ホープフルステークス 2017 サイン|プレゼンターは武田玲奈。CMは有馬の続き!?

どーも!爆穴ブログのリッキーです。
今年のホープフルステークスのサインについて中心に書いています。

CMは有馬記念当日の夜、有馬記念の時と同じ居酒屋でという内容。
プレゼンターは女優の武田玲奈さん。
その他、ヘッドラインなどからも考察を入れていきます。

CMは居酒屋で有馬記念後の忘年会にて

「初有馬記念は面白かった」という発言があることからも、イヴの夜、結局は有馬記念後にワイワイしているというシチュエーションからのスタート。

有馬記念のサインは以下に記載しています。
ご覧になられていない人はいないと思いますが、忘れた方はコチラからご覧ください。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/arimakinenn-2017-sign/#CM”][/blogcard]

ウマ納めという新たらしいワードが誕生していますが、その奥で店の店員と登場しているのは、千鳥のノブ(早川信行さん)が登場。
「クセが凄い」というワードで笑いを取る方です。

ノブ「あのー、有りますよ」

柳楽「そうそう、有馬っす」

松坂「有馬見てきたんですよ」

ノブ「そうじゃなくて、有馬の次、有ります」

『#17 今年は、有馬の次、あります!』

その後、馬が走っているシーンは、受賞格上げとなった直近の3年を利用しています。

  • 14年 シャイニングレイ 5枠10番
  • 15年 ハートレー 5枠6番
  • 16年 レイデオロ 2枠2番

「有馬の次、有ります。」というワードが凄く引っ掛かります。
わざわざ、韻を踏むではないですが、掛詞を使うということは、有馬記念を強く意識させるCMに仕上がりました。

このことからも、有馬記念と同様の決着を見せる可能性はあるのではないかと推測できます。

例えば、同じ馬番、又は枠番で決着する。
例えば、同じ騎手の組み合わせで決着する。

有馬記念で考えられることは、ここでも十分に通用するでしょう。


有馬記念と似た状況になる暗示!?


プレゼンターは武田玲奈さん

今年のホープフルSのプレゼンターは、武田玲奈さんが登場します。

武田 玲奈(たけだ れな、1997年7月27日 – )は、日本の女性グラビアアイドル、ファッションモデル、女優である。本名、同じ。
福島県いわき市出身。ヴィズミック所属。

2016年4月1日、雑誌「Popteen」の専属モデル卒業を発表。
2016年4月20日発売の雑誌「non-no」6月号でnon-noの専属モデルとなった。

Wikipedia

恥ずかしながら存じ上げない方なのですが、競馬関連のお仕事もされているのか、純粋に女優さんに知名度があって登場するのかは不明です。
また、7月27日生まれの馬も、関係者も不在なだけに、プレゼンター絡みでのサインは出ていないのではないかと思います。

公式情報でも発表されています。
【イベント】ホープフルステークス2017 イベント出演情報! by武田玲奈オフィシャルサイト

[blogcard url=”https://rena-takeda.officialsite.co/posts/3432082?categoryIds=15936″][/blogcard]

こういう若いモデルさんや女優さんって、公式情報でプレゼンターなどは発表しないことが多いんです。
イメージ戦略なのか、競馬=ギャンブルの側面もあるので、そういう情報は出さないというか。

きっちりと仕事をするという感じで、事務所的にも好感が持てる女優さんです。

ヘッドライン『今年最後の夢が来春に続く軌跡の始まり。』

今年のヘッドラインが既に発表されていました。

『今年最後の夢が来春に続く軌跡の始まり。』

軌跡という言葉を使うヘッドラインは、G1後半戦に偏っていて、

天皇賞秋『直線の芸術、鋭脚の軌跡。』
ジャパンC『誇りという名の軌跡が世界の頂点まで輝いている。』

と、今年3回目の登場の言葉です。
過去2回は、キタサンブラックとシュヴァルグランの2頭は勝ったレース。
何か共通項があるとすれば、この辺りが鍵を握るか。

また、夢という単語が出てくるのは5つ。

大阪杯『新たな夢の創世が最強馬の伝説を築く。』
皐月賞『青春を謳え、若者の情熱が未来の夢を拓く。』
日本ダービー『一世一代に叫べ、すべての夢と情熱をここに捧げる。』
宝塚記念『想いに応えろ、一葉に記された夢を鮮烈に映し出せ。』
菊花賞『咲き誇る菊に誓う、屈強なる世代の夢を語り継ぐ。』

上記の5つです。
皐月賞・日本ダービー・菊花賞の3つで言及されていることからも、来年のクラシック路線で活躍するという暗示にも見えます。

ヘッドライン全体では、来春に言及していることからも、タイムフライヤー(馬名意味:時を超える者)とは合致します。


  • 天皇賞秋・ジャパンCと同じ共通項から
  • タイムフライヤー
  • 勝ち馬が、来春のクラシックで活躍する暗示!?

その他、ポスター情報などが入りましたら、追記にてお伝えします。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク