ホープフルステークス 2017 1週前追い切り評価|ジュンヴァルロは雰囲気上々も

こんにちは、爆穴ブログのリッキーです。

今年のホープフルステークスの1週間前追い切りについて記載しておきます。
注目のジュンヴァルロやルーカスなどの1週前の状態を確認したいと思います。

本番当日が12月28日なので、最終追い切りはやや変則的に行われます。
12月24日と25日に行われる予定ですので、最終追い切りも直ぐに更新しなくてはいけません。
なお、12月25日の午後に24日追い切り分を、同日の夜に25日分を更新して完成する見込みです。

ちゃちゃ
有馬記念が終わっても一息つく暇もなく、ですね

ホープフルSまで頑張りましょう!

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

ウォーターパルフェ【B】

12月20日(水)栗東 坂路(良)
【54.6-39.5-25.5-12.4】

単走一杯。
馬場が荒れている時間帯でしたので、時計が出ていないように感じますが、これで十分だと見ています。

状態的には変わりなく来ています。
現時点では、上昇気配も下降気配も特にないです。

サンリヴァル【B】

12月20日(水)栗東 坂路(良)
【59.2-43.9-29.0-14.5】

単走馬なり。
馬なりでも時計があまりに出ていませんが、やや走りづらそうにしているのは気になりました。

27日(日)が実際の1週前追い切りで、その時は坂路で52.5秒の時計を刻んでいます。
中12週と久々な分の本数には足りていない印象は受けますが、グリーンウッド・トレーニングからなので、本数自体は大丈夫ではないかと見込んでいます。

シャルルマーニュ【B】

12月20日(水)栗東 坂路(良)
【53.1-38.5-25.4-13.1】

単走強め。
舌を出していて、一生懸命に走っているようにも見えますが、集中力があったのかは分かりかねます。

名張TCを経由していますので、そこまできっちりとやったという追い切りは、この1週前だけですが、状態的には前走程度には走れるのではないかと見ています。

ただ、最終追い切りの時計が12月24日14時の段階で怪しい時計の出し方をしています。
映像を観ていないのでなんとも言えませんし、これが最終リハなのかどうかは現時点で分かりませんが、少々不安材料はあります。
1週前の時点では【B】評価としていますが、最終リハの様子では落とすかもしれません。

ジュンヴァルロ【B】

12月20日(水)栗東 CW(良)
【6F83.0-66.7-52.4-38.2-1F12.2】

単走末強め。
舌を出して走っているのが気になりました。

馬場が荒れている時間帯でしたが、この時計で走れているのは好感が持てます。
仕上がり的には前走と変わりなくいている程度だとは思いますが、ベロを出しているのはどのように判断していいのか少々微妙です。
最終リハの様子を見てから決めたいと思います。

ステイフーリッシュ【B】

12月20日(水)栗東 坂路(良)
【55.7-41.0-27.2-13.3】

単走馬なり。
単走扱いですが、すぐ前に他馬がいましたので2頭併せのような形になりました。
それを狙っているのであれば、2頭併せ馬なり併入です。

終始馬なりでの内容ですが、中1週ですので、最終リハの様子を見てから考えていいです。

タイムフライヤー【B】

12月20日(水)栗東 CW(良)
【5F73.5-57.8-43.0-1F13.0】

単走馬なり。
時計を見て分かる通り、流す程度で終わった1週前の追い切りでした。

最終リハは、恐らく23日の追い切りだと思いますが、時計は比較的刻めています。
詳しい考察は最終リハで行いますが、1週前の段階では前走程度でいいのではないでしょうか。

トーセンクリーガー【B】

12月20日(水)美浦 坂路(良)
【56.1-39.7-25.1-12.1】

2頭併せ強め半馬身程先着。
脚捌きはとても回転が速く、状態は良さそうです。
着差が付かなかったので、微妙に見えてしまいますが、この程度でも十分に整ったのではないかと見ています。

最終リハを見て最終的な判断をします。

トライン【B】

12月20日(水)栗東 坂路(良)
【54.1-39.6-26.0-12.0】

単走末強め。
他馬が1頭前を走っていましたので、実質的には2頭併せの様子です。

末強めですが、強めに追い出された程度で、最後はまた手が止まっていました。
前走と比較しても、状態的には変わりなくきているのではないでしょうか。
ややラップが不規則な刻み方をしたのが心配材料ですが、概ね前走程度の内容では出走できる見込みです。

ナスノシンフォニー【B】

12月20日(水)美浦 南W(良)
【6F84.1-68.6-54.3-40.6-1F13.9】

3頭併せ外強め2馬身程先着。
軽いタッチで走るのが特徴なのか、踏み込みがやや浅いのが特徴かもしれません。
それでも一完歩を大きく広げてゆったりと走っています。大飛びに近い走りをしています。

こちらも前走の追い切り時計と比較しても、1週前にしては十分に整っていると見ています。
特に問題なく来ているのではないでしょうか。
雰囲気は良かったので、もしかしたら最終リハ次第では、評価を上げるかもしれません。

