材です。
母父はロックオブジブラルタルで、02年にG1を7連勝という当時の世界記録を樹立した馬で、ニューアプローチとロックオブジブラルタルの2頭の組み合わせは豪華。

前走の黄菊賞は、2000Mの距離を逃げて勝利。
デビュー戦から続けて逃げて、2着との差は僅かと一見すると地味な勝ち方。

前走は待機策も試す予定が、外枠からの発走で狂ったのは仕方がないものの、勝ちタイム2分1秒8は、京都2000Mを考えると優秀な時計。
2着のケイティクレバーは、朝日杯FSでは11着に敗れるも、京都2歳Sでは3着に入った。
前走のレースレベルが決して低いということはないはずで、人気がないのであれば面白い存在です。

関連:

ホープフルステークス 2017 1週前追い切り評価|ジュンヴァルロは雰囲気上々も
こんにちは、爆穴ブログのリッキーです。今年のホープフルステークスの1週間前追い切りについて記載しておきます。注目のジュンヴァルロやルーカスなどの1週前の状態を確認したいと思います。本番当日が12月28日なので、最終追い切りはやや変則的に行われます。12月2...

この実績は見逃せません

グリーンチャンネルの元パドック解説者、柴崎幸夫氏のターゲットレースはもちろん【AJCC(G2)】無料です。
予想精度はどんなものか。1月も好調のスタートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
1月13日 中山9R 4歳上500万下 三連単予想
提供情報:ビッグバン
配当金:2,975,800円獲得!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年1月最高配当額
ーーーーーーーーーーーーーーーー
1月6日 中山9R 招福S 三連単予想
提供情報:ビッグバン
配当金:7,795,900円円獲得!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらは2017年9月から始まった新しい無料コンテンツ。
いいですよ。使えます。「柴ブロ」週二回更新です。
関係者目線から見た重賞の情報を金曜日に公開してくれます。

柴崎氏は【馬体診断】を得意としています。

紙面などには出ない【競走馬の調子の良し悪しを知る事ができます】
その日の絶好調馬を予想に組み込んでくるので、不人気馬の好走をよく見抜いてくれるので高配当が着くのが特徴です。
これでも無料予想かよ!と結構びびらされる結果になります。

見る価値は当然あります。重賞的中の近道として役にたちます。
お時間ある方は参考にしてみてください。

タダで登録をされる方はコチラから

-出走予定馬
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。