【阪神大賞典2016予想】好調馬2頭の馬連とワイドで勝負!

こんにちは、リッキーです^^

阪神大賞典の最終予想についての見解と馬連とワイドの2点での予想について書いています。

阪神大賞典と言えば、13年から15年までをゴールドシップが3連覇を決めて同一重賞3連覇の偉業を成し遂げましたね。今年も出走してくれば4連覇の可能性も十分にあるメンバーじゃないかなと思います。

天皇賞春を考える上での有力馬、その他では日経賞にゴールドアクター・サウンズオブアース・ディサイファなどが出走を予定しています。

来年にもG1になるかもしれないと言われている大阪杯にはラブリーデイ・キタサンブラック・イスラボニータなどが予定しています。

有力馬が割れている状況の中、この阪神大賞典のメンバーはやや面白みに欠けるかなと思いますね。

それでも14年の菊花賞馬トーホウジャッカルや日経新春杯で2着のシュヴァルグランなどが顔を揃えました。

最終予想の見解

阪神の3000Mで行われる阪神大賞典。スタートから最初のコーナーまで369.2Mと比較的長く、最後の直線も同程度の長さとなっています。

枠で言えば内枠断然。そして先行馬がとにかく有利に働くコースで、ゴールドシップも3コーナーの地点で4番手以内にいました。

その他の優勝馬を見ても、4コーナーの時点で少なくとも5番手以内にいる馬が望ましく、10年に優勝したトウカイトリックの4コーナーで8番手というのが異常とも言える傾向となっています。

如何にして上手く流れにのって、コーナリングのロスを抑えて回ってこれるのかがキーポイントになるレースです。

予想

最終追い切りのまとめから好調馬を見極めていきたいと思います。

1頭目はアドマイヤデウス

阪神競馬場周辺は土曜日の午前中いっぱいはどんよりとした天気の予報。当日もパンパンの良馬場開催は見込めないと思います。

そうなると力のいる馬場になっていることは間違いなく、距離適性も必要ですが力のいる馬場でも能力を発揮できるというのがポイントになるでしょう。

その中でも馬場が荒れても能力を発揮しているのがアドマイヤデウス。

追い切りの動きもよく、枠も2枠2番からの発走で恵まれた。

京都記念に続く好走に期待したいです。

2頭目はカレンミロティック

こちらは最内からのレース。今回も前々でのレースとなると思いますが、楽に先手を奪えるのであればあとは距離だけ。

その距離の不安も、天皇賞春で3着の実績もあり、そこまで心配するものではない。

追い切りは上昇度が乏しい内容だったものの、今回は枠と脚質に恵まれたこの舞台を信じて。

最後に

最終リハではシュヴァルグランをお薦めしていましたが、大外枠からのスタート。

しかし、福永騎手を考えるとスムーズに下げられる今回はあまりマイナス評価にしなくても良さそう。

ただ、やはり気になる外枠という部分で、距離ロスはどうしても起きてしまう。

11頭立ての距離ロスはそこまで気にしなくてもいいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私はやはり割り引いてみるのがいいという判断です。

今回の阪神大賞典はアドマイヤデウスとカレンミロティックの馬連とワイドで。

先週の東京新聞杯は驚異の7847.5%達成!

重賞的中実績が凄い!
ここまで重賞は12鞍開催されましたがこの内11鞍を的中しています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★2月の重賞的中実績

◆2/9東京新聞杯
「3連単16点」4→6→5人気の決着。
1255.6倍×600円=753,360円7847.5%

◆2/2根岸S
「3連単24点」3→1→9人気の決着。
692.7倍×300円=207,810円2886.2%

◆2/2シルクロードS
「3連単16点」3→6→8人気の決着。
1058.6倍×500円=529,300円6616.2%

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★1月の重賞的中実績

3連単もしくは3連複の6~24点での攻略はさすがですね!
今後も重賞特化予想『EMINENT-エミネント-』は要注目です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここでは当週開催重賞予想が無料配信されます。今回は共同通信杯の予想が出てきます!

重賞も絶好調ですが無料予想の方も調子が良くシルクロードS、AJCCと直近で的中しています。2鞍の買い目配信画像はコチラ

ここのアツい予想は見ておいて損はないと思います!僕はもうトリコになっているサイトです。

\メールアドレスを登録するだけ/

無料の会員登録はコチラ

/簡単登録で利用できます\