ニシノベースマン【B】

12月21日(木)栗東 坂路(良)
【53.6-39.2-25.8-12.9】

単走強め。
負荷は掛かっていると思いますが、ラップは伸びきれずという内容でした。
前走出走時も、時計が伸びない停滞ラップを刻みましたが、加速ラップを刻んだからと言って好走していることもないので、この馬としてはこのくらいは走れるという程度で見ていいのではないでしょうか。
もう少し迫力が出てくるといいかもしれません。

フラットレー【B】

12月20日(水)美浦 南W(良)
【5F70.2-53.9-39.3-1F13.9】

3頭併せ内馬なり併入。
脚色はフラットレーの方が良かったですが、全体的に見ると大差はないように感じます。

1週間前なのでなんとも言えませんが、状態的にはボチボチと言ったところではないかと見ています。
藤沢厩舎の追い切りは基本的にはこんなものですけど、もう少し走ってもよかったのではないかと思う部分もあります。

マイハートビート【B】

12月21日(木)栗東 坂路(良)
【54.1-38.6-25.3-12.8】

2頭併せ強め併入。
僚馬は終始馬なりで並走していて、見た目は地味に映ります。

中3週でノーザンFしがらきを経由しているので、状態が悪いということはないとは思いますが、少々心配な材料です。
ただ、加速ラップを刻めないのでは、この馬の特徴でもあるので、追い切り自体はいつも通りと言えばいつも通りと見ています。

最終リハでどこまで動かしてくるかでしょう。

リュヌルージュ【B-C】

12月20日(水)栗東 坂路(良)
【58.9-43.7-29.1-14.3】

単走馬なり。
中1週での出走のため、軽めの調整となりました。

若干、疲労の色が見えているのかなという印象は受けます。
力強さというものは感じませんでした。

ルーカス【B】

12月20日(水)美浦 南W(良)
【5F71.2-55.2-40.3-1F13.5】

3頭併せ中末強め1頭半馬身程先着、1頭1馬身程先着。
両側に僚馬を置いて、馬込みに入れたような形で追い切りを消化。
ゴール前100M程だけ強めに追われましたが、あとは我慢をさせる意図が見えてくる追い切りでした。

現時点での仕上がり的には特に悪い部分はなかったと思います。
最終追い切り次第ではありますけど、現状では上昇気配とも言い切れずの内容だったと思います。
もう少し雰囲気が出てきたら良さそうですが、今のところの雰囲気では、G1を勝てるだけの雰囲気はないようにも思います。

ロードアクシス【B】

12月21日(木)栗東 CW(良)
【6F85.0-68.0-52.8-39.0-1F12.1】

2頭併せ内馬なり併入。
仕上がりは良さそうですね。ここまでは順調に来ていると感じます。

時計も出ていますので、特に悪いということはないのではないでしょうか。

ワークアンドラブ【B】

12月20日(水)栗東 芝(稍重)
【5F66.6-50.7-36.9-1F12.0】

2頭併せ外馬なり4馬身程先着。
終始抑えられた状態でしたので、僚馬がだらしのない動きをしてしまったと考えていいはずです。
芝を走らせておきたいという追い切りだったと思いますが、馬なりでこの時計ならば悲観することもないのかなと思います。

あとは実際に走って適正がどの程度あるのかではないかと見ています。
現状では、特に悪い動きとは思いませんでした。

ホープフルSの1週間前追い切りまとめとオススメ

以上、16頭の追い切りをチェックしていきました。

有力馬のジャンダルムの追い切り映像が配信がないのが気になります。
映像配信がない馬は、そのまま本番でも凡走することが多いと感じることがあるからです。

一応、時計だけ記載しておくと、栗坂【55.6-41.1-27.4-13.7】という時計。
ラップを見ると【14.5-13.7-13.7-13.7】という刻み方をしていて、綺麗な停滞ラップです。
最終追い切りでは、最終追い切り考察で書きますが、現時点で時計は知っていますが、最終追い切りを見る限りでは問題ない印象は受けます。
現時点では特に問題ない範囲だとは思いますが、こちらは映像を観てから考えたいと思います。

今回の1週前を見て感じたことは、『本当にホープフルステークスを勝ちに来ているのか』です。
殆どの馬が【B】評価ばかり。実際に勝ちにきているような追い切りを消化している馬が少ない印象でした。

そんな中でも、ジュンヴァルロは雰囲気は良かったように感じました。
それでも良かったと言えない範囲ではありますが、雰囲気は上々です。

今回のオススメ馬です。


  • ジュンヴァルロ
  • ルーカス
  • ナスノシンフォニー

ただ、上でも書いているように、悪くない範囲でという意味もあります。
追い切り映像から、ここをどうしても勝ちたいというような雰囲気は特に感じなかったです。
もう少しメリハリのある動きをしてくる馬がいても良さそうではありました。

最終追い切り考察をまとめていますので、ご興味あればご覧ください。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/ho-pufurusute-kusu-2017-oikiri/”][/blogcard]

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク